自臭症では?歯医者で臭わないと言われる理由と克服方法

思春期の子供

歯科医院でも分からない口臭があります

今までに口臭が気になり、家族に相談したり、歯医者さんに相談した経験がありませんか?

でも、家族からは、「気になるほどではないよ。」と言われ。歯医者さんからも「これぐらい、誰でも臭うものですよ。」と言われたことはありませんか?

このような体験をすると、もしかしたら自臭症ではないだろうかと思うかもしれませんよね。

しかし、このようなケースの多くは自臭症ではないことが分かりました。口臭はじつに厄介で、その時によって口臭が発生する時もあれば、発生しない時もあるのです。いつも口臭がしているわけではないからややこしいのです。

今回の記事では、「自臭症ではないだろうか?」という不安を取り除いていただくために、自臭症の事実と克服方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

自臭症の不安事例

憂鬱な女性

口臭が気になり、簡易口臭チェッカーを購入して測ったら口臭レベルは1。高いときでもレベル2。でも、人と話すと、必ず相手の人の手が鼻に。。。(口臭がしているに違いない。)

簡易口臭チェッカーで測っても信じられない。口臭外来で、直接、歯医者さんが鼻を私の口に近づけて確かめても、「これくらいであれば、生理的口臭なので誰でもある臭いです。」

念のために、口臭測定器で測ってもらっても、標準値。

ガックリする女性

口臭外来から帰り、人と会話をしていると、相手の人が手で鼻を押さえる仕草をする。歯医者さんは大丈夫だといったけれど…やっぱり、臭っているに違いない。

自分でも、たまに鼻にぷ~んと口臭を感じるときがあるので、臭っていると思います。いったい私の口臭は、何が原因なのでしょうか?これって自臭症ですか?

私のところにご相談のあった実際の例です。このようなケースは稀だと思いますか?じつは、とても多いのです。そして、このような「自臭症」で困っていた多くの人達は自臭症を克服されています。それは、どうしてだと思いますか?

その理由は、自臭症でもなんでもなく本当に口臭がしていたからです。証拠として、お客様の声をご覧ください。

あなたの自臭症も解決できるかもしれませんので、ぜひご参考にしてください。

その時々で口臭が発生したり発生しない理由

臭い臭いと鼻をつまむ女

自臭症で悩む多くの原因は、その時々で口臭がしたり、しないからにあります。その理由はこういうことです。

口臭はガス(空気)だからです。口臭を嗅覚で感じるには、気化したガスの状態でないと無理です。

当然ですよね。液体であれば臭いを感じることができません。水の中にどれだけ臭いものを入れても、臭い物質が気化しないことには、においを感じることはできないのです。

このことを分かってもらうために、恐縮ですがトイレの話をさせていただきます。

うんこをした男性

トイレの便器に水が溜まっているのは、大便が水の中に入ることでニオイがしないようにしているのです。

「でも、大便をすると臭いですよ。」
それは、大便が水に入るまでの間に、臭気をまき散らしていることと、水に溶けた大便の臭い物質が気化したからです。

もし、水が溜まっていない所で大便をしたら、とんでもなく臭いはずです。一昔前の和式トイレがそうでしたよね。

においは、臭い物質が気化して臭い空気になったから「くさい!」と感じることが出来るのです。

何を言いたいのかというと…口臭の元である臭い物質も、はじめは唾液に溶け込んでいるのです。ですから、この時は臭わない状態です。ところが、緊張などで口が乾くと唾液に溶けている臭い物質が気化して臭気になります。ガスですから当然臭います。

これが、口臭のメカニズムです。

だから、口が充分唾液で湿っているときには、臭わない。でも、口や喉が乾いた状態になると口臭がします。

だから、口臭は厄介なのです。臭うときと臭わないときがあるので、自臭症だと思ってしまうのでしょうね。でも、本人だけではなく周囲の人までが勘違いするので問題がややこしくなってしまうのです。

始めにご紹介した方のように、口臭測定器で測っても、その時に口が湿っていたら口臭レベルも低いでしょうね。ところが、友達と会話する時には、口臭が心配で緊張したかもしれません。緊張すると唾液は減少し口が乾燥するため、口臭が発生したのでしょう。

これで、あなたの疑問が解けたかもしれません。

自臭症を克服するには

おじいちゃんと孫

自臭症の問題は、「口臭がしているかもしれない。」と悩むことにあります。それって、精神的な病じゃあないですか。精神的にうつになっているのなら、精神科の病院で治療を受けることも大切かもしれません。

でも、本当は口臭が出ているのなら、自臭症ではなく「口臭症」です。じつは、口臭は精神的ストレスが大きく影響します。

どのように影響するかというと、一つは免疫力が低下するため口臭菌が増える。もう一つは、ストレスが多いと唾液量が減少する。そのため、口臭が強くなるのです。このことが、仮性自臭症の問題なのです。

ですから、口臭をなくすには仮性自臭症を克服しないといけません。そのために、自分は自臭症ではなく、「口臭症」だと自覚する。そして、ストレスを減らすことが大事なのです。

口臭症を克服するには

口内の細菌

しかし、本当に口臭をなくすためには、もっと重要なことを知る必要があります。それは、先ほどからお話ししている口臭菌を作らないようにすることです。

口臭菌が多い部位

◎歯周ポケットの中の歯周病菌
◎舌の表面のプラーク(舌苔)
◎喉の膿栓と膿汁
◎粘ついた唾液

これら4つの部位に口臭菌が繁殖して口臭物質を産生します。できた口臭物質は唾液に溶け込む。歯周ポケットの中の液に溶け込む。舌苔中の唾液に溶け込む。膿汁(粘液)が唾液に混じる。

このように口臭の元は隠れています。そして、不安や緊張によって口が乾くと、口臭物質は気化(ガス化)し口臭を感じるのです。

つまり、私が言いたいのは…口臭物質を作っている歯周ポケットの中、舌苔、喉(膿栓・膿汁)を清潔にすることで、口臭は予防できるということです。

これだけ行うだけで、仮性自臭症や口臭症は克服できるのです。このことを知っておいてくださいね。

口臭を予防するには、定期的に歯科検診をうけることが大事ですが、もっと重要なのは、ていねいに歯磨きを行ない口腔をケアすることです。

効果的に口腔ケアを行うには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおススメです。美息美人(びいきびじん)のご購入はこちら↓↓

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する