起床時の口臭を引起こすNG

朝、起きたときの口臭、気になっていませんか?

起床時は、口がネバネバして、自分でも口が臭いので不快です。

朝から口臭をしていると、
大好きな家族からも、鼻をつまみ嫌な顔をされてしまうかも。

朝から憂鬱になってしまう…。

このようなことになってしまわないように、

起床時に口臭を引き起こさないようにする習慣をご紹介します。

それは…

寝る前の歯磨き!

これだけです。

えっ? それだけ?

そんなことは、知っていると仰るかもしれませんが、寝前にきちんと歯磨きをしていない人があまりにも多いのです
歯磨きをしていても、眠いので、いい加減だったりします。

だから、きれいに磨けていないのですね。

知っていることと、実行することは違います。
ダイエットでもそうです。
甘いもの、カロリーの髙いものを食べるのは良くないのは誰でも知っています。

でも、ついつい食べ過ぎてしまう。
そして、太ってしまい後悔をすることに。

同じように、昼間の仕事疲れで、朝、歯磨きをするからいいや。寝る前の歯磨きがついついおろそかに
なってしまうことが多いのでしょうね。

ところが、

口中細菌が最も増えるの時間帯は睡眠中なのです。

日中は、食事や飲み物を摂りますので、飲食とともに口の中の細菌を洗い流します。

それだけではなく、会話や口を動かすことで、唾液も豊富に出ています。
唾液が出ると、細菌を洗い流すほかに、口中が中性に保たれますので、中々、細菌も増えることがありません。

しかし、
睡眠中は唾液の分泌が少ないために、口中が酸性に傾き、細菌にとっては大好きな環境となります。

そこに、歯磨きをしないで寝ると、食べ物カスがいっぱいあるので、細菌がその食べ物カスをエサにして、一気に増殖するわけです。

だから、朝起きたときに、口がネバネバするのは、プラークがいっぱいだという証拠です。

もちろん、細菌がいっぱいですから、腐敗臭もして当然ですよね。
だから、朝起きたときには、口が粘つく、口臭がひどいわけです。

この場合の対策は、就寝前にきちんと歯磨きをすることです。

起床時の口臭がひどいとか口が粘つく場合には、就寝前に口臭予防歯磨き粉「美息美人」で歯磨きをしてから、軽く舌磨きとイオン水でゴロゴロうがいをすることが一番のお勧めです。

お口だけではなく、喉もきれいにすることがポイントです。
口臭は、口と喉の両方から発生しますので、この方法がベストだといえます。

口臭が治り、きれいな息になれば、夫婦関係や恋人関係も変わります。
 
人によって、口臭原因は様々です。
口臭の症状によって、口臭原因を探ってみてはいかがでしょう?

⇒ 口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する