食後に口臭がするのは何故?臭いがする原因と予防方法

食後の口臭を予防する方法

美味しく食事をとった後は、満足感に浸りたいもの。ところが、意外と多いのは「食後に口臭がする」という悩みです。

食事中は唾液の分泌が多いので口臭がしないのが普通です。しかし、舌が白くなる舌苔(ぜったい)ができている人の場合には、食後に臭いが顕著になるのです。

もし、食後の口臭が気になっていましたら…この記事がお役に立つことでしょう。今回の内容は、食後に口臭がする原因や食べ物についてだけではなく、口臭をしないようにするための予防方法についてお伝えします。ご参考にしてください。

食後に口臭がする原因について

鏡の前で歯磨き

食後に口臭がするというお悩みを持っておられる方が多いのではないでしょうか。口臭がしていなくても、食後に歯磨きで口臭予防される人が多いです。職場では、OLさんが昼食後に女子トイレで歯磨きをされている風景をよく目にします。

しかし、歯磨きをしたからといって食後の口臭予防にはなりません。でも、どうしていいのか分からないから歯磨きをしているのでしょうね。

唾液が少ないから口臭がする

suidousui

それでは、何が口臭を発生する原因になっているのでしょう?

食後には食べかすが口内に残ります。大抵の方は歯にプラークがつくから歯磨きを行っているのですが、
食べかすが付くのは…舌の表面と、歯ぐきと頬の間です。

食べかすが残っても、普通は唾液中の酵素が分解してくれるのですが、唾液が少ないと、そのまま食べかすが残り口内のPHが低下します。

すると、細菌が活発になり食べかすを腐敗し悪臭を放つことに。これが、食後の口臭のメカニズムです。

唾液が多いと、たとえ食べかすが残っていても洗い流すことができます。そして、口内のPHを酸性化しないようにできるので臭くなりません。

食後口臭が起きる一番の原因は、唾液不足だったのです。

舌苔(ぜったい)があるから口臭がする

舌溝

舌苔(ぜったい)が多いということは、細菌も多いということです。また、舌が白くなっている状態というのは、唾液が少なく舌が乾いています。

舌が唾液で潤っていると、食事のときの食べかすも洗い流されるのですが、舌苔ができていて乾いている時には、食べかすが舌に良くくっつきます。舌に棲息する細菌にとっては、絶好のエサです。

食後に舌の上の細菌が活発に食べかすを食べると、腐敗臭も大量に発生します。舌が白いと「食後に口臭がする」原因になります。

食後に口臭がするのは、舌苔(ぜったい)があるからだったのです。でもそれだけではなく、舌苔があると、食後に食べ物の味も残ります。

口臭がしやすい食べ物がある

暴飲暴食

口臭がする原因を理解していただくために、次の問題を解いてみてください。

食後にどうして口臭がするのか知っていますか?正解を次の中からお選びください。」

A1)ニンニクなど臭い食べ物を食べたから。

A2)食後に歯磨きをしないから。

A3)胃からニオイが出てくるから。

A4)舌苔(ぜったい)が着いているから。

A5)唾液の分泌が少ないから。

A6)肉類や乳製品などタンパク質を多く摂るから。

A7)砂糖が入った食べ物をよく食べるから。

A8)元々、口臭がしているから。

さて、正解は何番だと思いますか?

どれも間違いではないですが、
食後の口臭で困っている人に多いのは…

…じつは、6番と7番です。タンパク質と砂糖が多い食事が口臭の原因になります。

ケーキ

タンパク質が多く含まれる肉類や魚のほか、チーズやケーキなど乳製品を摂ると、タンパク質が 口中の細菌によって分解され、悪臭物質(口臭)が産生されます。

砂糖も口中細菌によって分解されるのですが、砂糖の場合には口内を酸性化します。そのことにより細菌が活動し口臭ガスを発生します。

タンパク質と砂糖のどちらも、食後の汚れが舌の粘膜や歯ぐきと頬の間にくっついていることから起きます。

じつは、口臭が起きる人の特徴としてドライマウス症になっていることが多いのです。ドライマウスだから常に口腔が乾いています。

そういう状態で、パンやクッキーなど乾燥している食べ物を食べると余計に口中にくっ付くことになるのでお勧めではありません。

食事の時も後も、飲み物で洗い流すようにするのが良いです。詳しくは『舌苔(ぜったい)を取ることができる食べ物?』をご参考にしてください。

同じ食事をしても口臭がしないのは何故?

唾液腺

でも、人によっては、タンパク質や砂糖を摂っているのに、口臭がする人としない人がいるのはどうして?

その理由は、文頭で述べましたが、唾液が良く出ているかどうかの違いです。

食事中は、一日の中で最も唾液が分泌する時間帯ですので、唾液の作用で、普通は細菌が活動しないものです。

ところが、唾液の分泌が極端に少ない人の場合には、食事中でも食後でも関係なく細菌が活動します。

細菌の活動は、タンパク質を分解すること。細菌がタンパク質を分解する過程で、悪臭物質もできてしまうのです。

悪臭物質が唾液に溶け込むために、苦く感じたり、食後、口が乾くと口臭を感じることになるのです。

そして、もう一つの原因は、舌苔(ぜったい)ができていることです。舌苔があると、それだけでも口臭を発生するのですが、食後は特に臭いを出します。

これが食後特有の口臭の原因です。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

食後の口臭を予防する方法

yasai

もし、あなたが食後の口臭で困っているのでしたら、次のようにしてみてはいかがでしょう。実証済みのオススメの方法です。

食後の口臭を予防するためのオススメ方法

  1. 肉、魚、乳製品を摂取するのを控える。
  2. 食事中、食後とも水分を摂り、胃に洗い流す。
  3. 食後、舌を上あごに擦りつけて、軽く汚れを落とす。
  4. 美息美人(びいきびじん)」でうがいを行なう。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を20~30秒口に含み、咽喉(のど)と口中のうがいをする。口中をアルカリ化することで、細菌の活動を抑えることができます。。

私の場合には、食後の口臭が気になるときには、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいを行うようにしていますが、簡単でとても気に入っている方法です。是非一度お試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

まとめ

発声法

食後は口臭が気になるものです。でも、食事をしても口臭がする人としない人がいます。口臭がしない人の場合には、歯磨きをしなくても臭いません。ところが、口臭がする人が歯磨きをしても口臭はしないどころか、食事前よりも臭うこともしばしば。

この食後に口臭がする原因は、その人の口内環境に原因があったのです。一つは唾液不足。そして、もう一つは、舌苔ができていることです。

この2つを改善することで、今まで困っていた食後の口臭に困らなくなります。そのためにも、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事:

口臭は酸性の食事が原因だった

舌が白い人と白くない人の違いは

膿栓はうがいでなくなる?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する