歯と口の健康習慣

昔、虫歯予防の日。今、歯と口の健康習慣!この違いは?

今日、6月4日は6(む)と4(し)にちなんで、虫歯予防の日でした。
でしたというのは、今は、正式には、「歯と口の健康週間」だからです。

そして、6月4日だけではなく、10日までの1週間あります。
日本歯科医師会のHPで調べると、「歯と口の健康週間」は、厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間だそうです。

1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)までは、「虫歯予防デー」

1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで「護歯日」

1942年(昭和17年)に「健民ムシ歯予防運動」

1943年から1947年までは中止

1949年(昭和24年)「口腔衛生週間」として復活

1952年(昭和27年)に「口腔衛生強調運動」

1956年(昭和31年)に再度「口腔衛生週間」

1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)まで「歯の衛生週間」

そして、

昨年の平成25年より「口」が増えて「歯と口の健康週間」になっていたのですが、ご存じでしたか?
恥ずかしながら私は、「虫歯予防の日」だと思っていました。

時代とともに、呼び名は変わっていったのですが、目的は、「国民みんなで虫歯にならないようにして、ずっと自分の歯で食事ができるようにいましょう。」というものです。

今年の標語は、「歯と口は 健康・元気の 源だ」です。

本当に標語のとおりだと思います。

これから高齢になったときに、歯が残っていないとさみしいですよね。
よく「歯が抜けても入れ歯にすればいい。」と仰られる方がおられるのですが、入れ歯で噛む力は、健全な歯の状態の4分の1~6分の1程度だといわれています。

ですから、入れ歯にすると、固いせんべいだけではなく、野菜など繊維質の食べ物はすべて噛めないのです。
しかたなく、丸呑みしないと食べられないのです。

それに、顎に入れ歯の樹脂がくっついて、マウスピースを口に入れたような状態では、食事が美味しいはずがありません。

こんなお年寄りには、だれもなりたくないですよね。できれば、いつまでも自分の歯で食事をしたいものです。
もちろん、歯が残っているお年寄りの方は、食事が楽しいだけではなく、良く噛んで召し上がっているので、胃腸も健康な方が多いです。

だから、元気です。

よく長寿の方の食事をみると、毎日、お肉を召し上がられていたりします。
元気の源は何?最近、私は、常々こう思うことが多いです。

それは、「口臭が無ければ元気でいられる!」です。

本来、明るく元気な方でも、だれかに口臭を指摘されたとたんに、人が変わったように、暗くなってしまうことがあります。
あれだけ元気だった人が、「口臭」によって、一変に変えられるのです。

その口臭の最大原因は、「歯と口」と「喉と舌」です。このことを知らないと、どれだけ歯磨きを熱心にしても、口臭予防はできません。

歯と口だけでは、口臭予防はできません!

口臭の原因となっている「歯と口」と「喉と舌」のケアを一つでできる歯磨き粉って…私の知る限りでは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」しかありません。

口臭予防習慣? あっ? 間違えました。

「歯と口の健康週間」を機会に、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使ってみませんか?


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する