舌の色はふつうどんな色?病気、健康、体調で舌色は変わる

あなたの舌はどんな色ですか?

舌の色で悩まれている人が多いです。舌の色は、人によって違うため、どんな色が健康な色で病気の舌なのかわからないと思います。

じつは、舌の色には個人差があります。体調でも舌色は変化します。そのため、他人の舌と比較したときに、「あの人はピンク色なのに、わたしの舌は色が悪い。病気なのかしら?」と心配するのかもしれませんね。

今回の記事は、舌の色についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

舌の色で病気かどうか分かる

病気になると、免疫力が低下するため舌が白くなります。昔から舌診といって舌と喉を診察するのは、免疫力の状態を診るためです。

だからでしょうか、「舌が白い」と悩まれる方が多いのですが、実際に見てみると、健康な舌の色であることが多いです。

右上の舌はきれいな舌ですが、

次の舌も健康な舌です。

健康な舌

このように、薄らと白い膜が張っているのが健康な状態です。

薄く白くなっているのは、常在菌のバランスがとれている証拠です。それでも、舌がこすれたり、熱い食べ物を食べ、舌乳頭が角化すると舌が白くなりますが、これは健康な人でもよく起きること。そして、そのようなことから、たとえ白くなっても、直ぐにピンク色に戻ります。

もし、あなたの舌もこのようであればご安心ください。もし元に戻らない場合は、『舌磨きをしてもすぐに白くなる理由』をご参考にしてください。

体質で舌の色が異なる

舌には毛細血管が張り巡らせています。だから、血液の色が舌の色に反映すると考えるといいです。

人によっては血液の色が違うことがあります。きれいな血液もあれば、濁っている血液も。当然ですが、濁っている血液はよくありません。血液が濁っている場合は紫色や茶色ぽい舌になります。人によっては、血液が薄い人もいます。この場合は、舌が黄色くなることも。

また、血行によっても舌の色は異なります。
血行が良いとピンク色に映ります。しかし、血行が悪いときには舌が紫色や黒ぽい赤色になります。

他にも、喫煙や食べ物によっても、舌に色が付きます。たばこを吸うとニコチン・タールが舌につくので、黄色くなります。カレーを良く食べる人も黄色くなります。そして、舌苔(ぜったい)ができていると、その傾向が強くなりますので気をつけてください。

舌の異常

奥の方が白くなっている舌

喉に細菌が繁殖しているケースでは、喉に近い部分だけ舌が白くなります。
ドライマウスや口呼吸の人に多いケースです。

異常に舌乳頭が長い舌

先天的に舌乳頭が長い場合のほか、後天的にも薬の副作用などによって、舌乳頭が長くなることがあります。
舌乳頭が長いと、その分汚れも溜まりやすくなり、細菌が増え、舌が白くなりやすいといえます。

舌に溝ができている舌

舌の表面にいくつかの溝ができています。
溝に食べかすなどの汚れがたまるので、舌も白くなりやすくなります。
細菌によって炎症が起き、痛みや味覚障害が出ることがあります。

まとめ

舌の色を観察することで、病気であるか健康状態がわかります。紫色など舌の色が悪い場合には、一度、内科などを受診されると良いと思います。

病気ではなくても、体の免疫力が低下しているなどがあれば、舌が白くなり苔ができます。そのような場合には、舌苔(ぜったい)を取りできないように口腔ケアをすることも大切です。そのような場合には、『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する