美息美人(びいきびじん)を使っても舌がきれいにならないのは何故?

手前味噌ですが、美息美人(びいきびじん)を使われてから舌がきれいになられた方が沢山おられます。
しかし、笑顔の裏には喜べないお客さまが1割弱もおられるのも事実です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をやっと見つけられたのに、舌がきれいにならないお客さまがおられます。

どうして多くのお客様が改善しているのに、この方たちは良くならないのでしょう?不思議ではありませんか?

今回の記事では、この疑問についてお答えさせて頂きます。ぜひご参考にしてください。

美息美人(びいきびじん)を使ったのに改善しない

マスクの女性

次にご紹介するのは、「美息美人」のお客さまからのご質問です。

「舌が白くなっていたので、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使っていますが、一向によくなりません。他のお客さんのコメントでは、良くなってきたというのが多いようですが、私の使い方が間違っていますか?それとも、私の舌が白いのは他の人達と違って、変な病気なのでしょうか?」

こちらの相談者は、自分だけがよくならないために不安になったのだと思います。

それで、ご相談いただいたお客さまに、よくよくお聞きすると…。
やっぱり!

舌磨きで白くなった舌

舌がきれいにならなかったの舌磨きを続けていたからでした。

私がこのブログでも毎回のように、「舌磨きはよくありません。」とお伝えしているのですが、中々、舌磨きをやめられない方が多いようです。

舌が白いと気になるため仕方ないかもしれませんが、それではいつまで経ってもよくなりません。詳しくは、『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法』をご参考にしてください。

hamigakiko

この方の場合は、それだけではなく、それまで使っていた添加物の入った歯磨き粉も併用していたのです。

舌磨きで痛んだ舌の粘膜には、刺激性の添加物はよくありません。傷口をよけいに痛めているようなものです。これでは、治るものも治りません。

※唾液が多量に出る場合には、添加物の含まれる歯磨き粉を使用しても、舌の粘膜にいつまでも沈着しません。唾液がきれいに流すからです。ところが、唾液が少ない人の場合には、いつまでも舌の粘膜に留まるためよくないのです。

この方の場合は、舌磨きと市販の歯磨きを併用していたのですが、それだけではなかったのです。

ドライマウスがひどいのに、日中うがいができない環境だからという理由で、美息美人(びいきびじん)」でうがいをしていませんでした。

「ドライマウス対策のために何かしているのですか?」とお聞きすると、「特に何もしていない。」とのことでした。

舌が白くなる大きな原因は、ご存じのようにドライマウスにあります。ドライマウス症の場合には口腔内が乾燥するため、細菌が増殖し舌苔(ぜったい)ができます。そうならないように、唾液を出すようにすることは大切です。

それが出来ないときには、せめて美息美人(びいきびじん)」でうがいを行なうことなのかもしれません。

舌苔(ぜったい)が改善しない理由

onna

美息美人(びいきびじん)を使っても舌がきれいにならない理由は、この他にもあります。
舌苔(ぜったい)は、理由もなく出来ることはありません。何らかの原因があり舌が白くなります。舌苔(ぜったい)が出来る根本的な原因を知ることで効果的に対策が取れるようになれます。

舌苔(ぜったい)が出来る主な原因

suidousui

  1. 唾液の分泌量が少ない
  2. 口呼吸

唾液が出なくなる原因は、薬の副作用のほか内科疾患などということもありますが、特に多いのはストレスです。

「舌が白くなり口臭がしているのでは?」との不安が唾液が出ない原因になっていることが多いです。

また、口呼吸をしていると、舌が乾くため舌に細菌が増えるので良くありません。だから意識的に鼻呼吸に変えることも大切なのですが、口呼吸を自覚していない人が多いのも事実。

昼間は鼻呼吸をしていても、寝ている時に開口になり、「す~、す~」と口呼吸しているかもしれませんのでご注意ください。

そして、以外に多いのは喫煙の習慣。

タバコを吸う女性

タバコを吸うと口呼吸になるだけではなく、毛細血管を収縮するため免疫力も低下します。それに、舌苔(ぜったい)が出来ていると舌が黄色や茶色になるかもしれません。

舌が白くなる根本的な原因ではないのですが、自ら舌を白くしてしまっているケースがあります。それが、舌磨きです。こちらの『舌苔(ぜったい)を効果的に除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果』もご参考にされると良いですよ。

舌磨きをしてしまう理由

舌磨き

無理もありません。。

舌が白くなっている時には、舌磨きによってその時だけでもきれいになった気がするから。

無理もありません。。

一日も早く治したいから。でも、いくら口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」だからといっても、使ってすぐに白い舌がきれいになることは困難です。

無理もありません。。

外出して人と会う時に、舌が白かったら嫌ですよね。

でも、

白い舌を改善するためには、舌磨きをしてはいけないことです!

その理由について詳しくまとめましたので、ご参考にしてください。この記事を読めば、止めれなかった舌磨きを止めることができるかもしれません。

「でも、舌磨きをしないときれいにならないのでは?」

そんな心配はありません。

舌磨きをしなくても…

正常な舌の色

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でブラッシングとうがいを続ければ、慢性化してしまったような頑固な舌苔(ぜったい)でも改善することが可能です。

これからお伝えする方法は、ドライマウスなどで舌が白くなり困っている人や、先ほどのように「美息美人(びいきびじん)」を使っても一向に良くならない人にアドバイスさせて頂いているものです。

舌が白くなる本当の理由

sitamigaki

  1. 市販の歯磨きやマウスウォッシュを使用したため。刺激性のある合成界面活性剤や発泡剤などが含まれているため舌乳頭を傷つけ角化を早める。
  2. 舌磨きのし過ぎで舌を傷つけるから化膿してしまう。
  3. 過剰に精神的なストレスがかかり、唾液の分泌が減少してしまうから。
  4. ドライマウスで口腔内が乾燥するから。

これらのことがあると、舌が白くなります。そのため、次にご紹介する方法を行ってほしいと思います。

正しい歯磨きと舌磨きの方法

歯肉

次の方法で、喉や口中をきれいにすることで予防ができます。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で朝晩の歯磨きをします。(効果が落ちますので市販の歯磨き粉は使用しないようにしてください。)

ugai

  1. 一日の内に何度もアルカリイオン水で小まめにゴロゴロうがいとブクブクうがいを行います。
  2. 歯磨きを終えた後は、柔らか目の歯ブラシを横に倒して優しく舌をなぜるようにして奥から2回だけ磨きます。
  3. 舌の磨き過ぎは、舌を傷つけ逆効果になりますので注意してください。
  4. 舌は3回以上同じところを磨かないようにしてください。
  5. 舌苔(ぜったい)が厚い場合には、コットン(綿花)にアルカリイオン水を湿らせて軽くふき取ると良いです。(拭きすぎにご注意ください。)

☆そして、小まめに少量の水を飲むようにすることで細菌の増殖を抑えることができ、予防効果が倍増します。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」について詳しくはこちら

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する