口のネバネバは歯磨き粉が原因!?ネバつき解消法4つ

おばあちゃんの息が臭い

口のネバつきを解消する方法

口がネバネバする。。口が苦い。。って不快ですよね。あなたは口がネバついたことはありませんか?

口がネバつく原因はいろいろありますが、たいてい原因は決まっています。だから、正しく対策を行えばネバつきは解消できます。

今回の記事は、よくある口のネバつく原因とその対策方法についてお伝えします。口のネバつきでお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

口のネバつく症状

もし、口がネバネバして不快を感じているにも関わらず、どうしていいのか分からず悩んでいるのでしたら、この記事を見つけていただき良かったです。

というのは、この記事をお読みになることで、口のネバつく原因と対策が分かるからです。それでは、良く聞いてください。

口がネバつくと、常に口が苦く感じることが多くなります。これは、ネバつきと苦く感じることが大きく関係しているからです。口がネバついている状態というのは、口の中に細菌が大量発生している状態です。

細菌は食べかすなどを腐敗し、苦い物質をつくるので、苦く感じるし口臭も発生します。このように、口がネバネバしていたら、苦いし口臭も出ているのが一般的な症状です。

口のネバつく症状や原因について詳しくは『口がネバネバする原因はこれ!粘つきの解消方法はこれ!』をご参考にしてください。

口のネバつきが解消しない理由

歯科治療を受けている患者

あなたは、口が粘つくことで、歯科または内科にかかったことはありますか?もし、お医者さんにかかっていたとしたら、どうして治らなかったと思いますか?

では、次の質問です。
あなたは、常に口が苦いことを改善するために、どんなことをしていますか?

もし、ガムを噛んだり飴をなめているとしたら、そのことで苦味は軽減されましたか?

では、最後の質問です。
あなたは、口の粘つきや苦味を改善するために、もし、マウスウォッシュを使用しているとしたら、それで、状態は改善されましたか?

もし、良くなっていないとしたら、どうして、同じことを続けているのでしょう?

それは…。他に良い方法が見つからないからですよね。これが、「口がネバつく・苦い」が解消されない理由です。

口のネバつき原因…唾液が少ない

犬の唾

口がネバつく原因は、大きく2つあります。

  1. 唾液が少ない
  2. 口呼吸

唾液が少ないとか、口呼吸をしていると、口腔が乾燥し細菌が大量増殖します。細菌が増えると、虫歯や歯周病になりやすいし、舌苔(ぜったい)ができやすい。舌苔(ぜったい)というのは、舌に苔ができて白くなることです。これらすべてが、口がネバつく原因になります。

でも、「どうして唾液が少なくなるのか?」についてもっと詳しく知りたいと思います。唾液は殺菌作用があるので、唾液が減ると細菌が大量に増えてしまいます。だから、唾液が減る原因を知ることは重要です。

唾液が減る原因

  1. 日常生活のストレス
    仕事などで緊張や不安が強くなると口がパサパサに乾きます。ところが帰宅してリラックスすると乾きが解消される。このようにストレスは唾液を減少させるので注意が必要です。
  2. 老化
    加齢で身体の水分が減少することもありますが、柔らかい食べ物ばかり食べる食習慣があると顎、舌筋、唾液腺が衰えます。唾液腺が刺激されないので、唾液が出にくくなっていきます。
  3. 病気
    糖尿病などの内科疾患が原因で唾液が減少することがあります。他に、シェーグレン症候群という病気の場合には、ドライアイやドライマウスになることがあります。

たくさんの唾液が出るようにするには、ストレスを減らしたり、お口の体操など努力をすることが大事かもしれません。詳しくは『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

唾液が正常に分泌されている人でも、就寝中いびきをかいているなどで口呼吸になっていることもあります。口呼吸をしていると、朝起きた時に口が乾き唾液もネバつきます。この場合は、口呼吸を改善することが大切です。口呼吸の改善について詳しくは『睡眠中の口呼吸が口臭の原因になる!口呼吸の原因と対策』をご参考にしてください。

口のネバつき原因…歯磨き粉

研磨剤入り歯磨き粉

口のネバつく原因に歯磨き粉が関わっているということを知って驚いたかもしれませんね。「みんなが使っている歯磨き粉を使っているのに、どうして自分だけ口がネバつくのだろうか?」と思うのではないでしょうか。

実は、市販の歯磨き粉の98%には添加物が入っています。歯磨き粉に貼っている成分表示を見ると、「合成界面活性剤」、「発泡剤」、「香料」などと記載されています。成分表示について詳しくは『歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

これら添加物が、一部の人には良くありません。それは、常に舌が白くなっている人。いつも舌苔(ぜったい)ができる人というのは、常に口腔乾燥の状態です。

口の中が乾燥している人が、刺激のある添加物入りの歯磨き粉を使用すると、舌に添加物が付着したまま取れないのです。(正常に唾液が出ている人の場合には、舌に添加物が付いても洗浄されます。)

舌に刺激の強い合成界面活性剤などが付着したままになると、舌粘膜が痛み細菌が増える。このことが、舌苔(ぜったい)が治らない悪循環になっています。

始めにも言いましたが、舌苔ができれば、細菌が増える。だから、口がネバつくし苦くなるのです。

では、どうすればネバつきを解消できるでしょうか?

それは、無添加の歯磨き粉を使用することです。でも、無添加歯磨きの場合には、香料や発泡剤が入っていないのでスッキリしません。だから、今使っている歯磨き粉を使いたいという人がいます。その場合には、歯磨きの後に、しっかりとうがいをして洗浄することが重要です。

こちらの記事『舌が白くなる歯磨き剤がある!?対策は無添加歯磨き粉で行う』もご参考にしてください。

口のネバつく原因…喉からの粘液(膿汁:のうじゅう)

舌の診断

今までお伝えしたことに加えて、もう一つ悪いお知らせをします。
それは、口が粘つくとか苦い症状が続いている場合には、口臭がしている!ということです。

ご自分では気づいていなくても、これらの症状があると、口臭を発していると思っておくほうが良いかもしれません。

つまり…こういうことです。ネバネバした液は、扁桃から分泌されている粘液ですが、喉の細菌が産生した悪臭物質が溶け込んでいます。

その臭い粘液が口に流れ込み、唾液に混じるとネバネバした唾になります。
口が苦く感じるのは、ネバネバした唾液に悪臭物質が含まれているからなのです。

この粘液が出なければ、良いのですが、、、そんな訳にもいきません。
というのは、粘液の正体は、喉にウィルスや細菌が増えたときに、戦うために出てくる抗体物質(白血球など)だからです。

もうお分かりですね。

喉に細菌が増えたために粘液が出る。そして、口が粘つき苦くなる。こういうことだったのです。

この粘液のことを痰と思っている人がいますが、膿汁(のうじゅう)といいドブ臭や下水臭がするのが特徴です。その場合の対策は、毎日、喉うがいを行い清潔を保つこと。詳しくはこちら『のどの膿を予防する方法!これで膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)はなくなる』をご参考にしてください。

ネバつき解消法のまとめ

口のネバつく原因をまとめると、次の4つになります。

1、唾液の分泌が少ない。(加齢、ストレス、薬に副作用など)
2、口呼吸で喉が乾く。(イビキ、鼻づまり、低位舌など)
3、後鼻漏などがある。(鼻炎、蓄膿症など)
4、口腔ケアの不足。

これらが原因で喉や口腔に細菌が増えます。そして、膿汁や舌苔ができ口がネバネバするのです。当てはまるものはありませんか?

もし、この中に当てはまるものがあり、中々解消されないのであれば、あなたの口の粘つきや苦味の原因は、膿汁と舌苔だと考えても良いかもしれませんね。そうであれば、おすすめの対策はこれです。

無添加の口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でうがいをする方法です。この方法で口がネバつくと悩まれていた多くの人たちが改善されています。ぜひお試しになってください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する