睡眠中の口呼吸が口臭の原因になる!口呼吸の原因と対策

口呼吸している人が6割→口呼吸が口臭の原因・対策は…

口呼吸

口呼吸なんて私には無関係だと思っていませんか?

ある調査では、日本人の6割が口呼吸だとの報告があります。それに、口呼吸をしていると口臭が起きるっていうことを知っていましたか?

もしかしたら、あなたの口臭の原因となっているのが口呼吸によるものかもしれないのです。でも、自身が口呼吸をしているかどうか気づいていないことが多いのです。

日本人の2人に1人以上が口呼吸というのですから、2人いればどちらかが口呼吸をしているのです。それに、日中は鼻呼吸をしていても、睡眠に入るといびきをかいているかもしれません。

いびきをかいていることは自覚してないことが多いものです。家族に「昨晩いびきがうるさかった!」といわれて初めて知ることも。

ですから、たとえ口呼吸が原因で口臭を起こしていても分からないので、口臭も改善できないなんてことも。

今回の記事では、「口呼吸を調べる方法と、口呼吸の原因と対策」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口呼吸が口臭原因となる理由

口呼吸をしていると口臭を発生することになりやすいです。

どうしてかというと…口呼吸をしていると、口や喉(のど)が乾きます。
これが問題なわけです。

口内の細菌がタンパク成分を分解する過程で口臭をつくるのですが、この細菌は嫌気性細菌といって、酸素があると生きられません。

「じゃあ、口呼吸の方が細菌をやっつけるには良いのでは?」と、考えてしまいそうですが、細菌の多くは唾液中に存在しています。ですから、唾液中に酸素が多いと生きられなくなりますが、唾液中の酸素が少なくなると活発になるのです。

唾液が沢山出ているとサラサラ唾液になります。この状態は酸素も多量に含まれているため細菌も繁殖しにくくなります。反対に唾液が出ないとネバネバした唾液に。水分が少ない粘ついた唾液の中には細菌もいっぱいあるのです。だから、粘ついた唾液は臭い!

また、細菌は口の中を飛び回っているわけではなく、歯周ポケットの中に溜まっている膿や扁桃(へんとう)から分泌される粘液の中に混じっているので、口から空気(酸素)を取り入れても無意味なのです。

そのため、呼吸で入ってきた空気(酸素)では、細菌に影響を与えることはできません。

細菌に影響を与える酸素は、唾液に含まれています。だから、唾液が多量に出ていると、細菌が増えることがないので、口臭も少なくきれいな息になります。

ところが、ストレスがたまり、唾液の分泌が少ないと、ネバネバした酸素の少ない唾液になるために、口臭を作る嫌気性細菌をやっつけることができません。

舌の細菌が増えると、舌苔(ぜったい)ができて舌が真白くなります。舌苔については『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

それだけではありません。

喉の細菌も増えるので、膿栓が出来たり、臭い粘液が口に流れ込み、口が苦くなり、口臭が強くなります!

一般的には、このように唾液が出ないことが影響して口臭を発生することになるのですが、たとえ唾液が出ていても、口呼吸をしていたら、どうなるでしょう?

絶えず口呼吸をしていたら、唾液の水分が蒸発し酸素不足に。すると、嫌気性細菌が一変に増殖ということになるのです。

これが、口呼吸をしていたら口臭を起こすという理由です。

口呼吸か鼻呼吸かを調べる方法

口呼吸が口臭を引き起こすということが理解できたと思います。でもご自身は口呼吸なのか鼻呼吸なのかご存じですか?

口呼吸は自覚していないことが多いのです。私がそうでした。

たとえば、睡眠中にイビキをかく人は、口呼吸をしているからなのですが、本人は、寝ているために、イビキをかいていることも知らなければ、口呼吸だということも知りません。

私も家族から指摘されて、はじめて分かったほどです。

人によっては、イビキをしていないのだけれど、普段から口呼吸をしていることがあります。自分では鼻呼吸だと思っていても、口呼吸の人って案外多いようなのです。それは、たとえ口呼吸だからといって、生活に支障はないからでしょうね。

ですから、口呼吸は、他人に指摘されなければ、分からないかもしれません。でも、口臭を改善するためには知っておくことは大事です。

それでは、口呼吸かどうかを調べる方法をお伝えします。

口呼吸の判断方法

1、意識をしていないときに口が半開きになる。
2、唇が渇きやすい。
3、朝起きたときに、喉がカラカラに乾いている。
4、食事のときに、くちゃくちゃと音をたてて食べる。
5、歯並びが悪い、前歯が出ている。
6、片方の歯で噛む癖。
7、イビキ
8、口がへの字になっている。
9、受け口。

これらのことがあると、口呼吸であるかもしれません。

でも、もっと、はっきりと分かる方法があります。それは、ウォーキングです。意識的に鼻呼吸をしながら早歩きをしてみてください。

ふだん、鼻呼吸に慣れていないと、すぐに口が開いてきます。そして、口呼吸をしてしまいます。このことで、口呼吸かどうか判断できます。

口呼吸が心配な場合は、是非、試してみてください。

この方法で、鼻呼吸から口呼吸に変わる速さが顕著であれば、ふだんも口呼吸である可能性が高いです。

睡眠中に口呼吸になる原因

日中は鼻呼吸でも、睡眠中には口呼吸になっていることがあります。ですから、ご本人は口呼吸を自覚していないことが多いのです。

ところで、口呼吸になる原因ですが、

  1. 鼻がつまり口呼吸になる
    アレルギー性鼻炎などで鼻水がでたり、鼻がつまると、鼻呼吸ができなくなりますそのため、無意識に口呼吸になっていることがあります。
  2. 口輪筋の筋力低下で口呼吸になる
    口唇の周りの筋肉(口輪筋)が口の開閉に影響しているのですが、口輪筋が低下すると、睡眠にはいると力が抜け口が開いてしまいます。そのことで口呼吸になることもあります。
  3. 低位舌による口呼吸
    低位舌というのは、舌筋がおとろえて舌が気管をふさぐ症状をいいます。気管がふさがれるため、自然と口呼吸になります。また、低位舌になると、舌に歯型がつくのですぐに見分けることができます。詳しくは『歯型がついた舌と口臭の関係』をご参考にしてください。

口呼吸の予防と改善

口呼吸になると、口腔や喉が乾燥し細菌が増えます。そのことで、膿栓や舌苔もできるので、口臭が強くなります。また、口呼吸は歯周病や虫歯になるリスクも高いです。

他にも、雑菌やウイルスも増えるので風邪などにもかかりやすいです。ですから、口呼吸を改善することが重要です。

口呼吸をしているかどうかが分かれば、口臭を改善するために「鼻呼吸に変える」トレーニングすることをお勧めします。詳しくは『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

でも、鼻呼吸のトレーニングをしても、私のように毎日イビキをかく場合には、直る可能性は、かなり低いかもしれません。

イビキなどで睡眠中に口呼吸をしていると、膿栓が出来たり、舌が白くなりやすく、その結果、口臭も強くなります。

それなのに…このようなリスクを抱えている私が、きれいな息を維持出来ているのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のお陰かもしれません。イビキで口臭になっている場合は、『イビキが口臭に影響?』もご参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
口呼吸で舌が白くなっている場合には、こちらが参考になります。
⇒ 舌が白い人がやると良い方法
口呼吸(いびき)で、朝起きた時に喉や口が乾き、口が苦いと困っている場合には、こちらをご覧ください
⇒ 口の中が苦い!病気?

口呼吸をしていると、口や喉が乾燥するために、舌苔や膿栓が出来やすくなります。ですから、いろんな歯磨き粉を使い口臭予防を行っても改善できなかったのかもしれません。本当の口臭原因を探り適切な対策を行うことが重要なのです。
 ⇒ 口臭原因、第3位 のど 第2位 歯周病 第1位は…

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する