コーヒー好きな人必見!コーヒーを飲んだ後の口臭予防方法

ko-hi-

コーヒーを飲むのをやめずに口臭予防できる都合の良い方法

コーヒーを好きな人は多いです。日本人の一年あたりのコーヒーの飲む量が340杯というのですから、すごい量が飲まれています。

特に、食後にコーヒーを飲むと落ち着くという人が多いですよね。喫茶店に入ると食後にタバコを吸いながらコーヒーを飲んでいる人を見ます。美味しそうですよね。

ところが、コーヒーを飲むと口臭がするというので、好きなコーヒーを控えている人もおられます。残念なことです。

今回は、口臭を気にしないで好きなコーヒーが飲めるように、予防法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

コーヒーを飲むと口臭がするのは

コーヒー

口臭を予防するためには、「コーヒーを飲むのをやめて口臭をなくしましょう。」というのが常識かもしれません。

でも、あなたがコーヒー好きであれば、それは本当に辛いお話しですよね。
私もコーヒーが大好きですので、コーヒーが口臭に影響するということを知ったときには、本当にショックでした。

コーヒーのイメージといえば、仕事が忙しくいらいらしている時でも、コーヒーを飲むと気持ちが落ち着く感がありました。ですから口臭も減るようなイメージでした。

あなたは、どうですか?

コーヒー豆の微粒子が口臭原因

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因となるものは、実はコーヒー豆に含まれている微粒子です。

一般的に、コーヒーは豆を焙煎し細かく粉砕してからお湯でドリップして作ります。この時にコーヒー豆の粉末に混ざっている豆の微粒子が溶け出し、コーヒーを飲んだ後にそれが舌の表面の突起物に付着して溜まるからです。

このコーヒー豆の微粒子が口臭の直接の原因物質です。フリーズドライで乾燥させて作ったインスタントコーヒーでも、この微粒子はやはり混ざっています。

缶コーヒーでも同じように缶の中に溶け込んでいます。

カフェインによって唾液が減る

ところが、実際はというと、コーヒーには、カフェインが含まれているため興奮作用があり交感神経に働くため、唾液の分泌が減るからだそうです。

このブログでも繰り返しお話ししていますが、唾液の減少は口臭を発生する原因になります。ですから、コーヒーを飲むと口臭を発生しやすいということになります。

利尿作用によって唾液が減る

でも、コーヒーが口臭を引き起こしやすい理由は、それだけではありません。それだけではありません。コーヒーを飲むと利尿作用が働き、唾液を作る水分が不足し唾液量が減ってしまうのです。

これだけでも、コーヒを飲むと口臭が発生しやすくなるんだな~と思いませんか?

でも、これだけではありません。

コーヒーは酸性飲料のため口臭菌がふえる

じつは、コーヒーには、クロロゲン酸やリンゴ酸、クエン酸等が含まれています。そのため、PH5~6 の酸性飲料 だったのです。ということは、コーヒーを飲むと口内は酸性になります。

口臭にとっては、これが大きな問題。口臭の原因となる細菌は、酸性の環境で活発に活動をします。すると、細菌によりニオイ物質を産生するわけです。これが、口臭です。

ですから、

舌が白くなっていたり、歯肉炎になっているような口内に細菌が多い人がコーヒーを飲むと、口が粘つき口臭を発することになります。これが、コーヒーを飲むと口臭を発する理由です。

コーヒーを飲んだ後の口臭予防法

「でも、私のようなコーヒー好きな人間はどうすれば良いのでしょう?」

大丈夫です。次のようにすると良いです!

水を飲んで予防する

コーヒーに入っている豆の微粒子が口に残ることで口臭がおきます。ですから、コーヒーを飲んだ後は、しっかりと水を飲んでください。うがいをするのも良いです。

舌の汚れを落とす

豆の微粒子は舌乳頭の間に付着するため、唾液のニオイにコーヒー臭が混じり悪臭となります。ですから、水を口に含んで、舌を上あごにこすりつけ豆の微粒子を落とします。これで、舌の表面に着いている細菌も取れます。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

喫煙を控える

コーヒーを飲むときに喫煙をされる人が多いのですが、タバコに含まれるニコチン・タールは、それだけでも臭く、コーヒー臭と混じるとよけいに嫌な口臭となるのでご注意ください。

また、喫煙は毛細血管を収縮させるため、歯肉炎・歯周病の原因になるともいわれています。歯周病菌がつくる口臭は、特に臭いので口臭が気になる場合は、禁煙されることをおすすめします。

ガムを噛んで予防する

コーヒーが口臭原因になるのは、唾液が減少するからです。ガムを噛むと唾液分泌を促す効果があります。ですから、コーヒーを飲んだ後は、ガムを噛むと良いです。その場合はシュガーレスガムをおすすめします。

美息美人のアルカリイオン水でうがいを行なう

食事やコーヒーを飲んだ後は、口内が酸性化します。そのため、口臭菌が活発になるので口臭がでます。ですから、口内環境を中和させることが大切です。

おすすめは、美息美人のアルカリイオン水を使ってうがいを行なうことです。食後の口内の汚れを洗浄できるだけではなく、口内をアルカリイオン水で中和させる効果も期待できます。

まとめ

これだけでも、コーヒーを飲んだ後の口臭対策になりますが、できれば、水よりも美息美人(びいきびじん)を使った方がもっと良いですよ。というのは、普段から口腔内の細菌をコントロールできていれば、たとえコーヒーを飲んだとしても、口臭が発生することもないからです。
⇒ 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

コーヒーを良く飲まれる方は、ぜひお試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

喫煙者の口臭ほど酷いものはない

食後に口臭がするのは何故?

ゲッ…引く!喫煙者の口臭はひどい!

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する