歯磨きしても口臭がする!効果的なテクニックとは

歯磨きをしているのに口臭がすると困っている方に朗報です

仕事が忙しいビジネスマンや家事・パートに忙しい主婦のみなさん、毎日やることがいっぱいありすぎて、ストレスがたまるため、口臭が出て困っているかもしれません。

その一番の理由が、ゆっくり歯磨きを行う時間がないからではないでしょうか?

そのような方たちのために、今回の記事では、時間を有効に使い効率よく口臭を予防する歯磨き方法についてお伝えします。
お忙しいみなさん。ぜひご参考にしてください。

忙しくて歯磨きができない

忙しい歯磨き
口臭を予防するためには、歯磨きが大切なことは分かっている。でも、忙しく時間に追われているために、丁寧に歯磨きをする時間がない。

特に朝の忙しい時間は、朝食後の歯磨きをかんたんに済ませてしまう。いったい、どうすれば良いのだろうか?

こんなふうにフラストレーションがたまっていませんか?
ご安心ください。朝食後の歯磨きは、口臭予防にはなってないことが多いのです。だから、「歯磨きをしても口臭がする。」ということに。

そのような間違いを断ち切っていただくために、時間を効率よく使って口臭を予防するポイントをお伝えします。

口臭がする原因

ドライマウスの女性

一般的に、口臭がするのは歯磨き不足によってお口の中が汚れているからだと思っている人が多いのではないでしょうか。

本当にそうでしょうか?

確かに、口臭がする大きな原因は口の汚れからです。だからといって、歯磨き不足だけが口を汚すことにはなりません。

えっ?と思うかもしれませんね。でも、そうなのです。事実、あまり歯磨きをしない人なのに、口の中がきれいで虫歯もなく、ピンク色の舌の人がいます。

反対に、一日に歯磨きを3回もしているのに、虫歯が沢山あり、歯周病で歯ぐきの色も悪く、舌にはべったりと舌苔(ぜったい)ができている人もおられます。

現実は理不尽です。このように、歯磨きをしているにもかかわらず、お口が汚れ口臭がする原因はなぜだと思いますか?

お口が汚れる、口臭がする、これらの原因は唾液の分泌量が影響しているからです。唾液が沢山出ていると、口の中がきれいです。ところが、ドライマウスで口が乾いていると細菌が増えるため、口臭が発生するのです。

この他にも口臭原因はあるので、こちらの記事『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』もご参考にしてください。

一日の間で口臭は変化する

口臭の強さは、一日の間で強い時間帯、弱くなる時間帯があります。

口臭が強い時間帯は…
それは、寝起きです。

就寝中はほとんど唾液が分泌されないために、細菌が最も増殖する時間帯です。

だから、朝起きた時の息が一番臭い!

その理由は、口臭の原因となる細菌と唾液が影響しています。口中細菌が増えると口臭ガスの発生も増えます。

そして、細菌を制御する唾液の量が減ることで細菌が活発になり、口臭ガスが沢山発生します。このような理由から、寝起きが口臭が一番強いのです。

2番目に口臭が強くなるのは、食事前。

唾液は食事をする時には大量に分泌されるようになっています。ところが、反対に食事をしないときには、唾液の分泌が抑えられています。
だから、食事前の空腹時には唾液が出ません。そのため、口臭も強くなります。

それでは、口臭がしない時間帯はいつだと想像しますか?

口臭が最もしないのは、食後の時間帯です。食事中は、唾液が多量に分泌されます。そのため、食後すぐは口臭がしないのが普通です。

まとめると、こうです。
朝起きた時が一番口臭がする。朝起きてすぐは、口臭を産生する細菌も一番多い。

効率よく歯磨きをするには

ですから、要領よく口臭予防するには、どうすれば良いのか分かりますよね。
朝の歯磨きも大切です。朝起きた時に細菌が一番多いので、朝の歯磨きをすることは大切なのはもちろんです。

でも、もっと口臭予防で効果を上げるためには、
就寝前にしっかりと歯磨きを行うこと。

えっ?と思うかもしれませんね。

じつは、口臭をつくる細菌が一日の内で一番活動的になるのは、人が寝ているとき。人は寝ると、食欲中枢が働かなくなるため唾液も出ません。唾液には抗菌作用があるのですが、その唾液がでなくなるため、今まで抑制されていた細菌がいっぺんに増えます。

ですから、寝る前に丁寧に歯磨きをして限りなく細菌の数を減らしておくと、就寝中に細菌が増えても、朝までに増える細菌数が少なくなります。

ということは、
寝る前に歯磨きをていねいに行うと…


朝起きた時に口臭が減少するだけではなく、同じ時間、歯磨きを行なっても、汚れをカンタンに落とせます。嘘みたいですが本当の話です。是非、試してみてください。

ほとんどの人たちは、寝る前よりも朝の歯磨きに重点を置いています。それも、食後に歯磨きをします。

でも、考えて見てください。食事中は、ふつう唾液が多量に出ます。ですから、口臭をつくる細菌も洗い流されるので口臭も抑えられるのです。

ところが、ほとんどの人たちは、食事をすると口臭がすると思って、口臭予防のために歯磨きをしているのですが、意味をなしてなかったのです。

会社の昼休みは、OLのみなさんが並んで歯磨きをしていますが、うがいを行うだけで十分です。もしかしたら、あなたも要領を得ない無駄な歯磨きをしていませんでしたか?

今日、この賢い歯磨き方法を知ったあなたは、寝る前の歯磨きに時間を使って、大切な朝の時間を要領よく使ってはいかがでしょうか?
もちろん、朝も丁寧に歯磨きをすれば、それだけ口臭予防の効果も上がります。
それだけではなく、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用すれば尚良いこと間違いなしです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する