口臭を一日も早く治したい!

今すぐ口臭を治したい!

自分の口臭で周囲に迷惑をかけているなんて、こんな辛いことは、もう嫌だ!一日も早く、この口臭を治したいです。

こんな悲痛なご相談が来ることがあります。

だからと言って、「はい。分かりました。すぐに口臭を治す方法は…。」というように無責任な答えは出せません。

えっ?すぐに治らないのですか?
思われた方もおられるかもしれませんね。

口臭の真実…口臭は難病

口臭は、原因にもよりますが、ほとんどが直ぐに治ることはありません。
というのは、口臭原因の9割以上が口中にあると発表されているからです。

具体的にいうと、口臭の発生元は、歯周病、虫歯、舌苔、膿栓(喉)をつくっている細菌なのです。

口臭原因菌は、食べかすや細胞の死骸、血液などのたんぱく質をエサにして分解します。
その時に、腐敗ガスを発生します。

これが、口臭です。

ですから、口臭がしているからといって、ニオイ消しを口に入れても、口臭原因となっている細菌がいる限り腐敗臭は発生し続けます。

口臭で問題なのは、細菌の存在です。

極論をいえば、細菌がなければ口臭はしません。
極論までいわなくても、細菌の増殖を抑えることができれば、口の中に鼻を突っ込まない限り、臭わないレベルになります。
ところが、これは机上論というものです。

口臭細菌と水虫菌

私はいつも口臭のたとえに、水虫を例に挙げます。

水虫になると、症状としては、かゆみを伴います。
足の皮膚が乾燥してかさかさになる、水泡、膿胞ができたり、ただれたり、ヒビ割れたりします。

そして、足が臭い!

この水虫の原因は、白癬菌という細菌が悪さをしているからです。
水虫を治す場合には、水虫の場所が足ということもあり、かなり強い薬を使用できます。

今までお医者さんでないと手に入らなかった水虫薬が市販されるようになりましたので、治癒率もかなり良くなっているようですが、治らない人が多いのが水虫です。

どうして良い薬が出てきているのに、まだ治らないのだと思いますか?
それは、水虫の患者さんに水虫菌のことをよく理解されていないからです。


水虫薬の使用に関する間違い

間違いその1、患部だけではなく足一面に塗らないと水虫菌は死なない。

間違いその2、荒れていた皮膚が完治すると水虫薬を塗らなくなる。

間違いその3、完治した後、また足を不衛生にする。

これが、水虫が治らない理由です。

中途半端に水虫薬を使っていると、水虫菌が薬への耐性を持ちます。
これが、厄介です。同じ水虫薬が効かなくなるので、毎年、新薬が必要になります。

分かっていただけましたか?

水虫菌についてではなく、口臭原因菌についても同じです。
口臭原因菌は、口の中に存在しますので、水虫よりもっと厄介です。

口臭原因菌をやっつけるために強い薬を使うわけにはいかないからです。
このことが、口臭原因菌を完全に退治できないのが本当の理由です。
もしかしたら、近い将来、身体に無害で口臭原因菌を完全殺菌できる薬ができるかもしれませんが、悲しいかな、現状では無理な話です。

口臭原因を制御する(プラークコントロール)

よく耳にするのが、このプラークコントロールです。
細菌を増えすぎないようにコントロールできれば、口臭は抑えることが出来ます。

口臭予防でもっとも大事なことは、この考えです。
毎日の口腔ケア(歯磨きとうがい)が、大切だということです。

歯磨きをしても喉の清潔は保てません。
うがいだけしていても、ていねいなブラッシングがないと、プラークを落とすことはできません。両方が大事なんです。

一つでブラッシングとうがいができる唯一の口腔ケア製品が口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」だけというのも、変な話です。

もっと、口臭原因菌について理解してほしいものですね。

間違いだらけの歯磨き方法

舌は胃腸の延長のようなデリケートな細胞ですから、市販の歯磨き剤に含まれているような合成表面活性剤を使う場合には、歯磨き後によくゆすがないと、舌粘膜が荒れてしまいます。

舌粘膜が荒れると、口臭原因菌が増殖し舌苔(ぜったい)ができやすくなります。
歯磨き粉を付けすぎたり、歯磨きの後、きれいにゆすがないと、舌が白くなるかもしれません。

舌が白くなると、舌磨きをしたくなるものです。
でも、舌をきれいに磨くと目には見えないのですが、舌乳頭を削ってしまいます。

舌が荒れ、逆に細菌が繁殖しやすくなります。
この舌磨きの行為というのは、水虫の皮をめくっているようなものですから、やめてくださいね。

でも、これらを改善しても、口臭はすぐには治りません。
もし、治ったとしても、再び、口臭がするようになることが多いです。

その理由は、

唾液の分泌が少ないドライマウスが原因かもしれないからです。
ドライマウスでない場合には、口呼吸かもしれません。

いずれにしても、唾液が少なくなり口が渇くと、口臭原因菌が増殖をはじめ、腐敗臭を発生します。
ですから、唾液の分泌を促す努力も必要です。

たとえば、水を小まめに飲むとか、パタカラ体操をするですが、
もっと大事なことは、

ストレスをなくすことかもしれません。

それは、ストレスがたまると唾液が減ることが分かっているからです。
運動してストレス発散することもいいことですよ。

それと、

口臭になると周囲が気になりストレスがたまってしまいますが、そのこと自体がストレスになって悪循環になるのです。
そのようなことに、ならないようにしてくださいね。

このような理由から
私が自信をもって言える「最短で口臭を治す方法」は、今の所、口臭予防歯磨き粉「美息美人」しかありません!

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する