わざとする咳払いは、口臭のサインかもしれない!?

咳払いする女性

わざと咳払い、鼻すすり→私の口臭が臭いから?

「口臭がしていないだろうか?」と心配しているときには、周囲のささいな反応でも気になるのではないでしょうか?

たとえば、自分の前の人が「えっへん。」と咳払いをすると、迷惑をかけているのではと申し訳なく思ったりするかもしれません。でも、その行為は真実ではないかもしれません。

今回の記事では、咳払いや鼻すすりなどの周囲の反応について、実際はどうなのか一緒に考えてみましょう。

わざとする咳払いなどの行動

咳払いする女性

人は、他人の口臭を感じると、どのような行動を取るのでしょう?臭いと感じたときの代表的なものが、これらの行動ではないでしょうか。

  • 嫌な顔をする(顔をしかめる)
  • 咳払いをする
  • 手で鼻を押さえる、鼻をこする。
  • 鼻をすする、
  • くしゃみをする
  • (あの人臭くない?と)ヒソヒソ話す
  • 窓を開ける
  • 落ち着きがなくなりキョロキョロする
  • 席を立つ、離れる
  • 直接、「臭い」と教えてくれる

たしかに、臭いがするとこのような反応をするかもしれません。でも、それって本当に正しいのでしょうか?

本当に口臭が強いのであれば、咳払いなどをする行動心理はどういうものなのでしょう?

咳払いをされたときの女性心理

nayamuhaha

口臭がある人に対しての反応と言っていますが、もしかしたら、それは、反応ではなく、他に意味のある行動だったかもしれません。

もう一度、先ほどの「反応」を検証してみます。

  • 嫌な顔をする(顔をしかめる)→顔は人によって千差万別。笑い顔や辛い顔をしている人もいれば、怒ったような顔の人もいます。それに、急に顔をしかめたとしても、臭いからではなく別の理由だったかもしれません。主観的に見ると「私の口が臭いから」と捉えるかもしれません。
  • 咳払いをする→痰がつまる人であれば、咳が出るのは自然なこと。私もよく咳をするので、逆にこちらが気を遣います。
  • 手で鼻を押さえる、鼻をこする。→臭いものを嗅いだ時の代表的な仕草。でも、私の知人の癖がこの「鼻をこする」です。臭い時も臭くないときも、話をしているときに気がつくと鼻を触っています。
  • 鼻をすする→鼻をすする時というのは、普通、「あれ?何のニオイかな?」という程度のニオイではないでしょうか?凄い悪臭で鼻をすする行為はしないはずです。ニオイがなくても鼻炎の人であれば、鼻水が垂れるため、鼻をすするのは毎日の習慣的な行動です。
  • くしゃみをする→臭い時にくしゃみをするかもしれませんが、それって稀ではないでしょうか?くしゃみをする場合で一番多いのは、鼻にほこりやゴミが入ったからでは。
  • 「あの人、臭くない?」とヒソヒソ話す→ヒソヒソ話が聞こえることは少ないのですが、過剰に口臭を気にしていたら、会話の中に「うざい」と言ったのが、「くさい」に聞こえることも。
  • 窓を開ける→自動車でおならをした時には窓を開けます。でも、室内に新鮮な空気を入れたい時も窓を開けませんか?臭い時と新鮮な空気を入れる時、窓を開ける割合はどれくらいあるでしょう?
  • 落ち着きがなくなりキョロキョロする→「落着きがなくなりキョロキョロ」するのは、臭いことよりもその人に何らかの問題が起きたと考えるほうが自然です。普通、落ち着きが無くなるときというのは、「おしっこしたい!」とか、「ここどこ?」ではないでしょうか?
  • 席を立つ、離れる→電車内でひどいニオイがするとか、不快な人がいる時には、その席から離れるかもしれません。でも、口臭がしているからと席を立つ人は、何人くらいいるのでしょう?
  • 直接、「臭い」と教えてくれる→家族であれば、親切に「口が臭うよ」と教えてくれるかもしれません。でも、家族とあなたとの会話の距離が近いために、口臭を感じることができたのかもしれません。

ここまで読まれてどうでしたか?今まで持っていた考えがすべて正しいとは言えなくなったかもしれませんね。

でも、このようにしてどんな人の行動でも、自分の口臭が原因だと思ってしまうことがあります。それは、本当に口臭がしているからです。(相手には気づかれていないかもしれませんが。)

口臭を客観的に調べることが大切

口臭の悩みを解決するためには、先ず、「自分が口臭をしているかどうか?」を調べることが重要です。

口臭チェッカー

口臭を調べる方法

これらのことによって、口臭がしているかどうかを調べることができます。

でも、口臭で悩まないようにするために、もっと大事なことは何だと思いますか?それは、自分でも自信を持てるように限りなく口臭予防することです。

口臭を改善する

鏡の前で歯磨き

口臭があるかないかを調べてみて、「口臭がしている」ことが分かったら、今度は治すことに努力をしないといけません。

今までのように、ただ悩んでいても、口臭は治りません。大事なのは、口臭を治すために努力することです。

口臭を治すためには、先ず、自分の口臭がでている原因を調べないといけません。口臭原因を調べるには、先ず歯医者さんで診てもらうのが一番です。

そして、もし虫歯や歯周病などがあれば、治療を受ける。歯磨きの仕方が悪ければブラッシング指導を受ける。ことも大切です。

それでも、口臭が改善されない場合。もしかしたら、あなたの口臭の原因は、歯ではなく、『舌』や『喉』にあるかもしれません。詳しくは『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?』をご参考にしてください。

舌が白く(または黄色く)なり舌苔ができている場合には、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

このようにして、一つずつ努力することで、必ず口臭は軽減されます。

「ここまでやっているから心配ない!」そう思えるように口臭予防することが大事です。そのためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をおすすめします。

ーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

唾液が臭い人と臭くない人の違いとは

 超カンタン!口臭の判断ポイントは「舌が白いかどうかだけ…」

その口臭!ストレスが原因かも?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する