口が臭いためブラッシング指導

口が臭いために歯科衛生士さんからブラッシング指導を受けるはめに

本日のブログは、わたしの口臭体験です。(2014年の記事を訂正)
以前、口臭で悩んでいた当時では決してなかったことが、今日、定期健診で歯医者さんに行って起きました。

それは、歯科衛生士さんからブラッシングをほめられたことです。

歯科衛生士「上林さん、その後お変わりはありませか?」

わたし「調子良いですよ。」

歯科衛生士「それでは、お口の中を見させていただきますね。」

歯周ポケットを中心に、一とおり口の中のチェックを終えると、驚いた声で、、、

歯科衛生士「きれいですね。良く歯みがきができていますね。

歯科衛生士の心の声(今まで汚い歯だったのにキレイになってる?何をしたのだろう?)

わたしの心の声(やった~!

(謙遜して)
わたし「いや、疲れて寝る前に歯磨きが出来ない時には、朝、奥歯の奥の歯茎がぷ~んと臭うこともあるんですよ。」

歯科衛生士「これだけ歯茎もきれいだったら、大丈夫ですよ。」

わたし「はい。臭うときには、いつもより丁寧に歯磨きをするんですが、すぐに治ってしまいます。」

歯科衛生士「今、口臭もありませんし、歯茎もきれいなので、この調子で歯みがきを続けてくださいね。

歯科衛生士さんから口臭もないと誉められてことで、つい嬉しくなって、

わたし「分かりました!」と大きな声で返事をしてしまいました。私が口臭で悩んでいた当時のことを知らない人ならこの話を聞いても、歯科衛生士さんと患者さんのよくある話なのですが、わたしにとっては奇跡の話ような出来事でした。まさか、ここまで良くなるとは想像できなかったからです。

6年ほど前(2008年)の私の口は、歯周病で前歯がグラグラと動揺し始めていました。
両側の奥歯付近の歯茎は、幾度となく腫れて出血までありました。

もちろん丁寧に歯磨きをしても、口臭がしていたらしく、わたしと話すと、相手が鼻を手で覆うしぐさで気づきました。人の態度を見る度に落ち込んでいったものです。

 

歯周病と口臭の悪い状態が続いてたので、歯医者さんに行っても、必ずブラッシング指導をされ、やっぱり、臭いんだ。。。」とかってに解釈し落ち込んだものです。

だから、口臭がある時は、歯医者さんに行くのが本当におっくうでした。

それが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」に出会ってからは、歯医者さんに行くのが楽しみになったのですから不思議なものです。少し前の口臭で悩んでいた時からは、自分でも信じられないことです。そして、歯がキレイになる、口臭がしなくなる、ことがこれほどうれしいこととは思いませんでした。

ですから、あなたにも私と同じ体験をしてほしいので、私の行った方法で特に良かった点についてご紹介させていただきます。ぜひ、ご参考にしてください。

どの歯ブラシが良い?

効果的にブラッシングするためには、どのような形、どのような毛先、毛の材料などを考慮しないといけません。それほど、歯ブラシの種類によって、ブラッシング効果が違います。

歯磨きのプロである歯科衛生士さんであれば、歯ブラシを選ばないかもしれません。しかし、私たち一般人は、プロのように上手く歯磨きができません。だから問題なのです。

一般的な歯科医師や歯科衛生士がすすめる歯ブラシは、「植毛部分が細く小さい」ものです。この理由は、歯ブラシが、奥歯や歯の裏側など狭い部分にも容易に入るからです。しかし、小さな歯ブラシではブラッシングに時間がかかり面倒です。このことが問題です。

そして、仕上げには、「フロス」という糸ようじで歯の間の歯垢を取るように言います。

しかし、歯科衛生士さんが患者にフロスで磨くことは簡単かもしれませんが、患者が自分の口の中にフロスを入れて前後に動かすのは困難です。フロスを難しく感じるのは私だけでしょうか?そんなことはないはずです。

それに、フロスの効果にも疑問があります。フロスを使うと歯間の歯垢を取ることができるかもしれません。しかし、歯垢が多く付いているのは、歯と歯茎の境目の溝部分です。ここに付いた歯垢によって虫歯や歯周病になります。だから、歯と歯茎の境目にフロスを当てないといけないのですが、難しいだけではなく、無理にしたら歯肉に傷がつくかもしれません。このことが、フロスの欠点なのです。

それでは、どうしたら良いと思いますか?

忙しくブラッシングに時間をさくことができない。そういう方の場合には、小さな歯ブラシではなく大きな歯ブラシのほうが良いです。でも、大きな歯ブラシでは、狭い部分や歯と歯茎の境目はキレイに磨けないのでは?

その通りです。大きな歯ブラシは簡単ですが、隅々までキレイに磨けません。ですから、仕上げは、ブラシ部分が小さく極細毛の歯ブラシを使ってください。できれば、超音波歯ブラシが良いです。そのほうが、短時間できれいに磨けます。このように、2本の歯ブラシを使い分けることが、短時間にキレイに歯磨きを行うためのポイントです。

そして、使いずらいフロスではなく、歯間ブラシを使われることをおすすめします。歯間ブラシであれば、だれでも使えます。歯の間に歯間ブラシを入れて2~3回前後するだけで良いです。これ以上こすると、歯肉を痛めるかもしれないし、何もしないよりもずっと歯垢を取る効果があります。

このように、2本の歯ブラシと歯間ブラシを使い分けるのがコツです。

 

 

 

 

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する