化粧にかける時間は歯磨きの何倍?

化粧に時間をかけても歯が汚いと…


30分以上が11.3%

この数字は、20歳以上の女性が化粧にかける時間だそうです。

朝のお化粧にかける平均時間は10分間以内で、20代が28.8%、30代が42.1%、40代が62.1%、50代が52.5%、60代が59.6%です。

それに対して、30分間以上を回答した人は20代が11.3%、30代が3.5%、40代が1.1%、50代が1.7%、60代が1.2%となっていました。

バルクマーケティングリサーチサービスTOPより


あなたは化粧にどれだけ時間をかけていますか?

ところで、日本人が歯磨きにかける時間の平均はというと、二人に一人が1分~3分。

■テーマ:歯に関する調査

 

■有効回答:1200件
■調査期間:2013年5月24日から5月29日
■対象者:10代から60代の全国男女
■キーワード:歯,歯の衛生週間,歯磨き,歯の定期健診
毎年6月4日から6月10日までの1週間は、歯の衛生週間です。
今年もみなさんの歯みがきの回数、歯の定期健診の頻度、お口について気になることなどを調査しました。

調査サマリー
■10代から60代の全国男女に対し、歯磨きの頻度を尋ねたところ、73%が1日2回以上歯を磨いていることが分かった。男性と比べ、女性の方が2回以上歯を磨く人が多い。
■1日に1回以上歯を磨く人に対し、1回の歯磨き時間の平均を尋ねたところ、47%が1-3分と回答。
■1日に1回以上歯を磨く人に対し、歯をみがく際に使用しているものを尋ねたところ、「歯ブラシ(89%)」「歯みがき粉(45%)」が上位となった。
■「歯ブラシ」を使っている人に、歯ブラシの交換頻度を尋ねたところ、「1ヶ月に1回程度」が29%で最も多かった。男性より女性の方がやや早めに交換をしている結果となった。■10代から60代の全国男女に対し、現在の虫歯の有無を尋ねたところ、51%が「ない」と回答。
■10代から60代の全国男女に対し、歯科定期健診の頻度を尋ねたところ、36%が「歯の定期検診は受けていない」でもっとも多い結果となった。
■10代から60代の全国男女に対し、お口について気になることを尋ねたところ、男性は「口臭(36%)」「虫歯(30%)」が、女性は「歯の着色・変色(39%)」「口臭(32%)」が上位になった。
リサーチバンクより


歯磨きにかける時間が、たったの1分?

もし、化粧にかける時間の数パーセントを歯磨きに振ることができたら?

30代、40代になっても、誰もがキスしたくなるような口でいたいと思いませんか?

20代の女性でしたら、ちょっとだけ想像してください。

化粧をするのは、異性からきれいに見られたい。そして、同性からもきれいだと思われたいからではないでしょうか。


ダイエットとかエステとか、外見的に美人になるために努力されていませんか?
きれいになりたいのは、彼氏のため、これから彼氏をみつけるため、または、周囲の人から良く見られたいからかもしれませんね。


ところが、どれだけ顔やスタイルが良くなっても、会話をしたときに口臭がしたら?幻滅するかもしれません。

究極的には、素顔であっても、会話をしたときにきれいな息のほうが良くないですか?


きれいな息>美貌


でも、お口のケアには、どれだけ時間とお金をかけていますか?

20代の頃は、多少歯みがきをおろそかにしていても、虫歯や歯周病になることは少ないです。

ですから、歯みがき時間も少ない人が多いのかも。

その人たちが30歳を過ぎる頃には、虫歯や歯周病になり、歯医者さんに行くことに。
そして、歯磨きをていねいにするようになるのかもしれません。


マウスウォッシュは歯磨きではありません!


歯みがきが面倒なので、歯磨きの代わりにマウスウォッシュを使用する人もおられますが、使い方を間違えています。


歯垢は、ブラッシングしないことには取れません。

歯磨きをした後に、仕上げにマウスウォッシュを使わないといけません。使用方法を間違えると意味がなくなります。

ガムは歯磨きではありません!


良く見かけるのは、丁寧に歯みがきをしていないので、口臭が気になったときにはガムを噛んでいる姿です。

でも、ガムには糖分が多く含まれるので虫歯になります。


じつは、何をお話ししているかと申しますと…

歯科衛生士

歯科衛生士さんからお聞きしたのですが、「若い人よりも、30代、40代の女性の方が口腔ケアをきちんとしている。」とのことだったのです。

意外ではないですか?そう思うのは私だけでしょうか?


意外だと思ったのは、歯科に通う30代や40代の人というのは、きちんと口腔ケアができていないから虫歯や歯周病になってしまい、その結果、歯科に通っていると思っていたのです。


ところが、事実は、若い20代の人の方が歯みがきがいい加減。そのため、たくさん歯石が着いている。

反対に、30代以上の人の人は、丁寧に歯みがきをして真面目に定期健診にも通っているので、歯石もあまり着いていないそうです。

10代、20代の若い人が、歯医者に来る場合は、ほとんどが虫歯になってから来るとのことでした。

そして、30代以上の人の場合には、「虫歯を治して差し歯やブリッジが入っているので、これ以上悪くならないように口に気を遣っているから歯医者に来ているんですよ。」と教えていただきました。


もし、あなたが、30代以上の女性であれば、この話に共感できるのではないでしょうか?

そして、若い時に化粧にかける時間があれば、もう少し口腔ケアに力を入れておくべきだったと悔やんでいるのではないでしょうか?


私もそうでした(テレビを見る時間があった)ので、その通りだと思います。

差し歯やブリッジを入れると、歯垢も付きやすくなり歯周病にもなります。それどころか、他の良い歯に咬合負担がかかってしまい、良かった歯まで悪くなります。

その結果、口臭もするようになります。


若いうちは、多少歯みがきをおろそかにしていても、唾液も多く分泌されるので、口腔が浄化されます。

ですが、加齢とともに唾液量が減少するため、一日、歯みがきをしなかったら大変なことになります。


後で悔やまないように、若いと思っていても、30歳40歳になるのは直ぐです。

ですから、若いうちから口腔ケアに力とお金を注ぐべきです。


化粧にかける時間の内、たった5分だけ歯磨きにかけてみてはいかがでしょう。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

働くママの口臭が心配です

歯医者が推奨する歯磨き粉ランキング

「口臭予防歯磨き粉」は本当に効くのだろうか?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する