口臭を治せない3つの理由

あなたが口臭を治せないのは、治らない原因がある

これまでずっと悩み続け、いろんな努力をしたのに、決して口臭が治らなかったのは理由があります。

その理由は、大きく分けると3つあります。
その理由とは…

1、口臭に関する誤った知識
2、間違いだらけの努力
3、精神的な障害

この3つが口臭が治らなかった大きな理由です。そして、今まであなたが口臭を治せなかったのは、このうちのいくつかが含まれています。

今回の記事は、口臭が治らない理由と正しい方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭に関する間違った知識

なぜか、口臭を治そうとする時、ほとんどの人はこのように考えてしまいます。

「口臭というのはニオイだから、ニオイを消せば良い。」

その考えから出てくる答えは、必ずガムや口臭スプレーなどで、ニオイをごまかすというものではないでしょうか?詳しくはこちら『ガムやタブレットでは口臭は消せない?マスキング効果に疑問?』をご参考にしてください。

消臭剤

これらガムや歯磨き粉、マウスウォッシュには香料が含まれていて、それで臭いを消そうとします。でも、本当に香料で臭いを消せるでしょうか?

香料は、マスキングといって「香料で臭いをごまかす」ために入れているのです。

これって、トイレの消臭スプレーと同じ発想です。
用を足したあとに水を流し、ニオイの元である○んこを流したあとで消臭スプレーを使うから効果が発揮できます。

でも、用を足し終えても、○んこをそのままにしていたら、いくら消臭スプレーを噴射しても、ニオイは決して消えません。

これは、当然のことですが、ニオイの元(○んこ)がある限り、ニオイを消すことは不可能に近くなります。
逆に○んこに消臭スプレーをすれば、臭いが混じり余計に嫌なニオイになるかもしれません。

同じことが、口臭でもいえますよね。どぶ臭い息をしている人がガムを噛んでいる所を想像してください。

ニオイの元を無視して、口臭を消そうとしても無理があります。

口臭を作っているのは細菌なので、根本原因である細菌が増えないようにコントロールする必要があるのです。

間違いだらけの口臭対策

ニオイの元といえば、最近はテレビCMなどで歯周病が問題とされています。
ですから、歯周病さえ治せば、口臭が治ってしまうような誤解をされている人がおられます。

歯石除去

歯周病を治すために歯科にかかります。歯周病が治れば、口臭も治ると思うかもしれません。確かに、歯周病治療をして完治したときには、口臭もなくなります。

でも、歯周病が治っても、このような患者さんのほとんどのケースでは、また、歯周病や炎症が起きます。

なぜだと思いますか?

それは、歯周病になる人の生活習慣に問題があるからです。

ポテトチップスを食べる女

口に残りやすい食物や酸性のものをよく食べる、また、だらだらと食べるなどの食生活習慣があると、歯垢が出来やすくなります。

もちろん、喫煙やアルコール、寝不足、ストレスなど、健康的でない生活習慣をしていると、免疫機能も弱まるため歯周病が進行しやすくなります。

たばこを吸う

では、生活習慣に問題がある人の場合、どうすればいいのでしょう?

生活習慣を改めればいいのですが、生活習慣はそんなに簡単には変えれらないものです。

でも、それ以上に良くないのは、「歯磨きが上手にできていない」ことです!歯磨きが上手にできていれば、細菌(歯垢)をコントロールできるので、虫歯にも歯周病にも口臭にもならない。詳しくはこちら『朝起きたときに口が臭い!口が臭くなる原因は寝る前の歯磨き不足かも?』をご参考にしてください。

ほかに、いい方法がないのでしょうか?

あります!

それは、毎日のハミガキで歯垢を除去することです。
今申し上げたように、口臭の元は、歯垢です。

歯磨きする女性

歯垢というのは、細菌が集まってできたネバネバです。
これが、悪臭を発生しているのです。

ですから、この悪臭の元である歯垢を除去することを、1番にしないといけないことです。
これが出来ていないと、いつまでたっても口臭は治せないということを理解してくださいね。

そのための手っ取り早い方法として、私からお勧めするのがこの方法です。

歯のクリーニング

定期的に歯科に行き歯垢を除去してもらい、歯をクリーニングする。
これで、一応、ニオイの元は取れます。

そして、その後が重要です。
それは、毎日の口腔ケアです。正しくていねいに口腔ケアを行うことが大事です。いい加減では口腔環境が悪くなります。

ですから、口臭予防歯磨き剤『美息美人』をおすすめします。美息美人を使い歯をブラッシングする。

鏡の前で歯磨き
次に、舌をケアする。これだけのことです。

これだけのことを実行することで、ニオイは健康な人の正常値になれます。

精神的な障害が口臭を悪化させる

口臭が中々治らない理由に、精神的障害があります。「何だそれっ?」と思うかもしれませんね。

口臭がおきるのは細菌が原因だとお伝えしました。そして、その細菌が増えないように歯磨きケアが大事だとも。

しかし、それだけでは細菌が増えないようにできません。じつは、細菌をコントロールしているのは、唾液です。唾液を出せば常に清潔な口腔を保つことができます。

ところが、唾液は意識的に出せるものではありません。自律神経が意識とは関係なく働くからです。この自律神経に悪影響をあたえているのが、不安、恐怖というストレスです。このほか、口腔内が汚れていると環境ストレスで唾液が出ないこともあります。

唾液を出すことができれば、口臭がしなくなります。本当です。赤ん坊の息が臭くないのは、よだれが多く出ているからです。

赤ん坊とおなじようにきれいな息にするには、自律神経を整え副交感神経を活発にすることです。副交感神経を働かせるには、笑うなどリラックスすることが大事です。詳しくはこちら『自律神経失調症と口臭の意外な関係』をご参考にしてください。

ところが、口臭で悩まれる人たちの中には、自臭症と呼ばれる症状の方がおられます。自臭症とは、実際に臭っている以上に自身のニオイに過敏になっている症状です。

自臭症で多いのは、家族や周りの人に臭ってもらって、「臭くないよ。」と、言ってもらえても安心できなく疑ってしまうタイプです。自臭症かもと心配な場合は、こちらの記事『本当に口が臭いのに自臭症と診断された!口臭がする原因と対策』をご参考にしてください。

不安などストレスが強い場合は、精神的治療もできる口臭専門医にかかることをお勧めします。

まとめ

口臭はほんとうに厄介です。人によって原因も様々で、口臭が発生する原因はこの他にもあります。

  • 虫歯による臭い
  • 銀歯など被せものの中からの口臭
  • 差し歯からの臭い
  • 歯周炎による口臭
  • ブリッジからの口臭
  • 唾液の減少
  • いびきをかき舌や喉が乾燥する
  • 後鼻漏
  • 臭い玉(膿栓)
  • 喉の粘液(膿汁)、痰
  • 喉の疾患
  • 逆流性食道炎
  • 内科疾患
  • ストレス

など、詳しくは『日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?』をご参考にしてください。

口臭が治らない理由が分かったのではないでしょうか。口臭を治すには、正しい知識を学ぶことが大事です。そして、正しいケアを行う。でも、それだけではまだ十分ではありません。精神的にも健康になることが重要なのです。身体は脳と一体になっているのですから当然のことかもしれませんね。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する