所さんの目がテン!口臭特集

『所さんの目がテン』口臭解消!ガムの効果

実際には、『所さんの目がテン口臭と眠気解消!ガム』でしたが、今回の記事では、「口臭」だけに焦点をあわせてお伝えします。

口臭の強い順番

舌が白くなると見た目が恥ずかしいということがありますが、実はそれよりも恥ずかしいことがあります。
それは、口臭です。

舌が白く汚れると、口臭を発生します。
ある所の調査では、じつに口臭原因の6割以上が舌の汚れだという発表もあります。

TV「所さんの目がテン!」で、臭いの強い順を実際にゲストに嗅いでもらい、当ててもらうと…

1位 歯周病
2位 虫歯
3位 舌苔(ぜったい)
4位 歯垢
舌苔について詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

という結果になりました。この結果は、人の調査でも器械測定でも同じ結果になったのです。

機会で測定してみると…

1位 歯周病…753
2位 虫歯…423
3位 舌苔…388
4位 歯垢…302

人間の鼻は、確かだということの証しです。ここから分かったことは、圧倒的に歯周病による口臭が強いということ。意外にも歯垢の臭いが低いということです。ていねいに歯磨きをしても口臭に関係がないことが分かる気がしたのではないでしょうか。

どうして口臭の強さに違いがでるのか?

それは、口中には200~300種類の細菌が棲息していますが、歯周病は歯周病菌(スピロヘータ)、虫歯は虫歯菌(ミュータンス)、舌の汚れはカンジタ菌、歯垢はそれぞれの菌が混じっている状態というようにそれぞれ菌の種類が違うからです。

このように、細菌が違うと作られるガス(口臭)も違ってくるのですね。
これでも分かるように、歯周病になると口臭がひどくなります。ですから、歯周病を予防することは、口臭予防にとっても大事です。

しかし、現実は、舌苔(ぜったい)から発生する口臭が強くなることが多いのです。

それは、舌の表面積が広いからです。舌の表面は舌乳頭が生えていて、広げるとかなりの広さになります。ですから、そこに付着する食べかすの量が多く、また棲息する細菌数も多いために、発生する口臭ガスも多くなるのです。

舌の白いのは何?

舌が白くなるのは、舌の表面や舌乳頭の間にたまった食べかす、口の中から剥がれ落ちた粘膜細胞に細菌が集まってできたかたまりです。一種の歯垢です。

舌乳頭

上の写真で細長いのが舌乳頭。その間に食べかすや剥がれ落ちた細胞が見えます。
舌乳頭を覆っている白い膜は、細菌がかたまってできたプラークです。これが、舌を白くしている舌苔です。

そして、口臭ガスは、細菌が食べかすや剥がれ落ちた細胞のたんぱく質を腐敗・分解するときに発生します。

ですから、

口臭を抑制するためには、細菌のかたまりである舌苔を除去する必要があります。
細菌や汚れがなくなれば、口臭も発生しなくなります。

舌磨きでは細菌も汚れも取れない!

上の写真を見れば一目瞭然なのですが、舌ブラシや歯ブラシで舌を磨いても、舌乳頭の間のプラークや汚れを取ることは不可能です。無理に取ろうとしてゴシゴシとこすると、舌乳頭を傷つけ出血させることになり、さらに細菌が繁殖、舌が化膿した状態になります。慢性的に舌苔ができ白くなっているケースが多いのは、この過剰な舌磨きのせいなのです。

では、どうすれば、舌の汚れを取り白い舌からきれいな舌にできるでしょう?
その方法は、次の記事美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいにをお読みになるとお分かりになります。

ガムを噛むと口臭が減る

『所さんの目がテン』では、ガムで口臭が減るかどうかをテスト。学生に香料入りのガムと、香料が入っていないガムを噛ませ実験。その結果、わかったのは…

口臭の減った量は、どちらのガムでも変わらなかったのです。では、なぜガムで口臭が減るのでしょう?

口臭がもっとも強くなるのは、朝起きた時と夕方。その時刻は、唾液が減少するため口臭が強くなることがわかっています。

この口臭が強い時間帯にガムを噛んでもらうと、唾液量が10倍も出たのです。そして、口臭を計測すると口臭も減少していたのです。その理由は、唾液によって口臭の元を洗い流していたからです。

口臭が気になっている場合には、シュガーレスで無香料のガムを噛むことをおすすめします。

電動歯ブラシと手動歯ブラシの効果に違いは?

『所さんの目がテン』では、電動歯ブラシの効果も実験していました。誰でも手で歯磨きをするよりも、電動歯ブラシのほうが良く磨けるだろうと思っているのではないでしょうか。

ところが、所さんの実験では、どちらも同じところが磨けていなかったのです。どうしてだと思いますか?

歯磨きは、毎日行なうもので人それぞれ癖があります。そして、同じ部分の隙間が磨けていないことがよくあるのです。だから、たとえ電動歯ブラシを使っていても、歯ブラシが行き届いていなければ意味がないということです。

まとめ

ガムを噛むと口臭に効果があることが実証されて良かったです。もし、唾液が少ないかもしれないとか、口臭が気になったときには、ガムを噛むと良いかもしれません。

それと、電動歯ブラシを使っているからといって安心していたら、虫歯になるかもしれないのでご注意くださいね。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する