病院で舌苔は治せる?舌苔(ぜったい)の基本的な治療法!

舌苔(ぜったい)の治療法…YAHOO!ヘルスケアと家庭医学館

もし、舌苔(ぜったい)ができて、一日も早くきれいにしたいとお悩みでしたら、

今回の記事「舌苔(ぜったい)の基本的な治療法」は、お役に立てると思います。

ぜひ、ご参考にしてください。

家庭医学館の解説より

舌苔(ぜったい)の基本的な治療は、口の中の清潔を保つことです。

細菌が感染している場合には、消毒効果のある含嗽剤(がんそうざい:うがい薬)でうがいをし、真菌が感染している場合には、抗真菌薬を含んだ含嗽剤(がんそうざい:うがい薬)を加えることもあります。

また、薬剤が舌苔(ぜったい)の原因と考えられる場合には、その薬剤の使用を中止します。

ちなみに

YAHOO!ヘルスケアによると、 

舌苔(ぜったい)の治療方法について

治療は、原因疾患があれば治療しますが、舌苔(ぜったい)自体は治療の必要はありません。

(ぜったい)をへらなどを使ってこすり取るようなことは、粘膜を傷つけることになり、他の病気につながってしまいます。

規則正しい生活をすることと舌をしっかり使うこと(十分な咀嚼そしゃくと会話)、新鮮な唾液の分泌を図ることが大切です。

介護が必要な老人など自分で歯みがきができない場合は、舌の表面の汚れを軽くとってあげます。

以上が、舌苔(ぜったい)の正しい治療方法です!

発表されていることをまとめると、

舌苔(ぜったい)が出来る原因は、唾液の減少!
唾液が減ると舌苔(ぜったい)が出来る。

だから、

規則正しい生活をして胃腸の調子を整え、食事は良く噛んで、良くしゃべることが唾液の分泌を促すので大事だというわけです。

舌苔(ぜったい)の治療基本は、うがい!
 

家庭医学館の解説では、

積極的な舌苔(ぜったい)の治療法として、うがい薬によるうがいを勧めていました。

さらに、

真菌が原因の舌苔(ぜったい)の場合には、抗真菌剤を口に含むケースもある。と、説明されています。

ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でうがいすると舌がきれいになるのですね。
 

舌苔(ぜったい)を形成する細菌や真菌は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の強アルカリイオン水が、大の苦手です。

元々、口中の細菌や真菌は、PH7付近の中性でないと生きられません。

「舌苔(ぜったい)がひどい場合には、歯磨きだけでなく小まめにうがいをしてください。」

このように、美息美人のアルカリイオン水でのうがいをおすすめしているのは、こういう理由からなのです。

もう一つ付け加えると、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、医薬品ではないから、毎日でも安心してうがいに使用できます。

舌磨きはだめ!

YAHOO!ヘルスケアでも言っています。

舌苔(ぜったい)を無理に取ると、舌粘膜を傷つけるので良くない。

もし、舌ブラシなどで舌磨きをしているために、慢性的に舌が白くなってしまっている場合には、今すぐ、舌磨きを止めてください!

舌苔(ぜったい)を取ると口臭も減少します。

だから、舌苔(ぜったい)を取ることは大事なこと。
しかし、過剰に舌磨きをするのは良くありません。
そのためにも、

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で、朝晩の歯磨きと小まめにうがいすることをオススメします。

アルカリイオン水によって、徐々に舌がきれいになります。

まとめ

舌苔ができると、舌磨きで舌の苔をはがそうとする人もおられます。しかし、無理に舌を磨くと舌の粘膜を傷つけ、かえって舌苔が厚くなり口臭も強くなることがあります。

そのため、お医者さんで舌苔の治療をしてほしいと思うかもしれませんが、舌苔の治療をしてくれる所は、ほとんどありません。歯科、耳鼻科、内科をまわっても、舌苔の治療を受けられないのが一般的です。

歯科で器械を使い舌を洗浄してくれる所がありますが、きれいになっても一時的で、ドライマウスなど根本的なことが改善されていないと、すぐに舌は白くなります。

ですから、舌をきれいにするために最も重要なことは、舌苔ができる根本的な問題を改善し、口腔全体の環境を清潔にすることです。そのために美息美人を使ってみてはいかがでしょう。

舌苔の原因については『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する