舌苔が取れない原因は、ストレスor免疫力低下!対策はこうする!

口が粘つく

舌苔(ぜったい)を付かなくする方法

舌が白くなり困っている人が多いです。舌苔ができると、飲食をした後に舌に色が付いたり臭いがする。

それだけではなく、歯みがきをした後も歯磨き粉の臭いがする。だからといって、何もしていなくても、舌苔ができていると口臭がします。これらが舌苔の問題です。

そのため、舌苔を付かなくしたい、ピンク色にしたいと悩んでいるかもしれません。ところが、白い舌をピンク色にすることができないのではないでしょうか。

その理由は、舌苔ができる原因は人によって違うからです。たとえ、他人が治ったからといって、その方法が自分に合うとは限らないのです。

白い舌をきれいにするには、ご自分に合った方法で対策することが重要です。今回の記事は、ご自分の舌苔が付く原因を知り予防する方法をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

舌が白い状態2つ…角化と舌苔

舌乳頭の角化の図

舌が白くなることを、舌苔(ぜったい)と言います。大きく分けると、舌乳頭の角化によって舌が白く見えるものと、ばい菌が増えて口内環境が悪くなり舌に苔がはえたような状態の2つがあります。

舌と舌苔(よごれ)

舌乳頭は、舌の表面にじゅうたんのようにあります。1本1本が細いので、食事などによって先が削れ細胞が角化をおこします。そのため、白く見えますが、これは誰でも起きていることです。ですので、健康な人の舌は、ピンク色の舌の上に白い膜がはっているような感じに見えます。

舌が白くなる原因は人によって異なる

舌が白くなることについて真剣に考えてみましょう…舌が白くなるのは、どうしてなのでしょう?

舌が白くなる、舌苔ができる原因は、みんな同じではありません。人によってみんな原因が違うのです。このことを理解すると、舌が白くなっていても、早く改善できるようになります。

当然ですが、どれだけ努力していても、ポイントがずれていれば空回り。しかし、ポイントにマッチして努力し対策をおこなえば結果が付いてきますよね。
舌が白くなる原因は…
1、免疫力が低下(かぜ、睡眠不足)
2、口呼吸
3、歯みがきの不足によりきれいに磨けていない
4、喫煙
5、加齢
6、更年期障害
7、ストレス(緊張)
8、全身的疾患(熱性疾患、糖尿病、シェーグレン症候群、自律神経失調症、十二指腸潰瘍)
9、薬の副作用
などというのは、ご存じかもしれないですね。

でも、これらの原因があるとどうして舌が白くなると思いますか?
このことが、この記事で一番知ってほしいことです。舌苔原因について詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌苔の正体は細菌

口内の細菌

舌が白い、いわゆる舌苔の正体というのは、細菌と汚れのかたまりです。だから、たとえ、食べかすかすや細胞上皮の死がいが舌に残っていたとしても、細菌がなければ、舌苔はできないのです。
これは、砂糖をなめても虫歯菌がなければ虫歯にならないのと同じことです。

このように、舌が白くなる一番の問題は細菌です!食べかすやはげ落ちた細胞上皮は細菌のエサになる。細菌が集まり舌苔ができる、舌が白くなるのはそのためです。

食べかすを食べて細菌が増殖し、プラークを形成します。プラークは白い苔状で、細菌が増えると舌が真っ白になることもあります。これが、舌が白くなる仕組みです。

だったら、同じように生活をしていても、舌が白くならずに、いつもきれいな舌の人がいることについてどう説明しますか?

不思議ではありませんか?同じ年頃、同性、同じような食生活、喫煙・飲酒をしている、…など何もかも自分とほとんど同じなのに、きれいな舌を保っているのは何故?

この質問の答えが、あなたの舌苔が改善しない本当の原因です。先ほどお伝えした舌苔ができる原因が人によって違うからです。ですから、白い舌をきれいにするためには、あなたの舌苔原因を改善することが重要なのです。

よくある舌苔原因…ドライマウス

舌苔ができる原因で多いのは、唾液分泌量が少ないことです。いわゆるドライマウス。ドライマウス症は、唾液が少ないことの他に口呼吸もありますが、ここでは、唾液が出ないドライマウス症についてご紹介します。

唾液の減少は舌苔ができることに大きく影響します。
唾液の量は、一日に正常では1日に1~1.5リットル 程度分泌されるといわれています。そして、唾液成分の99.5%が水。すごい水分量です。

唾液が出ることで口中の汚れや細菌が胃に洗い流され、常に口中は清潔を保つことができます。

でも、もし唾液が出なかったらどうなると思いますか?

唾液が減ったら、口の中、特に舌の表面に細菌が増殖します。その結果として、舌が真白くなります。このことが、舌を白くする本当の理由です。
唾液が減少したことによって、あなたの舌が白くなっているかもしれません。いつも口が乾くとか唾液がネバネバする場合は、ドライマウス症が舌苔の原因かもしれません。

詳しくは『口が乾くドライマウス症の原因と対策8つ』をご参考にしてください。

よくある舌苔原因…免疫力の低下

舌は健康状態を反映します。内科医師が舌をみて健康状態を診断する舌診というのがあります。舌が白くなっていたら、体調が悪く免疫力が下がっているということです。

このように、体調が悪くなると舌が白くなります。常に舌が白い場合は、慢性的に免疫力が低いかもしれません。

それでは、免疫力が低下する原因として、何が考えられるでしょう?

免疫力低下の原因

  1. 加齢で免疫力が低下する
  2. ストレスで免疫力が低下する
  3. 体の冷えから免疫力が低下する
  4. 睡眠不足で免疫力が低下する
  5. 暴飲暴食や偏食によって免疫力が低下する

免疫力低下になる原因で多くなっているのは、「ストレス」によるものです。ストレスは外的、内的(精神的)のものがありますが、精神的なストレスが多くなると健康にも影響し、免疫力が下がります。

だから、ストレスをためない、ストレス発散をする、というような生活習慣を心がけることが大切かもしれません。

ストレス対策について詳しくは『意外と知られていない「舌が白くなる」原因…自律神経の乱れ』をご参考にしてください。

ドライマウス対策の方法

クッキーが食べられない

舌が白くならないようにするためには、唾液の分泌を増やすことが重要です。

「えっ?唾液の分泌を増やすことができるのですか?」このように思っていませんか。ドライマウスは、お口の体操などの努力によって多少は改善されますが、唾液を増やすことはかなりの努力が必要かもしれません。

唾液分泌を促進する方法

  1. 舌を動かす
  2. 良く噛む(咀嚼回数を増やすことで唾液腺が刺激される)
  3. シュガーレスガムを噛む
  4. 口腔環境を清潔にする(舌をきれいにする。舌が汚いと唾液が減る)
  5. よく水を飲む(水分が少ないと唾液が減る)
  6. ストレスを減らす(リラックス状態になると副交感神経が活発になり唾液がよく出る)

これらのことを習慣にすることで、唾液がよく出るようになるかもしれません。詳しくはこちらの記事『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

舌をキレイにする方法

だから、きれいな舌に戻すことが難しかったのでしょうね。もったいぶった割にこんなお答え方で申し訳ありません。でも、あなたの努力次第できれいな舌にする方法があります。

それがこれです!歯磨きとうがいによって口腔環境を清潔にする。

舌苔が出来ないようにするには、歯をていねいにブラッシングする。そして、うがいを行い、口の中や舌の隅々まできれいに洗い流すことが大切です。

それだけではなく、喉をうがいすることも重要です。喉をガラガラうがいすることによって、舌の付け根の細菌を洗い流せます。(舌の奥は細菌が多いため舌が白くなるのはこのためです。)喉うがいを行うだけでも、かなりきれいな舌になるかもしれません。

でも、真っ白い舌になっている人の場合には、
さらに、行なってほしいことがあります。

それは、小まめに少量の水を飲むことです。

このことをするのとしないでは、雲泥の差があらわれるかもしれません。先ほどからお伝えしているように、舌が白くなる人に多い原因はドライマウスです。だから、水分摂取が必要なのです。

どうして、舌をきれいにするために水を飲むことが大事かというと、
本来、唾液がしている細菌を洗い流すという役割を水を飲むことで補うためなのです。ご理解いただければ、早速水を飲むようにしてくださいね。

今日の記事をまとめるとこうです。

白くなった舌をきれいな舌に戻すために必要な3つ

  1. ストレスをためない
  2. 免疫力を高める
  3. 小まめに少量の水を飲む

この3つのことを実行するだけで、頑固な白い舌がキレイになれるかもしれません。でも、口腔環境を清潔にするためには、効果的に口腔ケアができないといけません。そのためには、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん」がおすすめです。ぜひお試しください。

詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する