日本人に多いうんこ臭(便臭)ってどんな口臭?うんこ臭くなる原因4つと対策

便器

うんこ臭、おなら臭の口臭は、日本人特有のニオイ?

口臭がうんこ臭い(便臭)って、どんなニオイ?

狭い部屋でむっと(又はもわっと)くるニオイです。人によっては、漬物のにおいと表現する人もいますが、懐かしいようなニオイです。このうんこ臭い口臭の悩みは、とても多いようです。口臭がうんこ臭いという悩み相談はYAHOO!!知恵袋などでも良くでています。

口臭がうんこ臭いです!!!強烈!!! 自分でもわかるくらいくさい…

皆さん、このうんこ臭い口臭(便臭・おなら臭)で悩まれているのですが、なんと、このうんこ臭は、日本人なら誰でも多少はあるようです。詳しくは『息を嗅ぐだけで原因と対策が分かる!?』もご参考にしてください。

安心されましたか?どうして、日本人はうんこ臭い・おなら臭い口臭がしているのでしょう?

今回の記事は、うんこ臭い口臭の原因と対策についてお伝えします。もし、そのような口臭でお悩みでしたらご参考にしてください。

便の臭い

「うんこの臭いがする」と口では簡単に言えますが、便の臭いを言葉で表現するとなると難しいですよね。臭い便のニオイには、「腐敗臭」のほかに「硫黄臭」と「酸っぱい臭い」があります。

実は、これらの便臭は腸内発酵によって発生します。腸内発酵が進み腸内のガスがたまると、排便時だけではなく体臭や口臭として出てくるのです。オナラを出していないのに、腐敗臭や硫黄臭がしたら腸内発酵を疑うと良いかもしれません。便臭について詳しくは『おなら臭い口臭!?臭くなる原因と対策方法』をご参考にしてください。

「腸内体臭」です。腸内で食物が細菌により発酵分解されて発生し、体に吸収された後、汗や口臭として出る体臭です。
引用:五味クリニック

便臭は、腸内の悪玉菌が過剰に増えると起きやすくなります。ですから、便臭や腐敗臭を予防するには、腸内にビフィズス菌などの善玉菌を増やすことが大切です。

ビフィズス菌を増やすためには、植物繊維、乳酸菌類、オリゴ糖を含む食材を積極的に摂取することをおすすめします。そして、できれば、肉類などのたんぱく質の摂取を控えることが大切です。

あなたが悩んでいる「腐敗臭」や「便臭」は、腸内体臭に属します。腐敗臭や便臭に代表されるニオイ成分は、「メチルメルカプタン」「硫化水素」「インドール」「スカトール」「アミン類」などの含硫化合物や窒素化合物です。
これらは、腸内で食物のタンパク質が細菌により分解されるときに発生します。タンパク質を分解するのは、主にウエルシュ菌等の悪玉菌です。
したがって、便臭予防の第一は、ビフィズス菌のような善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすような食物を摂取することです。

引用:五味クリニック

便が硫黄臭い、酸っぱい臭いがする

健康な便は、黄色くバナナの形をしています。そして、臭いはキュウリのような酸っぱい臭いです。排便の後に、色や形、臭いを嗅ぐことで健康状態をチェックできるので、是非お試しください。

しかし、便が硫黄臭い場合は、下痢(または下痢ぎみ)のときに多いです。細菌性の下痢になると、便が硫黄臭くなり、便の色が白っぽくなったり、血便が混じりいちごジャムのような色になることもあります。

硫黄臭いとか便の色が悪い時には、すぐに胃腸科を受診されることをおすすめします。

口臭がうんこ臭いのは

うんこ臭いニオイとは、どのようなニオイをいうのでしょう?うんこ(便)のニオイの元は、食べたものが腸の中で発酵したときに出るガスということがわかりましたか?

腸で発生するガスには2つあります。一つはメタンガス。おならがメタンガスです。そして、もう一つは水素ガス。メタンガスと水素ガスとも、血管内に吸収され呼吸に混じり出るので口臭となります。

このプロセスは誰でも起きているのですが、ニオイに差があるのはメタンガスと水素ガスの濃度に違いがあるからです。

呼気に含まれる水素ガス濃度やメタンガス濃度を測定すると、これらの濃度が正常な人に比べて多い場合は、多くの場合、腸内の異常発酵、過敏性大腸炎、慢性便秘、潰瘍性大腸炎、C型肝炎、H2ブロッカー服用中(胃の悪い人です)や、他の病気とも相関性を持っていることが知られています。
引用;便臭・おなら臭について 本田歯科

だから、メタンガス・水素ガスの濃度が低い人の場合には、「ぬか臭い」口臭。周囲に迷惑にならない程度のニオイです。「どこかで嗅いだことがあるなつかしいニオイ」なのです。

ところが、メタンガス・水素ガスの濃度が高いと、「うっ!臭い!うんこの臭いがする。」となります。このうんこ臭い口臭がどうして起こるのかご説明します。

うんこ臭い口臭はストレスが原因

腸が欧米人と比べて長いからという俗説があります。しかし、日本人の腸が長いという根拠がないそうです。

それよりも、日本はストレス社会で、精神的・肉体的にもストレスがたまりやすい。ストレスがあると、腸が活発に動かないことから、ストレス性胃腸炎になっていたり、過敏性大腸炎、慢性便秘が原因で腸内の異常発酵が起きやすいことが原因のようです。詳しくは『その口臭!ストレスが原因かも?』をご参考にしてください。

うんこ臭い口臭は便秘が原因

  • 朝ゆっくりとトイレに入る時間がない。
  • 運動不足。
  • 肉類が中心で、繊維の含まれる野菜を摂取しない。

などの理由から、現在社会では便秘ぎみの人が多くなっています。便秘になると腸内の排泄物が発酵しガスが出来ます。

腸内のガスが、直接、口に出てくるわけではないのですが、腸内にガスがたまると、血液に吸収されて肺を通って呼気となって口や鼻から、うんこ臭・おなら臭として出ます。

ですから、うんこの臭いというよりも、正確にはおならの臭いかもしれません。詳しくは『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

うんこ臭い口臭は胃腸以外の原因

うんこの臭いをしているかといって、胃腸が原因とは限りません。人によっては、喉からうんこ臭がすることがあります。

喉からの臭いは、蓄膿症や鼻炎によって喉の両脇に「臭い玉」(膿栓のうせん)が出来たり、臭い粘液が出ていることが原因です。この場合、うんこ臭というよりも下水の臭いに近いかもしれません。

他にも、舌に真っ白い苔状のものができる舌苔(ぜったい)によって、凄い悪臭を放つことがあります。舌苔(ぜったい)の場合のにおいは、どちらかというと、漬物の臭いに近いかもしれません。

うんこ臭い口臭の対策

うんこ臭は、胃腸や喉、または舌が原因ですから、このうんこ臭(又は、おなら臭)がしてるからといって、歯ブラシで歯をどれだけ磨いても、このニオイを消すことは不可能です。

それどころか、歯磨き粉の香料とうんこ臭が混じると異様なニオイとなることがあります。
歯磨き粉を選ぶときには、香料が入っていないか気をつけないといけません。

胃腸の不調が原因となるうんこ臭(又はおなら臭)を消したいのであれば、次の方法をお勧めします。

うんこ臭を改善するための方法

  1. 腹筋運動やウォーキングなどの運動をして腸の動きを活発にする。
  2. リラックスしてストレスをためないようにする。
  3. 暴飲暴食しない。
  4. 喫煙習慣をやめる。喫煙は腸内にガスがたまります。
  5. 食物繊維や発酵食品をよく摂る。
  6. 肉の多い食事を減らす。
  7. 睡眠時間を十分とる。

腸が健康になれば、うんこ臭(又はおなら臭)が治るだけではなく身体全体が元気になれますので、是非、お試しください。

腸内発酵をしていないけれどうんこ臭い口臭がするのは

腸内に異常がないのに口臭がする場合には、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)などに口臭原因があるかもしれません。

人の嗅覚には個人差があり、同じニオイを嗅いでもいろんな取り方をします。たとえば、下水のニオイや残飯が腐ったニオイでも、「うんこの臭い」と感じる場合があります。だから、一言に「うんこ臭」といっても、違うニオイの場合があります。

今からご紹介するのは、そのようなうんこ臭の原因です。

  • 虫歯からでる腐敗臭
  • 歯周病菌がつくる膿の臭い
  • 舌苔からでる口臭
  • 膿栓・膿汁の臭い
  • 蓄膿症(副鼻腔炎)の膿の臭い
  • 歯磨き不足でプラークからでる腐敗臭
  • 口腔がん、舌がん、咽喉がん、など

これらが原因となっても、うんこ臭(便臭・おなら臭)に近い口臭が発生します。口臭原因は人によって様々、そして、対策方法も異なります。詳しくは『日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?
』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する