舌が白くなるのは冬より夏?

日本全国、30℃を超える真夏日が続いていますが、最近、特に舌が白くなったと感じていませんか?

もし、いつもより舌が白いと感じているようでしたら、それは、夏特有の舌苔かもしれません。

どうして?夏になると、舌が白くなりやすいと思いますか?

その理由はこれ!

↓ ↓

暑くなると、冷たい飲み物を飲む機会が増えてしまいます。仕事を終えると、冷たいビールがまた格別ですよね。
飲酒のときには、お酒のあてに自然と食事の量も増えます。

そして、お酒に酔ってしまうと、ついつい暴飲暴食。
翌朝になると、二日酔いでお腹をこわしてしまい、胃腸薬を飲むことになったりします。

いけないと思いながらも、夏はこのような繰り返しになりがち。

しかし!冷たい飲み物を飲むと、胃腸が弱ってしまいます。すると、免疫機能も低下します!

これだけでも、唾液の分泌が減り、重要な唾液の免疫まで下げることになります。だから、暴飲暴食の翌朝は、舌が白い!

舌が白くなる理由はこれだけではありません。
胃腸薬にも舌が白くなる原因があったのです。

胃腸薬には、抗コリン作用のある成分が含まれています。
抗コリン作用成分とは、胃酸の分泌を抑えるとか、胃腸の緊張を和らげたり、痛みを軽くしたりと副交感神経の働きを抑える働きをしています。

胃腸薬の成分には、唾液の分泌を抑える働きもあるために喉が渇く副作用があるのです。

ですから、冷たい飲み物を多量摂取して胃腸が弱っただけでも、舌が白くなってしまうのに、胃腸薬を飲んだら、舌苔が加速して増えていくのです。これが、夏特有の舌が白くなる原因だったのです。

暑いと、口が乾くものです。だからといって、過剰に冷たい飲料水を飲むのは、考えものですね。
でも、暑いと舌がカラカラに乾きます。舌を乾かないようにすることも大事ですので、そんな時には、水を少しずつ口に含み、飲むことです。

水を少し口に含むと唾液分泌腺を刺激します。そして、水を飲み込むと口中細菌を胃に洗い流すこともできます。
まさに、一石二鳥です。

舌の乾きにはとにかく、水が一番いいです。間違っても炭酸飲料やアイスコーヒーは良くありません。
今から、本格的に暑い夏に突入します。舌が白くならないように気をつけてくださいね。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

↓ ↓ ↓ クリック!

 


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する