舌が白くなる根本原因は口腔乾燥!予防と対策はこうする

マスクをかけて保湿

ドライマウスが原因で舌苔ができた場合の対策とは

舌をピンク色にするために、舌が白くなる原因について真剣に考えてみませんか?

歯磨きを丁寧にしても舌はきれいになりません。そして、舌磨きをしてもきれいになるのは、その時だけ。

マウスウォッシュを使っても、きれいにならない。ガムや飴をなめてもきれいにならない。

たとえ、乳酸菌(善玉菌)を口に入れても、きれいになるのは一時的。

舌がきれいにならないのは、どうしてだと思いますか?

その理由についてお伝えします。このことが分かると厄介な舌がピンク色になるかもしれません。

舌が白くなる原因は…

口がぱさぱさに乾燥する

舌が白くなる原因には、免疫力の低下 ・口呼吸 ・歯みがき不足 ・喫煙 ・加齢 更年期障害 ・緊張やストレス ・全身的疾患 ・薬の副作用 など色々原因がありますが、、、

舌苔ができる大きな原因は、口腔乾燥(ドライマウス)です!

口腔が乾燥すると口内に細菌が増えるのですが、その中でも舌粘膜に一番多く細菌が増殖します。だから、舌苔ができるのです。

口腔乾燥が原因で舌が白くなる。このことを知ることは、舌が白くならないようにすることで大事なことです。詳しくは、『口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら』をご参考にしてください。

舌が白くなるのは、細菌と汚れが原因。

みんながそう思っています。舌に食べかすが残っていても、 細菌の存在がなければ、舌は白くなりません。

舌を白くするのは、細菌です! ここまで合っています。だから、ていねいに歯磨きをしても菌が増えれば、舌は白くなります。

細菌が増殖し、プラークを形成します。プラークは舌に生えた苔ですが、 細菌が増殖すると白くなる。これが舌苔(ぜったい)。

舌がきれいにならない本当の原因

ところで、あなたと同じような生活をしていても、 舌が白くならずに、きれいな舌の人がいます。 不思議ではありませんか?

同じ年頃で、同性で、同じような食生活をして、喫煙や飲酒もしている。 何もかも自分とほとんど同じ生活なのに、 きれいな舌を保っているのは何故だと思いますか?

その答えは、唾液量が少ないか、口呼吸かどうかにあります。どちらも口腔が乾燥する原因。先ほどもお話ししたように、舌の細菌が増えるのが口腔乾燥だからです。

唾液の成分中には、免疫物質が含まれていて殺菌作用があります。唾液が口腔内の悪い菌を殺菌しています。

それだけではありません。

唾液は、ほとんどが水分。その水分で口腔内の汚れを洗い流します。だから、唾液が良く出る赤ちゃんのお口の中はきれい。反対に、唾液の少ないお年寄りの口は汚れていて臭い。

このように、舌が白くなることと唾液量は大きく関係しています。唾液の量は、1日に約1~1.5リットル 程度分泌されるといわれています。

それも、唾液の99.5%が水分です。かなりの水分量です。唾液が多量に出ることで口中の細菌が胃に洗い流され口中は清潔に保たれます。

ところが、唾液が出なかったらどうなると思いますか?

唾液が減ったら、口中に食べかすが残り細菌が増殖する。 特に舌の表面に汚れと菌が付着しプラークを形成します。 その結果として舌は白くなります。

このことが、舌を白くする本当の理由です。そして、どれだけ努力しても、直ぐに白くなってしまう理由です。

唾液の分泌が少ないから、舌が白くなるのです。

この記事のはじめに舌が白くなる原因を沢山上げましたが、 要は、「唾液が出ていないから」です。もしくは、口呼吸をしているからです。口呼吸の改善方法については、こちらの記事『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

口呼吸というと、「私は口呼吸なんかしていない。」というかもしれません。しかし、寝ている間、口を開けて寝ている人が多いです。特に鼻炎で鼻が詰まると鼻で呼吸ができないので口呼吸するしかありませんよね。他にも、いびきをかくのも同じように口呼吸になります。詳しくは、『えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?』をご参考にしてください。

舌が白くなるのを防ぐ方法

舌苔(ぜったい)を予防するには、 唾液がたくさん出るようにしないといけません。

しかし、 お口の体操などの努力をすることによって、 多少は改善するかもしれませんが、 唾液を増やすということは難しいかもしれません。

それは、唾液の分泌を妨げてる理由に、精神的ストレスがあるからです。ストレスを軽減することが舌をきれいにするためには重要です。

ストレスと口臭の関係については、こちらの記事「その口臭!ストレスが原因かも?」を参考にしてください。

そういう理由から、白い舌をきれいな舌に戻すことが難しいのです。

ところが、 きれいな舌にする方法があります。 それがこれです!

  1.  丁寧にブラッシングすること。
  2. マウスウォッシュをすること。
  3.  のどをガラガラうがいすること。

この3つを行うことで、大分きれいな舌になるかもしれません。

舌苔(ぜったい)ができて舌が真っ白くなっている人の場合には、 もう一つ行なってほしいことがあります。

それは、小まめに少量の水を飲むことです。このことをすることで雲泥の差があらわれます。

水を何度も飲むことにより、 本来、唾液の働きである細菌を洗い流すという役割を補います。

まとめ

正常な舌の色

きれいな舌を保つために必要なこと

  1. 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用する。
  2. 小まめに少量の水を飲むこと。
  3. 唾液を出すこと。
  4. 口呼吸を鼻呼吸に変える。
  5. 口腔乾燥がひどい場合は保湿剤など使う。

※唾液を出す方法については、『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

この5つを実行した成果は、多くのお客様が実証済みです。お客さまの声をご参考にしてください。

ですから、この方法をご紹介させていただきました。 あなたも是非お試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する