舌が白くなり口臭がする!舌が臭い原因はこれ!舌が白くなる原因はこれ!

あなたは、舌が白くなる原因を知りたくないですか?

舌が白くなると、どうして息が臭くなるのか知りたくないですか?

舌が白くなっているのは舌苔といいます。その舌苔を指で触り嗅ぐと臭いのを感じるはずです。このニオイが口臭の原因になっているのです。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

このように、舌が白くなると口臭がすることについて知ることは、とても大事です。
というのも、舌苔による口臭が口臭原因の7割以上を占めるとの報告もあるからです。

ですから、舌が白くなる原因と、舌苔ができると口臭が発生する原因を知るだけで、口臭を克服できる可能性がかなり高くなります。

口臭・体臭などの臭いが発生する原因。それは、コイツです!

ご存じでしたか?

ニオイを作り出す張本人。それが、ばい菌、細菌、バクテリア、微生物と呼ばれるコイツです。
細菌も生き物ですから、生きてくためにはエサが必要ですし。エサがないと生きられません。

そして、エサが豊富で細菌にとって環境が良いと、すごいスピードで増殖を繰り返します。

舌が白くなると口臭を感じるのは

細菌が悪臭を生成するメカニズム

ところで、細菌のエサが何なのか知っていますか?

細菌が好んで食するもの。それは、食べかすや口や舌から剥がれ落ちた細胞や血液です。それらには、タンパク質が含まれているからです。

細菌によってタンパク質やアミノ酸などが分解されると、硫化水素やアンモニアのような腐敗臭が発生します。
食べカスなどのタンパク質が腐るのですから、クサい訳です。

これが、口臭発生のメカニズムです。

舌に口臭菌がつく原因

舌は、細菌が棲息しやすい環境です。
口臭原因菌の多くは、嫌気性細菌といって酸素が苦手な細菌です。ですから、空気に触れにくい環境でないと生きられません。
そして、エサとなる食べかすや剥がれ落ちた細胞が豊富にある所。

この二つを満たす所、それは…

細菌が棲息するために必要な2つの項目を満たしているのが舌なのです。

上の拡大図を見ると分かるのですが、舌の表面は、舌乳頭といって、糸状乳頭などの乳頭や突起で出来ています。

何故?舌乳頭があると細菌が住み着くのか?

下手な絵で申し訳ありません。でも、この絵を見ただけで、分かると思います。

舌乳頭の間は深く狭いために、一度食べかすなどが入り込むと取れることはありません。
だから、細菌が分解してきれいにしてくれているのですね。人間のからだは上手く出来ています。

細菌といえば、ばい菌というイメージで悪さだけしかしないみたいに思われています。
でも、このように常在菌といって良い面もあるのです。

細菌が増えすぎなければ良いのです。増えると問題なのです。なんでも適度が一番なのです。

細菌が増えすぎないようにコントロールしているのが、じつは唾液なのです。

ですが、ストレスが溜まったり、胃腸の調子が悪くなったり、飲んでいる薬の副作用や、私のように口呼吸をしていると、唾液が少なくなり、舌乳頭の細菌が過剰に増えていきます。

細菌増殖の方程式をグラフに表すと…こんな感じです。

予想を超えるすごい増殖のスピードです。

分かるような気がするでしょう?

舌を磨いてもすぐに白くなる理由

舌磨きはナンセンス!!

この細菌増殖のスピードが、舌を磨いても、すぐに舌が白くなる理由です。
それと、先ほどの絵を見れば分かると思いますが、舌磨きをしても、乳頭の狭い間をきれいにすることはできません。

舌磨きを行う人は、舌の表面だけに舌苔があると思っています。だから、舌磨きをするのですが、実際は舌乳頭の間に細菌や汚れがたまっています。だから、舌の表面だけをきれいにしても、細菌が残っているのですぐに舌苔ができるのですね。

それどころか、舌磨きをすると、舌乳頭の尖端ばかり舌ブラシでこするので、乳頭の先は慢性的に化膿してしまいます。
思い出してください。細菌が好きなのは、死んだ細胞だということを。

だから、舌磨きをしている人というのは、慢性的に舌が白くなっているのです。

その人達はその後も、舌苔が悪化していくことが予想されます。
あなたは大丈夫ですか?

もし、あなたが白い舌を改善し、きれいな舌になりたいのであれば、こちらをおすすめします。

⇒ 口臭予防歯磨き粉「美息美人」公式サイト

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する