口臭を治すのをあきらめる人とは

口臭をあきらめる人あきらめない人

失敗者とはどれだけ成功に近づいたかを気づかずにあきらめた人だ。

これは、先週の木曜日にテレビの録画を撮っていた「カンブリア宮殿」の中の一コマです。

 

~ダイソン掃除機の創業社長の物語より~

ダイソンの社長は吸引力が落ちない掃除機をつくれないかと、1人で自宅の倉庫で研究を始めたそうです。
ダイソン社長の孤軍奮闘の製品づくりは5年に及び、試作品は5000台を超えた。

しかしダイソン成功の道のりは実ははるか彼方でした。

新技術を搭載した掃除機を製品化してもらうため世界中のメーカーを訪ねるが全て断られてしまいます。

ダイソンの社長でも、「やっぱりだめか。あきらめようか。」とダイソン掃除機の製品化をあきらめようとした時に、ふと発明の神様エジソンの言葉を思い出したそうです。

それが、「失敗者とはどれだけ成功に近づいたかを気づかずにあきらめた人だ。」だったそうです。

そして、この言葉を噛みしめて、力が湧いてきたダイソン社長は諦めなかったとの成功物語でした。

その後は、ご存じのようにダイソン掃除機は世界中で売れて、2012年の売上はなんと1859億円もあったというから驚きです。

 

っで、本日のブログは、口臭とまったく関係ないと思われたのではないでしょうか?

そんなことはありません。

 

私があなたに申し上げたかったことは…

いつまで経っても口臭が治らない。やっぱりだめだ。。。。と、あきらめるのはまだ早いです。ということです。

口臭が治らないのであきらめそうになっているあなたに贈りたい言葉がこれです。

 

エジソンの言葉を真似ると、

口臭を治せなかった人とは、どれだけ治ったかを気づかずにあきらめた人だ!

口臭は、自分でニオイを判断するのは困難です。
ですから、今までどれだけ臭っていたのか、現在、どのくらい口臭がしているのかが分かりません。

だから、不安になります。

そうならないように、できれば、親しい家族に実際に嗅いでもらうことが良いのですが、それも難しいのであれば、市販の口臭チェッカーで測ってみることをお勧めします。

毎日、口臭があるのだろうかと心配しながら生活していると、ストレスから唾液量も減少します。その結果、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)もできやすくなり口臭が強くなってしまいます。

そんなストレスをためる悪循環に陥らないように、客観的に自分の口臭を知ることは大事です。

もう一つ、口臭が厄介なことは、すぐに結果がでないこと。

お客様によっては、始めの頃は何も効果がないのであきらめようとした。
でも、せっかく美息美人(びいきびじん)を購入したことだし、90日間の返金保障もついているので目いっぱい試してみようと続けた結果、2カ月を過ぎたころから少し変化が現れたという人も。

そして、「もしかしたら、もっと続けたら良くなるかもしれない。」と、美息美人(びいきびじん)の2個目を購入。

半年使った結果、ついに口臭が改善されたという人が多くおられます。
この人たちと正反対に、2~3回使っただけで「効果がないので返品します。」という方もおられます。

でも、状態やその後の変化をよくよくお聞きすると、「磨いた後は、口がすっきりする。」とか、「磨いた後は、舌がきれいなる。」。
しかし、「すぐに元に戻ってしまいます。」とのこと。

そのような人たちに、先ほどのお話しをして「90日間返金保障がありますので、ご遠慮なく使ってください。」とお勧めすると、納得されて続けられるのですが、数日後には半分以上の人が「効果がないのでやっぱり返品します。」と。

私「まだ2カ月以上もありますので、それまで使われてはいかがですか?返金については責任を持ってご対応させていただきますのでご安心ください。」と申し上げても。

「すみませんが、返品します。」と続けられるのをあきらめてしまいます。
せっかく、口臭をなくすことを決断されて続かないのは本当に残念なことです。
続ける人と続けられない人。

どうして、分かれると思いますか?

この「続けられる人、続けられない人」は、どんなことでもあると思います。

その大きな理由は、行動することで良くなることが信じられないから。
信じられないので、無理がないです。

信じられないもの、それは、

  1. 良くなった未来がイメージできない。
  2. 自分に続ける自信がない。

口臭が消えた未来が具体的にイメージできると、ワクワクしてきます。

具体的にイメージするとは、「実際に口臭が消えたときの臭い」を感じること。
「友達と楽しくおしゃべりしている様子。」が見えること。
「家族から口臭が治ってよかったね。」と言われている様子が見えること。
このイメージが描ける人と、イメージできない人では、当然、違った行動になるでしょう。

そして、もう一つの「続ける自信がない」という自己イメージが、本当は大きな原因かもしれません。

今まで、何をやっても3日坊主だったという人がおられます。
そんな癖がついていると、もう一人の自分が「どうせ今度も続けられないよ。」とささやくかもしれません。

この自己対話が問題です。

誰でも、やろうと決意していても、こんなふうに足を引っ張られたら、やめたほうが楽な気がします。

その結果…。。。

では、どうすれば、続けることができるでしょうか?

それは、明るい未来をイメージしながら毎日歯磨きをすることです。
そして、それが習慣になるまで続ける。

習慣になれば、よけいなことを考えることがなくなります。

今までの歯磨きもそうだと思います。
毎日、「歯磨きをしようかどうしようか?」とは考えてはなかったはずです。歯磨きは習慣ですから。

そんなものです。習慣になるまで続けると楽です。
美息美人(びいきびじん)で歯磨きをしないほうが気持ち悪いかもしれません。

ですから、最低でも(返金保障期間の)90日間はお使いくださるようお願いします。


いい息をつくりだすためには

  こちらもご覧ください

↓ ↓

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する