口臭を解消しないと恐怖が…

口臭は死と病を意味するサインかも

口臭があると周囲の反応が気になるのでは?

それは、他人から自分がどう思われているのか心配だからです。
当然ですが、口臭が気になるのはそのことが原因になっています。

そのため、口臭を消したいと思うのですが、
じつは、口臭はもっと怖いことを知らせてくれるサインだったのです。

口臭を放置していると、癌や心臓病など命に関わる重大疾患になることも。

そのようなことにならないように、今回の記事では、口臭が教えてくれる病気についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

細菌が口臭を作る

ほとんどの人は、口臭がしていると、「周囲に迷惑をかけているかもしれない。」とか、「口が臭いから恥ずかしい。」と思うのでは?

私もそうでしたので、そのように思わない人が羨ましいくらいでした。

でも、口臭を研究するうちにいろんなことが分かってきました。
口臭を研究というよりも、「口臭を解消」するための研究と言ったほうが正しいかもしれません。

口臭を解消するために、まず、人間の口から発生する口臭とは何かを勉強しました。
すると、口臭を作っているのは人間ではなく、人間に寄生している細菌だということが分かりました。

ここをはき違えてはいけません。

口臭は、人が出しているのではなく、人に寄生している細菌が作っているのです。
では、細菌はどのように口臭を作っていると思いますか?

菌の中でも有名な納豆菌をイメージしてください。
納豆菌は、納豆を発酵してネバネバの納豆をつくりますが、その発酵の過程でガスも産生します。

だから、納豆は臭い!

今度は、腐った生ごみをイメージしてください。
生ごみが腐るのは、勝手に腐ったのではなく、微生物という菌の仲間が生ごみを分解することで腐敗したからです。
そして、あの生ごみ特有の腐敗臭を発生します。

だから、ごみは臭い!

これと、似たようなことが、口や喉でも起きています。
それが、口臭。

口臭がする人、しない人の違いは

「でも、他の人は口臭がしていないのは何故?」

そうなのです。口臭がしない人がいます。
何故だと思いますか?

先ほどから、口臭は菌が作るとお話ししました。
口臭がないということは、その菌が無い(正確には限りなく少ない。)ということが考えられます。

口臭がする人=菌が多い
口臭が無い人=菌が少ない

それでは、どうしてこの菌が多いとか少ない違いが出来たと思いますか?

その理由は、歯磨き不足や唾液量の不足などいくつか考えられますが。

菌が増える大きな理由は、菌が活発に生きられる環境があるからです。

歯周病菌など口臭の原因となる菌が、活発に生きられるのは弱酸性だといわれています。
歯周病菌だけではなく、虫歯菌も酸性の環境で活発になります。

だから、PH6.8~7.0の唾液が多く分泌すると、口腔内が中性に保たれます。
その結果、今まで元気だった菌の活性が弱まります。

もっと詳しくいうと、唾液の99.5%は水分だということも知っておくと、「水を小まめに飲んでください。」とアドバイスする理由も納得できるかもしれませんね。

もちろん、残りの0.5%の唾液中には、酵素など菌をやっつける成分も入っています。でも、99.5%の水が、結構、菌に対して威力をだしているようです。

「恐るべし水の力」です。そして、アルカリイオン水はもっと凄いといえます。

細菌のバランスが大切

人の身体には、細菌が寄生しています。
良い菌も悪い菌も寄生しています。それらを常在菌といいます。

ここで問題なのは、たとえ常在菌であっても、これらの菌が増えすぎた時。

酸性の砂糖を食べていると虫歯菌が増えます。
そして、虫歯菌が増えると、虫歯になります。

歯周病菌が増えると、歯周病になります。
歯周病の初期は、歯周ポケットの中で菌が増えて歯肉の組織を傷つけます。この頃になると、歯磨きをすると出血をすることもあります。

出血にともない膿も出ますので、口臭も強くなります。
これが、歯周病学会などでは、口臭で最も多いパターンだと言われています。

実際、歯周病の口臭は臭いです。

歯ぐきが腫れたら、歯周病(歯肉炎・歯周炎)かもしれません。
一日も早く治療と十分な歯磨きケアをしないと大変なことになります。

大変なこととは…歯槽膿漏や口臭だけではありません。

口臭がある人は癌を発症するリスクが高くなるかも

歯周病になりやすいということは、酸性体質かもしれません。
それに、身体が酸性になると、癌を発症する率が高まるといわれています。

癌細胞は、健康な細胞より10倍も酸素を必要とするそうです。
癌を診断するときには、糖を注射して癌細胞を活性化してからスキャンするそうです。その理由は糖は酸性だからです。

甘いものや酸化したものを多く摂取すると癌を発症しやすくなるということも、これで理解できるかもしれません。

時代とともに、舌癌などの口腔癌が増えているそうです。
現在、7,000人を超えているようですが、この数字は30年前から比較すると3倍にもなっているのです。

これだけのことでも、口の中が酸化することは怖いのです。
そして、「今、口の中が酸化しているよ。」と教えてくれているのが口臭なのです。

怖いのはこれだけではありません。

口臭は老化が進んでいるサイン

人間は、生まれたときから死ぬようにプログラムされています。

一つは、先ほどの細胞の酸化による老化や病気の発症です。そして、もう一つは、寄生している菌に犯されるようになっています。

たとえば、歯周病菌は、人が若くて元気なときには、増えることができません。若くて元気な人は、唾液も豊富に分泌されているからです。

いつも口腔内が中性に保たれていると、歯周病菌は繁殖できません。
ところが、加齢によって唾液量が減ると、口腔内も酸化するために歯周病菌が活発に増えます。

だから、中年以降の年齢になると、口臭も増えやすいのですね。

「私、まだ30歳なのに口臭がしているけれど?」

そうなのです。ストレスの多い現在社会では、ストレスによって身体中の細胞の老化が早く進むそうです。それだけではありません。不安などストレスが強くあると自律神経系統に異常が起きるために、唾液の分泌が少なくなるのです。

このことから、若くても加齢のケースと同じように、歯周病になるとか口臭を発生するようになります。

口臭は命に関わる病気の前兆かも?

口臭はこれからお話しする怖いことを教えてくれるサインなのです。

口臭を作っている歯周病菌は、初めは歯肉細胞を破壊し細胞や血液からタンパク質をエサとして取り込み生活します。

ところが、歯周病が進み歯槽膿漏になると、歯周病菌は容易に毛細血管内に侵入をはじめます。

これって、どういうことか分かりますか?

血管を通って歯周病菌が身体のいたる所に行きます。

歯周病菌などの嫌気性細菌には、ある習性があります。それは、プラークを作ること。
菌どうしが集まってプラークを作ることで自分たちを守っています。

歯や舌についたネバネバがプラークです。
余談ですが、このネバネバを除去するために、研磨剤は必要ありますか?歯ブラシで磨けば容易に落とせます。

このプラークが、心臓や脳の近くの動脈・静脈にできたら何が起きるでしょう?

日本臨床歯周病学会では、歯周病菌が原因で、狭心症や心臓病、脳梗塞の発症リスクが高まると警告しています。

病気になるのはそれだけではなく、現在病のなかでも死につながる糖尿病との関連性はかなり高いと言われています。

どれも、死に繋がる病気です。

歯周病菌は、私たちの寿命を縮めるために寄生している菌ともいえます。
でも、歯周病菌が悪さをはじめると、臭いで分かります。

だから、口臭に気づいたら、それが「健康を守らないといけないよ。」というサインかもしれません。

もし、「口臭かも」と思ったら、早めに口臭の元から予防してください。

そのためには、アルカリイオン水の口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する