舌が白い人は、膿栓もできやすいのを知っていますか?

舌が白いと膿栓ができる可能性が高い?その理由は…

舌が白いと膿栓もできるのが本当だとしたら、舌が白いために悩まれていたらショックかもしれませんね。

舌苔も膿栓も、どちらも口臭の原因になります。この両方におかされてしまうのは最悪の事態。そのように思うかもしれません。

でも、舌苔と膿栓が関係しているのであれば、口臭をなくすためにはとても大事なことです。

このブログを読んで理解され、舌苔と膿栓を予防するためにお役にたててください。

舌と喉は隣り合わせ

舌が白いことと、膿栓が出来ることは、まったく別の話のようなイメージがあるかもしれません。しかし、舌の根元が喉にあり、膿栓が出来ている扁桃のすぐ隣だと分かれば「な~るほど」と、思われる事でしょう。

膿栓について詳しくは『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

上の扁桃の図を見ても、どこからが喉で、どこからが舌なのか、境界がはっきりしていません。

私が何を言っているかというと…
膿栓も舌苔も、同じ嫌気性細菌が作ったものです。
扁桃で固まれば、膿栓になり、舌で固まれば、舌苔になります。こういうことだったのです。

つまり、膿栓ができれば、膿栓で繁殖した細菌が口内に入ってきます。
すると、細菌は舌の表面に棲みつき繁殖し舌苔を作ります。

逆もあります。舌苔が出来たとします。
舌苔の細菌が、喉に入っていきます。

扁桃から免疫物質が分泌し細菌と戦い、膿栓ができます。
その膿栓に細菌が棲みつき繁殖します。

そして、さらに膿栓が大きくなります。(または、他の陰窩にも膿栓ができます。)
膿栓ができれば、舌苔が出来。

舌苔ができれば、膿栓が出来る。

このことは、あなたに何を教えていると思いますか?

それは、
舌が白くなったからと、舌苔だけを取ろうとしても、舌はきれいになりません。
同じように、膿栓を無くしたいと膿栓を取っても、舌苔がある限り、膿栓も直ぐに出来てしまいます。

舌苔や膿栓を予防するためには、何が必要なのか?

もうお分かりですよね。
そうなんです。

舌苔と膿栓を治すには、口中と喉の両方の清潔を維持することが重要なのです。舌苔について詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

体質が舌苔と膿栓をつくる

舌が白くなっている人の特徴は、ドライマウス症です。ドライマウス症というのは、口呼吸や唾液の分泌不足で口腔が乾燥することをいいます。

舌が乾くと、細菌が増えるので舌苔ができます。だから、ドライマウス症は舌苔に大きく影響しています。

ドライマウス症になると、喉も乾燥します。そのため、喉にも細菌が増えます。細菌が増えると膿栓ができます。ここでも、ドライマウス症が影響しているのです。

このようにして、どちらもドライマウス症の人に多いので、舌が白いと膿栓ができていることもよくあるのです。

膿栓が舌苔をつくる原因になっている

膿栓ができると、膿汁も出るようになります。膿汁というのは、扁桃から分泌される粘液(免疫物質)に細菌が交じったもので、臭い膿状のネバネバした液体です。

膿汁が口臭の原因になっていることがあるくらい、問題物質です。その粘液が喉から口に入ってくることがあります。

本来、粘液は唾液によって胃に流されるのですが、唾液が少ない人の場合には、喉にへばりついたり、口に逆流します。その結果、細菌でいっぱいの粘液が舌の上に着く。

どうなると思いますか?

舌に細菌が増え、舌苔ができ白くなります。このように、膿栓ができると舌が白くなることは珍しくないのです。

まとめ

舌が白いと膿栓ができる理由が理解できたのではないでしょうか。舌苔と膿栓が出来る人は、ドライマウス体質(または薬の副作用)であったり、耳鼻科疾患が原因になっていることがあります。

だから、舌苔と膿栓を別々に考えては、どちらも治すことができません。両方を同時に治すことで、どちらも改善できます。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使われたお客さまが、次から次へと、舌苔や膿栓が改善されている理由は、このことにあったのです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」公式サイト

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する