彼に嫌われないために!知っておきたい「寝起きの口臭対策!」

 彼に嫌われないために!知っておきたい「寝起きの口臭対策!」

もし、あなたが彼のお家にお泊りして起きたときに、口が臭かったら…彼氏からはドン引きかも。彼氏ではなく旦那さまだって引くかもしれません。

朝起きたときから、口臭がしていては最悪!そんなことにならないように、今回の記事では起床時の口臭を最大限に予防する方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

朝起きた時が、口臭の最も強い時間帯

就寝前に丁寧に歯磨きをしているのに、朝起きると、口が粘ついている…口が苦い…そして、息がくさい!
このように、朝起きた時に口臭が強くなるのは、あなただけではありません。誰でも朝起きた時が一番口臭が強くなります。

寝起きがさわやかだと、気分良く一日のスタートがきれますよね。でも、朝起きた瞬間から口臭がしていたら…なんか、一日が始まる前から憂鬱になってしまいそうです。

それって、自分の人生が口臭によって振り回されているってことになりませんか?そう、だから、寝起きの口臭って怖いんです。

でも、逆に考えると…寝起きの口臭がなくなって、すっきりと一日がスタートすることができれば、もしかすると、凄く楽しい人生になるかもしれないってことです。

寝起きの口臭をスッキリとするためにしてほしいことがあります。

ちょっとその前に、どうして?寝起きのときは口臭がするのかについて知っておくといいです。

どうして寝起きは口臭が強くなるのか?

寝起きに口臭がする理由

1、口内の良い環境をつくっているのは唾液です。ですが、睡眠中は唾液がほとんど出ていないから。
2、睡眠中は起きている昼間より、口臭の原因菌が繁殖しやすいから。
3、同じように咽喉の細菌も睡眠中に繁殖しやすいため、扁桃から臭い粘液も出て口が粘ついたり苦く感じる。
4、寝る前に、出来る限り口内と喉の口臭原因菌を減らすことが大事なのですが、眠いために歯磨きがおろそかになりやすい。
5、お酒を飲んだり、口呼吸の人の場合には、口や喉が渇きやすく他の人よりも寝起きの口臭が強くなりやすい。

これらのことが寝起きに口臭がする主な理由です。

寝起きの口臭対策

寝起きの口臭がする理由が分かれば、対策も分かったも同然ですよね。そうです。今あなたが思っているように…寝起きの口臭の対策はこうすれば良いのです!

寝る前に、しっかりと歯磨きとガラガラうがいを行うことです。これを行うだけで、口と喉の細菌の量を減らすことができるので、就寝中に細菌が増えても、寝起き時の細菌がかなり減少させることができます。

就寝前の歯磨きは寝起きの口臭を予防するためには大切ですが、もっと効果的にするためには、次の歯ブラシも使用すると良いです。

  • 歯間ブラシ
  • タフトブラシ

この二つの歯磨きツールを使用することで、さらに歯磨き効果がアップします。

よく就寝前に歯磨きをしているけれど、寝起きには、口臭がひどいと悩まれている方がおられます。その理由は、口臭の原因菌は歯ブラシの毛先が届かない歯間や、歯周ポケット、奥歯の奥側の歯周ポケットに多く存在しているからなのです。

だから、歯ブラシだけでは十分に磨けないのでしょうね。

この方法だけでも、寝起きの口臭予防には効果がアップするのですが、それでも物足りない場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用する方が早いかもしれません。

この記事では、寝起きの口臭について特集しましたが、口臭原因は人によって様々です。ですから、より効率よく口臭を予防するためには、自身の口臭原因を具体的に知ることが必要。口臭原因が明確になれば、より具体的な対策が可能になるかもしれません。

↓ ↓ ↓

 口臭原因、第3位 のど 第2位 歯周病 第1位は…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

口がネバネバする原因と対策

口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら

口臭がひどい時にはこの5つを疑え!

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する