膿汁(のうじゅう)が本当の口臭原因!膿汁は膿栓より臭い!

%e8%87%ad%e3%81%84%e7%94%b7

膿汁(のうじゅう)の対策をしないことには、口臭予防はできない!

臭い玉(膿栓)ができて困っているのではないでしょうか。臭い玉ができると真っ先に考えるのは「どうやってこの臭い玉を取ろうか?」

このように考える理由は、臭い玉(膿栓)を取れば口臭もなくなると思っているからです。でも、臭い玉(膿栓)を取っても、口臭の問題は解決できません。

本当のことをいうと、口臭の原因になっているのは、膿汁だからです。この膿汁を予防しないことには、根本的な改善はできないのです。

今回の記事は、膿汁と口臭の関係と予防方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

臭い玉(膿栓)については『口臭の元!膿栓(臭い玉)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

口臭の元、膿汁(のうじゅう)とは

足の傷

一般的にいう膿汁は、傷ができた所に細菌が繁殖すると白血球と戦い死がいができます。その時に出る膿のことを指していいます。

その他にも、蓄膿症(副鼻腔炎)になると、副鼻腔に膿がたまり鼻汁に混じり喉に垂れることがあります。これも膿汁といいます。

しかし、ここでいう膿汁は、それらとは少し異なります。口臭の元である膿汁は、扁桃から分泌される粘液(免疫物質)に細菌の死がいなどが混じり化膿したものをいいます。

だから、臭い!そして、それが固まると膿栓にもなる悪質な液体です。

一見して何もないような扁桃であっても、前口蓋弓を軽く圧迫することにより、扁桃窩から口蓋扁桃が押し出されてくると同時に腺窩に溜まっていた膿栓や膿汁が流出してくることは珍しいことではありません。
笠井耳鼻咽喉科クリニックHP

膿汁を確認する方法

torikata

膿汁は、扁桃腺から分泌された粘液が化膿したものです。膿汁の色は、黄白色が多く、濃い黄色のことも。

風邪などで喉を痛め扁桃腺が腫れると、扁桃腺の周囲が白くなっていることがあります。それが膿汁です。

でも、普段は、透明で目に見えないことのほうが多いので、膿汁が出ているかどうかが分からないと思います。

しかし、目では分かりにくい膿汁ですが、簡単に分かる方法があります。

それは、扁桃腺の膨らみを指でなぜ嗅いでみると分かります。膿汁が多量に出来ている場合には、下水臭やドブ臭のような強烈なニオイがします。そのようなニオイがしたら、膿汁が出来ていると思ってください。

勘違いしないでほしいのは、膿汁が出てなくても多少はニオイがします。扁桃腺を撫ぜた指を嗅いで我慢できる程度であれば、心配する必要はありません。

耳鼻科のお医者さんは臭い玉(膿栓)を取らない?

nodooku

もし、耳鼻咽喉科のお医者さんに、のどの奥から口臭がする。」と相談したら…どう答えると思いますか?

正解は?

A)臭い玉(膿栓のうせん)を吸引除去する
B)何もしないで様子を見る
C)臭い玉(膿栓のうせん)を綿棒で取り除く
D)ブラシでのどの奥をきれいに磨く
E)咽喉(のど)をシャワー洗浄する

正解は、どれも間違いです。

患者さんから「臭い玉ができ口臭がしてるので取ってほしい。」と相談されたときに、耳鼻咽喉科のお医者さんが指導するのは…1日3回ガラガラうがいをして咽喉の清潔を保ってください。」と答えるのがふつうです。

臭い玉(膿栓)は、病気ではないというのが、お医者さんの認識です。ですが、喉にばい菌が増えるのは好ましくないので、「うがい」をすすめるわけです。

それに、臭い玉(膿栓)は取ってもすぐに出来るので、お医者さんとしてもあまりやりたがらないのでしょうね。(例外として、膿栓が異常に多い場合や口臭がひどいは、保険診療で除去します。)

臭い玉(膿栓)ができる理由

kutinotepu

臭い玉(膿栓のうせん)ができる仕組みが分かれば、臭い玉(膿栓)を除去しても意味がないことが理解できると思います。


臭い玉(膿栓のうせん)が出来るプロセス

1、扁桃(へんとう)の陰窩(いんか)からネバネバした粘液(免役物質)が出ます。この粘液(免疫)は外からウィルスや菌が身体に侵入しないように、咽喉(のど)で防御しているのです。
2、免疫物質が菌と戦った後には、菌の死骸、食べ物かす、はがれた細胞上皮、そして粘液(免疫物質)が陰窩(いんか)にたまります。
3、陰窩(いんか)に臭い玉(膿栓)になる前の塊が溜まった後も粘液(免疫)は分泌されます。この時、ふつう臭い玉(膿栓)は唾液や飲食によって胃に流されます。
4、ところが、口呼吸やドライマウスによってのどが乾燥する場合には、柔らかい臭い玉(膿栓のうせん)が胃に流れず陰窩(いんか)に残り固まります。

4番が重要なので、もう一度言います。口呼吸やドライマウスの人が膿栓や膿汁ができやすいのです。

このようにして、臭い玉(膿栓)ができます。でも、口臭の原因は臭い玉(膿栓)だけではありません。

ばい菌のかたまり

先ほどから説明の中にでてきている粘液(免疫物質)に細菌が繁殖し化膿してできた膿汁が口臭の張本人です。

臭い玉(膿栓)ができると菌が増殖するため、今まで以上に粘液(免疫物質)が分泌されます。粘液はばい菌や汚れを取り囲み膿になります。だから膿汁といいます。

膿ですからとんでもない悪臭を放ちます。ネバネバした膿汁(のうじゅう)ができると、口臭が強くなります。

この膿汁に、さらに膿栓の菌や腐敗した悪臭物質などが混じり痰ができます。
膿汁や痰は、ふつうは唾液によって胃に洗い流してしまいます。(咳によって痰を出すこともありますが。)

ところが、ドライマウスなどによって咽喉(のど)が乾燥している人の場合には、胃のほうへ流すことが困難です。その結果、臭いネバネバした粘液が口の中に流れてくることに。

膿汁の相談例

口が粘つく

私のところに相談のあった例をご紹介すると…
「50代女性です。若い頃からドライマウスのために舌苔(ぜったい)ができて真白くなっています。2年前から、のどの奥のほうからネバネバした液が出て、口の中の不快感が続いています。家族からも口が臭いと指摘され辛いです。私の場合、臭い玉(膿栓のうせん)が原因かなと思っていますが、美息美人(びいきびじん)を使うと治るのでしょうか?」

ドライマウス、粘ついた液、苦い、口臭がひどい…ご相談される方の多くはは、このような似かよった症状をお持ちです。あなたの症状と似ていませんか?

口臭原因「膿汁(のうじゅう)」の予防と対策

耳鼻咽喉科医師

口臭の張本人は、もうお分かりですね。
ドライマウスで舌が白い、ネバネバした粘液が出る、口臭が強い場合には、臭い玉(膿栓のうせん)ではなく、臭い粘液のほうが口臭を強くします。

だから、耳鼻咽喉科のお医者さんに臭い玉(膿栓のうせん)について相談すると、うがいをするように指導を受けます。でも、うがいだけでは不十分かもしれません。試しに水でうがいを行っても、口臭は改善されません。

うがいする

だからといって、「うがい薬」を使っても、始めは良いかもしれませんが、その後良くなったというお声をきいたことがありません。うがい薬の作用は、殺菌です。膿栓や膿汁の予防には殺菌することは有効です。ところが、一時的に殺菌しても喉は何度でも細菌に感染します。だからかもしれません。

膿栓と膿汁の予防で重要なことは、喉を清潔にすることです。喉に膿汁がくっつかないようにすることが大事です。膿栓も取ることが大事です。

mizu

そのためには、アルカリイオン水の美息美人(びいきびじん)がおすすめです。アルカリイオン効果で喉を洗浄でき、強アルカリによってばい菌を減らすことが期待できます。

うがい効果の実証された「美息美人(びいきびじん)」を使うほうが賢明だと思います。

ドライマウスによって咽喉が乾燥する人の場合には、小まめに水を少量ずつ口に含み胃に流すことも大切です。

是非、お試しください。

もし、あなたが臭い玉(膿栓のうせん)が出来ているかもしれないと不安でしたら、ブラッシング、マウスウォッシュ、ガラガラうがいのトリプル効果 で口臭予防ができる「美息美人(びいきびじん)」をおすすめします。

臭い玉(膿栓のうせん))を予防するうがい方法については『 濃栓はうがいだけでなくなる?』をご参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

のどに白いものが…これ何?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する