唾液が臭いです。どうして?

唾液が臭い!臭わなくする方法5つ

唾液がくさい。。。。唾液がくさいと口臭がしているのではとか、キスもできないとか色んな心配をしてしまうことに。そんな経験はありませんか?

できれば、サラサラ唾液で無臭であればいうことがないのですが。でも、大丈夫です。というのは、唾液をサラサラにして無臭(唾液本来の臭い)にする方法があるからです。今回の記事では、唾液を無臭(唾液本来の臭い)にする方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

唾液が臭くなる原因

唾液を嗅ぐとくさいので、口臭もしているものと思ってしまいます。でも、唾液は、いつも臭いわけではないのです。だから、ややこしい。

唾液は交感神経と副交感神経の作用で多く分泌したり減少したりします。緊張すると唾液が減り粘ついた唾液が出ます。逆にリラックス状態では、サラサラ唾液がたくさん出ます。

このことが、口臭に影響を与えるのです。サラサラ唾液の時は臭くないのに、唾液が粘つくとは臭くなる。ですから、唾液の状態によって口臭が強くなったり、臭わなかったりするのですね。

当の本人も、口臭がすると不安になり、唾液の分泌が止まるため、唾液が粘ついてしまいます。そして、口臭がする。さらに不安が。。。。口臭と悪循環を生むわけです。

リラックス状態では唾液が無臭

でも、リラックス状態の時に、家族に息を嗅いでもらっても「臭くないよ。」と言われるだけで、疑心暗鬼になることも。というか、相手を疑うだけではなく、自分のことまで、精神的におかしくなってしまったのではと、思うかもしれませんよね。これが口臭の実態です。

リラックス状態の時に、このように口臭がなくなる理由は、唾液が充分に分泌されているからです。唾液が多いと、水分も多くサラサラとした状態ですので、臭いも出なくなります。

ですから、唾液を無臭にするには、不安や緊張をなくしリラックス状態をつくるのが近道なのです。

唾液をサラサラで無臭にするために

それでも、日々精神的ストレスが多く、中々リラックス状態になれない。そのため、唾液が粘つく場合には、こちらの方法をお試しください。

唾液をサラサラで無臭にする方法

  1. 充分に水分補給をする。一日の成人の唾液量は、1.5リットルだと言われています。ですので、唾液の補給分だけでも1.5リットルの水分を摂取しないといけません。
  2. 小まめに水分を摂取する。唾液が良く出る人の場合には、口の中の細菌を唾液が洗い流しますので、臭くなりません。ところが、唾液量の少ない人の場合には、細菌が異常に増殖し臭い唾液になります。ですから、小まめに水分を摂ることが大切です。
  3. 舌を良く動かす。舌を良く動かすには、良く噛んだり良く喋ったりすることです。その他にも、パタカラ体操などお口の体操やガム(無糖)を噛むことも良いことです。
  4. アルカリ食品を摂る。タンパク質など酸性食品を多く摂る食事では細菌が増えやすく唾液中に細菌が増えます。できれば、積極的に野菜、果物、昆布類などのアルカリ食品を摂ることも大切です。

これらのことを行うことで、かなり唾液もサラサラになるかもしれません。でも、これだけでは、まだ、唾液の臭いまで改善できないかも。

だから、私は常々、「口臭は厄介です。」と、言い続けています。でも、そんな厄介な口臭も、美息美人(びいきびじん)で改善されたという方がたくさんおられます。その秘密はアルカリイオン水だからです。

たとえ粘ついた唾液であっても、アルカリイオン水でうがいをすると、一瞬でスッキリします。このことで、唾液の臭いも消えるのですが、唾液量が充分に分泌しない限り元の粘ついた唾液になってしまいます。

ですが、美息美人(びいきびじん)を使用した時に、唾液の臭いが消えたことで自信が生まれるのではないでしょうか?不安が減少すれば唾液の分泌も期待されます。そのように良い循環が生まれれば、口臭とは縁を切れることができます。

もし、あなたも唾液の臭いでお困りでしたら、試してみる価値があると思います。

口臭予防「歯磨き粉「美息美人」はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

舌が白い人と白くない人の違いは 

唾液を出す6つの方法…ドライマウス対策

唾液が臭い人と臭くない人の違いとは

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

 

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する