病気になると口臭がする!?病気による臭いの違いについて

病気

口臭は病気の種類によって、ニオイが異なります。

もし健康に不安があるなら…脳梗塞や心筋梗塞…糖尿病を悪化させるいくつもの要因への不安があるなら、あなたに真剣に考えていただきたいお話しがあります。

それは、口臭の秘密についてです。

口臭が、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などの成人病と、どう関係があるのかと疑念をもたれるかもしれませんね。

今回の記事は、そのような口臭と健康との関係について一般的にはあまり知られていないことを発表させていただくことにしました。もし、現在、健康状態が不安でしたら是非ご参考にしてください。

病的口臭ベスト3

口臭が発生する原因で多いのは、口腔内の病気によるものです。その中でも圧倒的に多いのは、歯周病です。

1位:歯周病、2位:舌苔、3位:虫歯

歯周病による口臭

1番多いのが歯周病だというと、「私は歯周病ではない。」というのですが、調べてみると、歯周病になっていることが多いのです。

その理由は、初期の歯周病の場合には、痛みもないので自覚のないからです。ある日突然疲れなどによって、歯ぐきが腫れることで自覚することがあるのですが、体調が良くなると、歯ぐきも元の健康な状態にもどるので、治ったと思ってしまいます。

ところが、歯周病になり一度歯ぐきが腫れると、歯周ポケットが深くなってしまい、プラークが付いても歯磨きで取れにくくなります。そのため、歯周ポケットのなかに膿がたまり口臭がしていることがあります。歯周病が原因の口臭は、血生臭いのが特徴です。

軽度歯肉炎になりそのまま放置していると、歯周病が悪化するので口臭もひどくなっていくので、早目の治療が大切です。

舌苔(ぜったい)が口臭原因に

舌が白くなり苔が生えた状態を舌苔といいます。舌苔は、舌の新陳代謝ではがれた細胞や汚れに細菌が繁殖し固まってできたものです。

舌の上の細菌は、舌苔のタンパク質を分解し発酵させます。この時に臭いの元ができのですが、唾液に溶け込み舌にくっつきます。(口臭のある人の唾液が臭いのはこのためです。)

その人が、緊張したり会話で興奮すると、舌(口腔全体)が乾燥し唾液の水分が蒸発。臭気が発生し口臭となります。舌苔が原因の口臭は、下水臭やドブ臭いニオイが特徴です。

舌が極端に白いとか、舌の上に白い(または黄色い)苔ができている場合は、舌苔が原因で口臭が発生していることが多いです。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

虫歯による口臭は圧倒的に少ない

口臭が気になると、「虫歯になっているかもしれない」と考えるかもしれませんが、現在では、虫歯を放置している人はほとんどいません。

しかし、虫歯治療を終えているからといって安心できないのです。それは、二次カリエス。

虫歯治療を終えると、治療した歯に歯冠をかぶせたり、ブリッジ、差し歯を入れます。でも、年数がたつと歯と補綴物の間に段差ができたり、ブラッシングできない部分から再度虫歯になることがあります。これが二次カリエスです。

虫歯になっている場合の口臭は、腐敗臭のニオイがします。腐ったニオイがしたら気をつけてください。

補綴物を入れているため、虫歯になっている部分が見えないので、虫歯だと気づかないことがあります。ですから、定期的に歯科で検診をうけることが大切です。詳しくは『虫歯を治療してるのに臭い!口臭原因は2次カリエスかも』をご参考にしてください。

口臭が発生するしくみ

口臭と健康の関係を知ってもらうために、まずは、口臭がどのようにして発生するのかについてお話しします。

食事をすると、肉や豆などのようにタンパク質が含まれる食べ物があります。口内の細菌は、このタンパク質を栄養としています。
そして、たんぱく質を細菌が分解すると、揮発性硫黄化合物という臭気物質を発生します。これが口臭です。

口の中には非常に多くの細菌が住んでいて、健康な人の場合には、唾液1mℓ中に800種類、1億個以上の細菌が住んでいると言われています。

これらの細菌は、虫歯菌だけではなく、歯周ポケットや舌苔(舌が白くなっている)のほか、喉の扁桃(膿栓のうせん:俗名くさい玉と呼ばれている)に、多く存在しています。

ですから、口臭が発生する原因も、この虫歯や歯周ポケット、舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)によるものが、全体の8~9割を占めているわけです。

ですから、口臭がしている人の場合には、健康な人とくらべて細菌数が多くなっているというわけです。だから臭い!

当然、口の中は細菌だらけ…。。。そして、この細菌が身体に悪影響を及ぼしているのです。

口腔内の細菌が身体に侵入する

これから先は、私が言っていることではありません。私が所属している歯周病学会で群馬大学医学部付属病院歯科口腔外科の根岸明秀歯科医師が発表したことを要約したものです。

虫歯や歯周病は治療を受けないで進行してしまうと、あごの骨や頬などへ炎症が波及してしまいます。さらに炎症が首から胸まで進むと生命への危険性をもたらします。

口の細菌が口にできた傷から血管から入り込むと、心臓の内側に感染をきたし、感染性心膜炎という重大な病気になることがあります。この病気になると、心臓の機能が破壊されるので、非常に怖いです。

高齢者に多い誤嚥性肺炎も、口の中の細菌を誤って飲み込み、肺へ流入することからおきる病気です。
しかも、高齢者の死亡原因の3位が肺炎によるものです。加齢とともに嚥下力も劣ってくるので、誤嚥性肺炎が増えるそうです。

最近では、糖尿病と歯周病は関連していると言われています。
糖尿病の状態がよくなると、歯周病も軽くなり、逆に歯周病がコントロールされると、血糖値も安定してくるということがわかっています。

また、抗がん剤などを服用すると、免疫力が下がり、口の中の細菌が増殖します。その結果、口腔粘膜炎になるそうです。だから癌の患者さんの息が臭いことがよくあります。

病気の種類による口臭の特徴

病気によって、口臭のにおいに特徴があります。

  • 肺がんや肺腫瘍など呼吸器系の病気は、肉の腐敗したにおい。
  • 胃がんや食道ヘルニアの病気は、肉の腐敗したにおい。
  • 咽頭ガンや蓄膿症(副鼻腔炎)の病気は、肉の腐敗したにおい。
  • 肝硬変や肝臓がんなどの病気は、アンモニアのにおい。
  • 腎不全などの病気は、魚の腐ったにおいやアンモニア臭。
  • 喉や肺がカンジダ菌に感染すると、すえたような焦げたにおいになる。
  • 糖尿病になると、リンゴが腐ったような甘酸っぱいにおいになる。
  • 魚臭症は、名前のとおり魚の腐ったにおいが特徴。

このように病気になると、口腔内や喉に細菌が増えるため口も臭くなります!
ですから、口臭があるということは、身体の不調を教えてもらっているということです。

口臭を気づかないで放置していると、生命の危険につながる重大なことになるかもしれません。ですから、早く口臭に気づいたことはラッキーだといえます。

でも、単純に口臭で悩んで、目先の口臭を消すことに躍起になる前に、口臭を根本から治すことが健康を維持することにつながるんだということを今日のブログでご理解くださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
口臭を根本から改善するためには、舌苔(ぜったい)、喉(膿栓のうせん・膿汁のうじゅう)、歯周ポケットの3大原因の対策が重要です。
この部位を清潔にすることで、口臭の改善だけではなく健康も維持できるようになります。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する