アメリカ人は口臭が少ない?

欧米人から見ると、日本人の息は臭いそうです。
悔しいことですが、でも口臭エチケットにうるさい欧米人は平均的に口臭がありません。
もし、あなたも欧米人のように口臭をなくしたいのなら、この記事をお読みください。アメリカ人のエチケット方法とそれに勝る方法をお伝えします。

日本人は世界で一番口臭が強い

日本地図

日本人は世界でも口臭が強いそうです。本当でしょうか?

2015年10月、かなりショックな調査結果が発表されました。歯ぐきの健康を推進する団体「オーラルプロテクトコンソーシアム」が、在日外国人100人に対して「日本人の口臭にガッカリした経験はあるか」聞いてみたところ、なんと72%が「はい」と答えたのです。
出典:東京バーゲンマニア

口臭の専門家もこのように発表していました。

とりわけアジア人でも日本人は臭いらしいです。日本人同士のときは気がつきませんが。今、色々と口臭を治療し研究する立場になって初めて、彼らの言うことが理解できます。
出典:ほんだ歯科HP

これを見ただけで、信じるのは早合点かもしれません。次の記事も読んでみてください。全く逆の意見です。詳しくは『口が臭くなる人、ならない人、その違いは?』をご参考にしてください。

こんにちは。アメリカからです。
口臭のある人は沢山いますよ~
やはり同じ人間ですから、同じような原因で口臭があるのだと
思います。 先日行った歯医者さんのアシスタントの人が、
結構すごかったです。 多分、仕事のストレスと水分不足だと
思うのですが。
出典:YAHOO!知恵袋

日本とアメリカのエチケット文化の違い

キス

ところで、挨拶でキスをするアメリカ人の息を嗅いだことがありますか?

もしや、アメリカ人は、チーズやバター、肉類などを摂取するため、体臭が強いし口臭も強いと思っていませんか?

確かに、乳製品や肉食中心の食事だと体臭も口臭も強くなりそうです。
でも、欧米では昔から、キスやハグであいさつする習慣があるので、ニオイには特に敏感な民族性があるようです。

口が臭かったら、挨拶も満足にできませんよね。

日本人のように、「三歩下がって師の影を踏先ず。」というような人と距離をとってコミュニケーションをする国とは、文化がかなり違います。

コミュニケーションの手段でも、日本人は面と向かって話すよりも、手紙を書くのが好きな民族です。俳句や文学や恋文が好きな民族です。

その習わしが現在も引き継がれ、地下鉄の中でもトイレでも携帯でメールを打っているのが表れでしょうね。もし、映画で、アメリカ人の俳優がメールを打っていたら絵にはならないでしょう。

メールは日本人だからすることで、アメリカ人はそんな面倒なことはしないで電話をかけるのが普通です。映画で外国の俳優が携帯でしゃべっているから、カッコいいのかもしれません。

キスの習慣

kisu

日本人は挨拶でキスやハグの必要はありません。だからでしょうか、アメリカ人よりも自分の体臭や口臭に鈍感なのは。
日本人は、欧米のようにキスする機会が少ないので、エチケットの習慣にも欠けているのでしょうね。

だから、日本人は歯並びが悪い人が多い。欧米では歯並びが悪いと貧乏人か親の教育が悪いと見られるので、中流以上の人では歯並びが悪いと必ずと言っていいほど矯正するようです。それに比べて日本人は、お金持ちでも歯並びが悪い人が多くいます。

これは、文化の違いかもしれません。

もし私たち日本人が、アメリカ人のように、朝から家族や友人知人と顔をくっつけてキスしていたら…

毎回、子供から「お父さん臭い~」、妻からも、「臭い!」友人、知人からも、変な顔をされるかもしれません。

アメリカ人はエチケットに気を遣う

hamigaki

こんなことにならないように、アメリカ人は体臭や口臭にすごく気を使うようです。日本人の歯みがきにかける時間が、1~2分に対して、アメリカ人はふつうに1回の歯みがき時間に5分以上はかけるようです。

それも、1本1本の歯にフロスや歯間ブラシを使ってです。アメリカ人はそれだけ、エチケットに厳しいようです。信じられないかもしれませんが、それが社会のマナーだということも子供の頃から徹底されているのです。

それとは別に、アメリカでは歯みがきなどの歯科予防に力を入れている理由があります。それは、アメリカは日本のように、虫歯治療を健康保険でできない国だからです。

虫歯になると、自費治療になるのでとんでもない出費になるのです。経済的に裕福でないと、虫歯になっても治せないこともあるのです。

そうならないように、歯みがきなどの予防歯科に力を注いでいるのが事実です。結果的にそれが口臭予防にもなっているのです。

詳しくは『一生、「虫歯」の治療をすることに、うんざり?』をご参考にしてください。

白い歯へのこだわり

%e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

白色人種の欧米人は、元々、歯の色も白い。そして、黄色人種の日本人は、どちらかというと歯の色が黄色っぽいのです。

アメリカ人は、日本人に比べて近距離で会話をするので歯の色も気になるのかもしれません。ホワイトニングの意識が高い。

今でこそ、日本でもホワイトニングが流行し、ドラッグストアでも沢山ホワイトニング用の歯磨き粉が陳列していますが、アメリカではずっと以前からありました。

最近になってテレビでも紹介されていましたが、テープのようなもので漂白したり、消しゴムのように歯をこすって白くする物なども、はるか前からアメリカにはあったのです。(これが良いか悪いかといえば別です。)

アメリカ人は、ホワイトニングの意識が高いということを分かって欲しかっただけです。

アメリカ人が行っている口臭予防の方法とは

では、もう一つの疑問。

アメリカ人は、どのようにして口臭を予防しているのか?

不思議だと思いませんか?日本人も歯みがきをしているのに、アメリカ人からは、日本人の息は臭い。と言われているのですから。

アメリカ人の口臭予防の方法は…

歯磨き

一に、時間をかけた丁寧な歯みがき方法

二に、強力な洗口剤の使用

三に、常にガムを噛む

アメリカ人だけではなく欧米では、洗口剤の基準が甘く、かなり強力なものを使っているようです。だから、口臭も予防できているそうです。

日本人は健康意識が強いのですが、欧米人は健康よりも「口臭予防」を優先します。その結果、「口臭が予防できれば、多少、健康の害があっても。」と考えるのかもしれません。

これらが良いとか悪いとか議論しませんが、キス習慣のある国では、それ程エチケットに気をつけているということです。だから、歯磨き粉などケアにはお金をかけるようです。歯磨き粉の選び方については『歯医者さんがおすすめする歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

欧米並みに口臭をなくすためには

発声法

これから、もっともっと国際化が進むのですから、日本人も、エチケットとして口臭予防に力を注ぐ必要があります。そうしないと、いつまでたっても外国人から「日本人は息が臭い!」といわれるかもしれません。

それに、口臭をなくせば、周囲を気にする必要もなくなり、生きることが楽になります。それは、私自身が一番経験したことです。

口臭を限りなく無くすには…

  1. 子供の時から、口腔ケアを徹底して教育する
  2. 口臭予防に関する知識を学ぶ
  3. 短期間に歯科検診を受けて予防をする
  4. 香料などでごまかすのではなく、丁寧な歯みがきケアを心がける

だから、口臭予防をするために、私は自信をもって口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をおすすめしています。

単に口臭が予防できるからというのではなく、完全無添加の歯磨き粉なので身体に安全だからです。どれだけ口臭が消せたとしても、健康によくなければ、本末転倒といえます。

そんなことのないように…口臭予防歯磨き粉「美息美人」をお使いください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する