美息美人で歯を白くできますか?

歯を白くする方法

コーヒーのシミや煙草のヤニによって歯に着色ができると、歯をきれいにしたいと思うものですよね。
そのため、「歯を白くしたい。」というご相談も多いのですが、その前に、歯について知ってほしいことがあります。

それは、エナメル質についてです。

上図のように、歯は表面からエナメル質、象牙質、そして歯根部はセメント質によって構成されています。
歯の色は、透明なエナメル質の厚さで変わってきます。

その理由は、エナメル質の下の茶色い象牙質の色が透けて見えるからです。

エナメル質が厚いと、白い歯
エナメル質が薄いと、黄色ぽい白・茶色ぽい白の歯になります。

エナメル質の厚さは、先天的に薄いという他に、加齢とともに薄くなります。ですから、加齢ととも歯の色が悪くなるのですね。

エナメル質が薄くなると、着色をとっても元の歯の色は変わらず黄色ぽい白・茶色ぽい白のままです。
このようなケースで、歯を白くするには、歯科でホワイトニングするか、べニア(ポーセレン)を張ることになります。

エナメル質の厚さの他に、着色による汚れもあります。

1、コーヒー、お茶のシミ
2、煙草のやに
3、カレーなど着色しやすい食べ物

歯のシミは市販の研磨剤入りの歯磨きでブラッシングすると、取れるかもしれませんが、研磨剤で歯に傷つけることになり、さらに、シミが着きやすくなることもあります。

他に、歯石が付くと黄色くなったり、黒くなることがあります。

歯石が付いてるケースでは、どれだけ歯磨きをしてもきれいになることはありません。
歯石が付いて、部分的に黄色くなったり、黒くなっている場合には、歯科で歯石除去クリーニングすることが必要です。

結 論

歯を白くするためには、歯科で歯石除去とクリーニングをすることで、エナメル質の表面を滑らかになるので、シミや歯石も付きにくくなります。

その後、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で毎日、ブラッシングケアすることで、汚れを取ることができます。また、美息美人の成分のカルシウム・リンによって、ざらついたエナメル質の穴を埋めることができ、歯を強くきれいにします。(アパタイト効果です。)

是非、お試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

歯間ブラシがうんこ臭いのは

歯医者が推奨する歯磨き粉ランキング

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

 

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する