舌磨きは乳頭を傷つけるだけ?舌苔が悪化し口臭がひどくなる

「舌磨きをしてもピンクになりません。それどころか今までよりも舌苔が厚くなり口臭がひどくなりました。 こんな舌でも改善されますか?」このようなご相談がきました。

誤解のないように申し上げておきますね。この方の舌磨きは、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使用していない舌磨きのことです。

朝の歯磨きのときに、歯ブラシに歯磨きチューブをつけ、舌を磨いていたのです。最悪なケースです。歯磨き粉をつけなくても、舌磨きは良くありません。

舌磨きは乳頭を傷つける

たとえ、専用の舌ブラシを使用したとしても、舌磨きを行なうと乳頭が痛みます。過剰に舌を磨く人の場合には、乳頭が削れ出血していることもあります。

舌磨きがよくない理由は…

舌の表面を顕微鏡で見れば、すぐに納得できます。

これが、舌の表面の構造です。

さらに拡大すると、こんな感じです。

舌の表面は、こんな構造になっています。糸状乳頭のような乳頭が生えている複雑な構造です。

それを舌ブラシで磨くとどうなるでしょう?

乳頭の先っぽだけ磨く!

乳頭の先っぽだけ削れる!

そして、

乳頭の間に潜んでいる細菌は、そのまま!

細菌が助かるだけではなく、削れた乳頭がエサになります。その結果、細菌が増殖して、

舌が真っ白に!

これが、一般に出回っている間違った舌磨きの結果です。

もちろん、舌磨きを行った時だけ、表面の舌苔も取れるので、舌苔が治ったと錯覚を起こしてしまいます。

でも、それは、錯覚です!

乳頭の間に細菌が潜んでいるので、時間の経過とともに倍々に増えます。

その結果、舌は真っ白に!

あなたも舌を磨いたばかりに、舌苔が悪化したことはありませんか?

舌苔ができると口臭がひどくなる

舌が白くなり苔ができると口臭がひどくなります。舌苔ができるリスクは、口の中を見られるのが恥ずかしいこと、そしてもう一つは、口臭がすることです。私の所へは、舌苔による口臭の相談が後を絶ちません。

ところで、どうして舌苔ができると口臭が発生するのかご存知ですか?

舌苔は、乳頭などからはがれた細胞の死がいと汚れに、細菌が繁殖し固まったものです。細菌はタンパク質をエサとして分解します。このときに、発生する腐敗ガスが口臭です。

だから、舌が白くなると口臭もでるようになるのですね。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌苔を取る方法

①乳頭の間に潜んでいる細菌を取り除くこと。
②乳頭の間の細菌の繁殖を抑制する。

白い舌を治す方法は、上の方法以外にありません。

健康な人の口のなかでは、唾液がこの役割を果たしています。

ところが、

加齢やストレス、神経的なものが原因で唾液の分泌量が減少すると、乳頭間の細菌の繁殖をコントロールできなくなります。

だから、常に舌が白くなっているのです。

今までのことを読んで、唾液の分泌量が少ないからとあきらめてはいませんか?

ドライマウスで舌が白くてもあきらめることはありません!

ドライマウスである場合の秘密兵器があります。口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水です。

唾液が、細菌を抑制できる理由は、弱アルカリ性だからです。細菌は、アルカリに弱いという性質だからです。

じゃあ。美息美人のような強アルカリなら、とんでもなく細菌に強いのでは?

YES!

だから、強アルカリの口臭予防歯磨き粉「美息美人」が、白い舌でもピンク色に変えることができるのです。

もし、あなたも白い舌に悩んでいて、ピンク色にしたいのなら、美息美人(びいきびじん)をお試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する