タバコの口臭は想像以上に臭い!歯磨きで消えない場合の対処法

タバコを吸う女性

みんながドン引きした喫煙者の口臭を予防する方法

喫煙されている方から「たばこの臭いが気になっています。」と相談されることがあります。

ご本人も煙草の臭いを気にされているのですが、禁煙をすることはできない。そのため困った末のご相談です。

でも、喫煙による口臭は、煙草を吸っているご本人が感じているよりも酷い悪臭です。歯磨きをしたくらいでは、煙草の臭いは消えません。そんなことを知らないため、軽く考えていたのかもしれません。あなたもそうではないですか?

ところが、喫煙者に対して周囲からは。「○○さんは煙草臭い!(迷惑だ。)」と噂されているかもしれないのです。

そのようなことにならないために、今回の記事では、「喫煙による口臭を予防する方法」についてお伝えさせていただきます。是非、ご参考にしてください。

タバコによる口臭は想像以上に臭い

ニコチン・タールがいっぱいの灰皿

タバコの煙には、ニコチン・タールが含まれるので、それだけでも臭います。 吸っている本人は、タバコの臭いに慣れてしまっているために、まさか周囲の人から「タバコ臭い!」と思われているとは信じられないかもしれません。

ところが、現実は迷惑がられている方が多いのです。

喫煙習慣があると、実はニコチン・タールのニオイだけではなく、もっと凄い悪臭になってるってことをご存じですか?

喫煙する人の口臭は、ニコチン・タールのニオイが混じって独特な嫌な臭いですよね。

タバコを吸うと、柿(またはリンゴ)の腐った臭いがします。アセトン臭と言われる臭いです。アセトン臭は、糖尿病や肥満症の人に多い臭いです。

debu

喫煙は歯周病リスクを高める

タバコのニコチン・タールには、歯周病を引き起こすリスクが高いといわれています。タバコを吸うと、口腔内の毛細血管が収縮するために、歯肉炎になりやすいです。

歯肉炎(歯ぐきの腫れ)

歯肉に炎症が起きると、出血や膿(うみ)が出るために、歯周病独特の悪臭を放ちます。この歯周病の悪臭とタバコの臭いが混じるために、よけいに口臭がひどくなるのです

喫煙と歯周病の関係については、日本臨床歯周病学会で次のように発表しています。

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、ひどくなりやすいので、更に治療しても治りにくいことが解っています。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。
出典:日本臨床歯周病学会 歯周病と煙草の関係

このように、タバコを吸っている人は歯周病にかかっている確率が高い。歯周病は、当初痛みが少ないために本人に自覚がないことも多いです。

タバコを長年吸っていると、歯周病菌が発生する臭いメチルメルカプタンというガスが口にこもっているのです。その臭いガスにタバコのヤニの臭いが混じるのですから呼吸をすると臭いはずです。

タバコを吸うと舌苔(ぜったい)ができる

舌溝

喫煙することのリスクはこれだけではありません。喫煙者の舌は白くなりやすい。(舌苔ができやすい。)

タバコを吸っている時のことを思い浮かべてください。かならず口呼吸になります。普段、口呼吸でなくても、タバコを吸っているときには、口呼吸になります。

タバコを吸うと、タールが舌に付着するので、舌苔(ぜったい)ができやすくなります。ご存じのとおり、舌苔(ぜったい)は細菌のかたまりなので口臭の元です。

また、タバコを吸うときには、口呼吸になるため口の中が乾燥しますが、ほとんどの喫煙者はこのことを分かっていないかもしれません。喫煙のたびに口の中が乾燥するため、細菌が増殖しています。

ばい菌のかたまり

喫煙による口呼吸口で喉(のど)が乾燥します。すると、細菌が増殖。その結果、舌に苔ができます。

スポンジのような舌苔(ぜったい)には、ニコチン・タールが着きやすいのです。だから、タバコを吸う人の舌は黄色く(茶色く)変色しています。

そして、舌苔からの悪臭にニコチンとタールの悪臭が混じることに。だから、とんでもない悪臭ができるのです。詳しくは『胃が悪いから舌が白いは嘘だった!』をご参考にしてください。

喫煙習慣で膿栓(のうせん)もできる

膿栓

喫煙で口呼吸をしていると、膿栓(のうせん)が出来、膿汁(粘液)が出るようにもなります。

ご存じかもしれませんが、膿栓(のうせん)と膿汁(粘液)は、口臭の大きな原因です。だから、口臭が酷くなっても仕方ないかもしれません。喉からにおいがする場合は、膿栓ができているかもしれません。詳しくは『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?』をご参考にしてください。

重度歯周病

それだけではありません。

ニコチンは、抹消の血管収縮を引き起こすので、歯周病になりやすい。歯周病になると必ずといっていいほど口臭が強くなります。

ですから、喫煙習慣が続くと口臭も酷くなるのです。

だから、禁煙が一番大切なのですが…
喫煙習慣は、そんなに簡単には止められないので困っている人が多いのです。
そんな方のために、直ぐにできる口臭予防の方法をご紹介します。

喫煙者のための口臭予防

歯の黄ばみ

煙草を吸っている人の口臭は、通常の歯磨き程度では消えません。歯だけではなく舌のような粘膜にニコチンとタールがべったりと付いているからです。また、喫煙者独特の黄色い舌苔(ぜったい)が臭いからです。それだけではありません。人によっては、膿栓(のうせん)ができているケースもあります。

ですから、次のような対処法を行うことをおすすめします。

arukariionsui

1、喫煙した後、すぐに水を飲む。できれば、喫煙中も水を飲むと尚良いです。
 その理由は…口を乾燥させないようにするためです。口を潤すことで口臭原因菌の増殖を抑制できるからです。

2、喫煙後、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいを行う。
その理由は…喫煙は口腔内が酸性化し、口臭原因菌が増殖しやすい環境になります。
酸性化した口の中をアルカリイオン水で中和することで、細菌が増えないように予防します。たったこれだけです。

もし、口臭が酷いので困っているけれど、タバコがやめられない時には、この方法をお勧めします。

舌が黄色く(白く)なり困っている場合は、『舌が白い人がやると良い方法』をご参考にしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事
口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する