NO舌磨きできれいになる?

舌の汚れを取る方法

舌が汚れると、口をあけて話すことも不安になります。

でも、そんな舌の汚れが口臭原因の6割も占めていることを知っていましたか?
舌の汚れが口臭の原因になっていることを認識している人は、全体の9パーセントだそうです。(江崎グリコ調査より)

口臭原因のトップ3といえば、歯垢(プラーク)、歯周病、臭いの強い食べ物です。

ですので、舌の汚れを取る理由も、口臭予防のためというよりも舌をきれいにしたいからというのが一番多いようです。

舌の汚れは何からできている?

舌の汚れの正体は、舌苔(ぜったい)というものです。
舌苔(ぜったい)は、舌の表面に白いチーズ状のものが付着したものです。

舌が汚れているように見えるのは、食べカスや舌の表皮や口腔粘膜などのタンパク質が、細菌によって分解されたものが付着しているからです。

ふつうは、唾液が口中や舌の汚れを浄化しているのですが、唾液が減ると、舌に汚れが付きやすくなり、舌苔(ぜったい)も増えます。

どのような時に、舌が汚れやすくなるか?

舌が汚れるのは

・体調が悪く、免疫力が下がってしまった時。
・不規則な生活をしているとき。
・アルコールや甘味飲料の飲みすぎてしまった時。
・刺激物を摂取した時。
・口呼吸や緊張の持続などで唾液の量が少ない時。

舌は胃腸の延長といわれるくらいデリケートな粘膜です。それを発泡剤入りの歯磨き粉で洗い流したりすると、舌粘膜が炎症を起こしてしまいます。

歯磨き剤や洗口液を使う場合は、合成界面活性剤や発泡剤、香料、アルコールが入っていないものを選ぶことが大事です。よけいに舌が汚れてしまうので、注意してください。

舌みがきをしてはいけません!

よく舌が汚れると気になり、舌みがきをされる方が多いのですが、舌ブラシで舌を磨くとどうなると思いますか?
舌の粘膜を傷つけ、舌乳頭は削れてしまいます。

傷ついた細胞は、細菌のタンパク源ですので、さらに、舌を汚すことになります。
舌みがきで舌が汚れると、また舌をみがくという悪循環になります。

舌が汚れ、慢性的に舌苔が付いている方にお聞きすると、ほとんどの人が、「舌みがきをしているのに舌が汚れている。」といわれます。
もし、慢性的に舌が汚れているのでしたら、今すぐ、舌みがきを止めてください。

舌が汚れないようにするには?

舌が汚れる大元の原因は、唾液の分泌が少ないことにあります。赤ちゃんをイメージしてもらえば分かりますが、いつもよだれを出ている赤ちゃんの舌は、きれいなピンク色です。

赤ちゃんの舌が、舌苔で汚れていることなんかないのです。ですから、唾液が正常に出るようにすることが大事です。

きれいな舌を作るために唾液を出すには

唾液を出す方法

1、ストレスをためない。
2、暴飲暴食しない。
3、規則正しい生活。
4、運動するなどして胃腸の働きをよくする。
5、食事するときには良く噛む。
6、良くしゃべる。
7、お口の体操。
8、舌の体操。
9、ガムを噛む。
10、小まめに水を飲む。

多量に水を飲まなくても良いです。小まめに水を飲むことで、口の渇きを防ぐので、舌の汚れをつくる細菌が増えないようにできます。

もっと効果をあげるためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用し、歯磨きと小まめにうがいをすることが有効です。

ぜひ、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水のうがい効果をお試しください。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する