膿栓(のうせん)は誰にでもできる?膿栓ができる根本的な原因

膿栓ができやすい体質とは

膿栓(のうせん)で悩まれている方は、日本中に多くおられます。でも、膿栓(のうせん)ができていることが恥ずかしいので、本当の数は分からないのが現状です。
特に女性の場合には、お医者さんにも相談できずに一人で悩まれている方までおられます。だから膿栓(のうせん)ができる原因もわからないかもしれません。

しかし、膿栓(のうせん)ができる原因がわかれば、悩みを解決できます。今回の記事は、膿栓(のうせん)ができる本当の原因についてお伝えします。どうか、この記事を読んで悩むのはもう終わりにしてください。

膿栓はだれにでもできる?

お客さまから膿栓(のうせん)についてこんなご相談を受けました。

マスクが臭い

「膿栓は誰にでもできるのに、私だけ臭いのはどうしてですか?」

口臭の悩みに○年間悩なやまされています。病院にも何度も良き、内視鏡をしたりしましたが、特に問題なく原因がわかりません。

歯医者にも歯周病ではないかと診てもらいました。歯石も取ってもらい口内環境をよくしたりもしてみましたが、変化がありません。

口が臭いのは、膿栓が原因と聞き、確かに膿栓ができやすい体質でしたので、そのせいかとも思いました。でも、「膿栓は誰にでもできる。」とのことでしたが、それなら、どうして他の人も膿栓ができるのに臭くなくて、自分だけ口臭がきついのでしょうか?

というご相談です。この相談者と同じように、「膿栓は誰でもできる」ということに疑問を持たれている方が沢山おられると思います。

先に答えを申し上げますと、「膿栓は誰にでもできる。」というよりも、膿栓は誰にでもできる可能性がある。の方が正しいかもしれません。

事実、膿栓がみんなに出来ているわけではないです。だから、膿栓が出来ることがあるかもしれないと言うほうが正しいですよね。

実際、膿栓ができるのは、風邪をひいたときや後鼻漏などによって喉に細菌が増えたときが多いです。

ところが、普段から、唾液の分泌が少ない人や口呼吸(いびきも含む)により喉が乾燥する人の場合には、喉に細菌が多いために、より膿栓が出来やいのです。だから、膿栓について正しい解釈は、膿栓が出来やすいタイプがある」のほうが合っているかもしれません。

膿栓が出来るタイプ

膿栓(のうせん)ができやすいタイプは、ドライマウスの人です。
膿栓ができる原因は、後鼻漏などいろいろありますが、なりやすいタイプの特徴はドライマウスの人です。詳しくは『口臭の元!膿栓(のうせん)ができる4つの原因と取り方
』をご参考にしてください。

ドライマウスが原因

ドライマウスは口が乾く症状のことをいいます。ドライマウスの人は目も乾きやすいです。もちろん喉も乾きます。

ドライマウスになる原因は…

  1. 唾液が出ない、唾液の出る量が少ない
  2. 口呼吸(いびきも含む)で口内と喉が乾燥する

口呼吸(イビキ)が膿栓の原因

私の場合には、睡眠時にイビキをかいているのですが、これも口呼吸のひとつです。イビキをかいていても口呼吸と認識していない人がおられますが、イビキはドライマウスの大きな原因です。

私のようにイビキ(口呼吸)をかいていると、膿栓が出来やすくなります。イビキをかいた翌朝には、喉が痛くなっていたり舌が白くなっていることもあります。

イビキをかいている人の場合には、「何十年も膿栓ができる。」とか、「取っても取っても出来る。」というのは良くあることです。

膿栓はうがいで取れる

膿栓は取るのが難しいですし、取っても直ぐにできます。ところが、よくイビキをかく人でも、「21年も取れなかった膿栓が1か月で取れた!」とか、「ボロボロと取れた!」という方法があったのです。

その方法は、「うがい」です。喉を立ててガラガラうがいをします。吐き出すときには、痰を絞る要領で吐き出すと効果的です。

うがいと聞くと、水や塩水でうがいを行うのをイメージするかもしれませんが、水や塩水ではほとんど効果はありません。おすすめするのは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水です。イオンによる汚れ落とし効果が発揮され、数日続けることで取れてきます。詳しくは、『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。
---------------

こちらの記事もご参考にしてください。

⇒ 膿栓が何度も出来るのは何故

⇒ 膿栓の真実

⇒ 膿栓は医者からも見放される

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する