超カンタン!口臭の判断ポイントは「舌が白いかどうかだけ…」

カンタンに口臭がしているかどうかを判断する方法

「口臭がしているのかどうか分からないけれど、周囲の反応を見ると口臭があると分かります。」「私が話すと手で鼻を押さえるので臭いのだと思います。」と、いわれる方がおられます。

でも、それって本当にその人が口臭を発しているからでしょうか?もしかしたら、違うかもしれません。その証拠に口臭外来で口臭チェックを受けたら、「臭ってなかった。」ということがよくあるからです。

「もしかしたら、口臭がしているのでは?」と気になりだすと、他人のどんな動作でも自分のことに受け取ってしまうことがあります。そのようなことにならないように、もっと、簡単に口臭がしているかどうかをチェックする方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

他人の動作で口臭を判断してませんか?

口臭の厄介なところは、自分自身では口臭がしているかどうかが分からないことにあります。ですから、周囲の反応で口臭を判断することが多いのかもしれません。

私も口臭症になり困っていたときには、周囲の反応で自分が口臭を発しているかどうかを判断していたことがあります。

私の場合には、仕事で相手と向かい合って話すときに、向かい側の人の手が、鼻を押さえる仕草が、「臭っているぞ。」という合図に聞こえました。

また、仕事の車に同乗して話をすると、咳をする人や鼻をすする人もおられました。
その仕草が、私には、「くさいが、これは何の臭いだ。」という合図に聞こえたものです。

人によっては、他にもいろんな合図で自分の口臭がしていることを察知されるのでしょうね。

あなたの場合は、何をもって自分の口臭があることを判断されているのでしょうか?もしかしたら、次のような周囲の反応で口臭がしているかどうかを判断していませんか?

周囲の反応で口臭を判断している方法

  • 自分が話すと手で鼻を押さえる
  • 誰かが咳払いをする
  • 同じ部屋にある人がくしゃみをする
  • 他人が鼻をすする
  • 周囲の人がコソコソと話をする。こちらに視線が向いている。

このような方法で、口臭を判断しても当たってないことのほうが多いかもしれません。というのは、べつに口臭がしていなくても、このような行動をすることって結構あるからです。

舌を見て口臭がしているかどうかを判断する

周囲の反応はあまり当てにはならないことが多いので、これらだけを判断材料にしていたらストレスが溜まるだけです。そのようなことにならないように、もっと科学的に証拠のある方法をご紹介します。

「口臭がしているかどうか分からないけれど心配です。」という人が多くおられます。その方により良いアドバイスをしてあげるために、お口や舌の状態をお聞きすると…やっぱりだ! 舌が白い!

日本歯科医師会のサイトを拝見すると、口臭の6割以上が、舌苔(ぜったい)から発生するとあります。この6割以上という数字は、かなりの確率です。

口臭がしていれば、2人に1人よりも多くが舌苔(ぜったい)が出来ているというのです。ですから、舌が白くなっていれば、口臭を発している!という考えが正しいのです。

詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌の臭いを嗅ぐ方法

ですが、勘違いしないでほしいのですが、ただ舌が白くなっているだけで、口臭がしているというのは早合点になるかも。というのは、健康な状態でも舌の色は薄らと白い膜が張っている状態ですし、舌の奥は少し苔が着いた状態だからです。

口臭がしている舌の状態はこれよりも白く苔が着いています。誰が見ても「白い」という感じです。この白い舌であると要注意です。

舌が白くなっていたら、指で舌に触れ嗅いでみてください。

この時、ただ唾液のニオイがしていれば問題ないのですが、口臭がしている場合は、下水臭や腐敗臭などの異臭を感じます。

そのような悪臭を感じたら、ほぼ間違いなく口臭がしていると思ってもいいのではないでしょうか。舌の上には唾液や汚れがたまりますが、それらが細菌によって腐敗すると舌苔ができます。

そして、会話などをするときに緊張で舌が乾くことがあります。すると、唾液が蒸発し悪臭が発生します。これが口臭になり、呼吸や会話のたびに周囲にニオイをまき散らすことになるかもしれません。

まとめ

これからは、周囲の反応で口臭があるかどうかを決めるのではなく、毎日、舌が白くなっているかどうかで、「口臭がしているかも?」と判断される方が良いです。そして、それでも不安な場合は、実際に舌を触ってみて自分の鼻で嗅いでみると良いです。それで口臭がしているかどうかがはっきりし安心?できることでしょう。

口臭がしているかどうかが分かれば、前向きに対処ができるようになります。たとえ、舌苔(ぜったい)ができて舌が白くなっていても、毎日ケアすることで舌もきれいになります。当然、舌がきれいになると、結果として口臭も改善されます。

口臭で悩むだけではなく、改善するために前向きに努力できることが大事です。ですから、口臭が気になる場合には、鏡で舌を観察してみてはいかがでしょう?

そして、舌のケアには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水がおすすめです。詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する