舌をきれいにする方法!ハチミツ、飴、パイナップル、オイルプリング、舌ブラシ

舌をきれいにする方法があれば良いと思いませんか?

今まで何をしても治らなかったのに。。。舌苔(ぜったい)で困っている人たちは、私のことを頭がおかしいと言うでしょう…

しかし、調べてみると、多くの「舌をきれいにする方法」があります。それらを検証したいと思います。あなたにとって良い方法があれば、ぜひご参考にしてください。

舌が汚くなるのは何故?

口腔内には、多くの細菌があります。代表的なのは、虫歯菌や歯周病菌。その他にも多くの種類の細菌があります。これら細菌が最も多く存在するのは、舌の上。その理由は、舌の形状にあります。舌の表面は、細い乳頭がじゅうたんのようにあり、汚れがたまりやすくなっています。だから、細菌も舌に増えるのです。

しかし、健康な人の場合は唾液の分泌が多く、汚れや細菌が洗い流されます。ところが、唾液が少なくなると、自浄作用ができなく細菌が増える。すると、どうなると思いますか?

舌が白くなる!舌苔ができ舌が真っ白くなります。詳しくは、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌をきれいにする方法

ハチミツで舌をきれいにする

スーパー等で売っているはちみつなら何でも構いません。小さじ一杯を舌の上に乗せてお口の中で転がします。はちみつには「プロテアーゼ」と呼ばれるタンパク質を溶かす成分が含まれているので舌苔も溶かしてくれるのです。

2~3分程度でも効果がありますが個人差もあります。いろいろな間隔で試してください。そのまま飲み込んでも健康に害はないと思いますがなんせ舌苔は細菌だらけ・・・・。その後、吐き出してお口をすすいでください。
出典:Beauty&Healthy-Life

オイルプリングで舌をきれいにする

オイルプリングとはインドの伝統的な健康法の「アーユルベーダ」一つ。インドではごま油を使用しているようですが、健康的にも優れているココナッツオイルでうがいをすることで、もの凄い効果が期待できるというもの。

芸能人ではミランダ・カー、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウ、山田優、道端ジェシカ、なども実践していると言われているのです
出典:Beauty&Healthy-Life

飴を舐めて舌をきれいにする

飴の中には、舌苔を取ってくれるザラザラした飴が販売されています。その効果よって、舌がキレイになるとされていて、またカテキンなどの味を購入して舐めれば、口臭予防に効果が発揮されるといわれているので、目的によって味を変えるのもいいでしょう。
出典:WELQ

パイナップルで舌をきれいにする

舌の汚れの舌苔(ぜったい)は、タンパク質からできていますが、そのタンパク質を分解できる酵素を多く含んでいるのが、パイナップル!

パイナップルを食べたあと、舌がピリピリと感じることがありませんか?

どうして、パイナップルを食べると舌がピリピリとするかというと、パイナップルには、タンパク質分解酵素が含まれているからだそうです。

舌にできた白い苔が、パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素の働きで取れるから。でも、食べた後、舌にも少し刺激がありピリピリと感じます。かといって、舌に異常が出ることはありませんので、ご心配ありません。
パイナップルで舌苔を取る?

舌ブラシを使って舌をきれいにする

舌が汚れたときには、一番に舌ブラシでこすり落とすことかもしれません。しかし、この方法は、舌粘膜を傷つけ反って舌苔を悪化するかもしれないのでおすすめではありません。詳しくは『舌磨きをしてはいけない本当の理由』をご参考にしてください。

舌を傷つけたのは

歯磨き粉に含まれる添加物

もし、あなたが10年、いや20年も舌が白い、口臭が治らないとずっと、悩まれているのでしたら、チャンスかもしれません。
というのは、

20年も舌が白く困っていた方が、いとも簡単に治ってしまったからです。

お客さまの声から抜粋します。

「20年ぐらい前からずっと口臭に悩んでいました。
口臭外来に行こうかと悩んでいた時にこちらの商品と出会い、手順通りにしたところあれだけ悩んでいた白い舌もあまり気にならなくなりました。口内をアルカリイオン水でうがいし丁寧に掃除することで随分と舌がきれいになりました。ありがとうございました。ずっと、引き続きケアをしていきます。」

じつは、こちらのお客さまが、20年も口臭が治らなかったのには、ある理由があったのです。

それは、市販の歯磨き粉を使っていたから。

えっ?と思われるかもしれませんが、舌が白くなりやすい人の舌をみると、他の人よりも痛んでいるのが分かっています。

こちらをご覧ください。

これは、実験用のラットの舌乳頭(糸状乳頭)の顕微鏡写真です。

舌乳頭が同じ方向に向いているのが分かりますか?

では、次の写真をご覧ください。

はじめの写真の乳頭と後ではどこが違うか分かりますよね。

1、舌乳頭があちらこちらへと伸びています。
2、舌乳頭の間に汚れが溜まっている。
3、舌乳頭の尖端が丸くなっている。

どうして? このような違いが出たと思いますか?

それは、合成界面活性剤入りの歯磨き粉を薄めてから舌に60回塗っただけで、このようなことになったとのことです。

実験用のラットと人間は違いますし、人でも個人差があります。

ただ考えられるのは、舌が白くなりやすい人の舌は、他の人たちよりデリケートです。
だから、同じように市販の合成界面活性剤入りの歯磨き粉を使っても、すぐに舌が白くなってしまうのでしょうね。

それだけではありません。

舌が白くなる、いわゆる舌苔(ぜったい)が出来る人には体質的な特徴があります。それは、唾液が出ないこと。唾液が出ないというと語弊がありますが、唾液の分泌量が少ないのです。

健康な人の場合、一日に唾液が1.5リットルも出ています。1.5リットルというと相当な量です。唾液は99.5%が水からできています。この水分で口内や舌に残った食べかすなどを洗浄しているわけです。

だから、たとえ舌に歯磨き粉が残っていても、時間とともにきれいに洗浄されます。ところが、唾液が出ないと、歯磨き粉は舌にくっついたままに。

これが問題になるのです。歯磨き粉には、合成界面活性剤など刺激のある成分が含まれているのですが、それが、デリケートな舌粘膜にくっついたままになるのですから。良いわけがありません。舌乳頭の角化がすすみ白くなる。角化した細胞を細菌が食べる。そして、舌にプラーク(舌苔)ができます。

もちろん、舌が白くなると口臭も強くなってしまいます。
ここまでは、間違っていませんか?

舌磨きが舌を傷つける

さらに、それに加えて…

舌磨きをしている。

舌が白くなると、恥ずかしいし口も臭くなるので、どうしても舌磨きをしてしまいがちです。

でも、その舌磨きによって、先ほどの痛んでいる舌をさらに痛めてしまうという最悪なスパイラルにはまってしまうようです。

舌が白いから、舌磨きをする。…余計に舌が白くなる。…だから、舌磨きをする。。。

こんな状態です。

「でも、舌が白いのに、どうすれば良いの?」

その答えは、今使っている歯磨き粉を止めること。そして、舌磨きも止めることです。

しかし、これだけでは何も変わらないかもしれません。
最後に最も重要なポイントが抜けているからです。

白い舌をきれいにするために必要な方法とは、こちらの記事をご覧くだされば、分かります。

舌磨きをしないで舌をきれいにする?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する