何度も舌が白くなる!?しつこい舌苔の取り方はコレ!

キウイを食べる

しつこい舌苔(ぜったい)を取る方法

舌が白くなると見た目が悪いし口臭が発生します。だから、舌をきれいにしたいはず。

ところが、舌をきれいにしようと、舌磨きを行ったり色んな努力をしても、少しきれいになる程度で、すぐに舌苔(ぜったい)ができて舌が白くなります。

自分の舌だけ白くなるのはどうして?と憂鬱になっているかもしれませんね。今回の記事は、しつこい舌苔(ぜったい)になる原因と対策法についてご紹介します。

しつこい舌苔(ぜったい)

舌磨きで白くなった舌

舌が白くなるのは、健康な人であればよくあることです。しかし、その状態は、ピンク色の舌の上に薄く白い膜が張った程度。これは、舌乳頭の角化によって、舌表面だけが白く見えるからです。

ところが、病的に舌の上に真っ白い(または黄色い)苔ができる場合があります。人によっては黒い苔ができる場合もありますが、その場合は、抗生物質による副作用のこともあるので、お医者さんにご相談されることをおすすめします。

舌苔を取ろうと舌を磨いたり様々なケアをしても、すぐにキレイになる人もいれば、舌の毛が逆立ち白い苔が取れない人もいます。

また、舌のケアをした時にはキレイになっていても、翌日にはまた白い苔ができる場合があります。

このように、舌苔はしつこいもの。その理由は、舌苔ができる人はできやすい何かがあるからです。

舌苔を除去するために、まずは舌について知ることが大切です。

舌の構造

sita

舌の表面は、上図のように乳頭で覆われています。
舌苔(ぜったい)は、舌の中央部から奥にかけてできます。その理由は糸状乳頭などの乳頭が多い場所だからです。

舌苔ができる理由

ばい菌のかたまり

舌苔ができると口臭を発生するのですが、舌苔は何から出来ているかご存じですか?

食事をした後、食べかすが口の中のいろんなところに付着します。もちろん舌にも汚れが着きます。口の中では死んだ細胞がはがれますが、このはがれた細胞の死がいも舌に付きます。

下図は舌の断面図です。ヒダヒダ状のものは舌乳頭です。

nyuto

食べかすや死んだ細胞を分解するために、口の中には細菌が無数に存在しています。じつは細菌は本来は人の役に立っています。人は細菌と共存しているので常在菌と呼びます。

細菌が集まると、ネバネバしたプラークを形成します。これが舌苔です。舌が白くなる原因については、こちらの記事『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

プラークは歯にも付きますが、歯に付いたプラークはブラッシングすることで容易に取ることができます。しかし、舌の苔(プラーク)は歯を磨くようにはいきません。

舌磨きが舌苔を悪化させる

正しい舌磨きの方法

舌苔ができたからといって、舌を歯ブラシなどで磨く人が多いのですが、舌の粘膜は手や足の肌とは違いとてもデリケートな作りです。

そのような舌を歯ブラシや舌ブラシで強く磨くと簡単に傷がついてしまいます。その結果、細胞がはがれ細菌が増える。そして、よけいに舌が白くなってしまう人が多くあります。

舌苔が厚くなっている場合には、過剰に舌磨きを行っていたからかもしれません。先ほどの図を見ると分かりますが、舌磨きをしても苔が取れるのは、舌の表面の部分だけ。乳頭と乳頭の間にある汚れは残ります。

だから、舌磨きをしても舌が白く見えるのです。

舌が白くなるから舌磨きをする。舌磨きによって舌苔が厚くなる。舌磨きをしても簡単には落ちないのでゴシゴシと舌をこすり傷をつける。その結果…舌苔は段々厚くなり口臭もひどくなる。このような最悪なスパイラルにはまっているケースが多いのです。

詳しくはこちら『舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?』をご参考にしてください。

何度も舌苔ができる理由

病気の男性

舌苔ができるのは、身体の免疫力が低下したときによくできます。風邪で高熱を出したり疲労がたまると舌苔ができます。詳しくはこちら『膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法』をご参考にしてください。

慢性の胃炎や消化不良の人、その他、妊娠・生理などでホルモンバランスが崩れた時や、喫煙本数の多い人に舌苔ができやすいのは、免疫力が落ちているからです。この場合は、舌苔が黄色くなることも。

また、舌苔ができるのは自律神経とも関係します。ストレスがあると自律神経に影響します。詳しくはこちら『意外と知られていない「舌が白くなる」原因…自律神経の乱れ』をご参考にしてください。

不安や恐怖心があると緊張し交感神経が活発になる。交感神経が働くと、唾液が粘つき口腔乾燥を起こし舌がパサパサになります。

舌が乾くと厚い舌苔ができます。

もう分かったかもしれませんが、舌がキレイになっても、心身が不調になればすぐに舌苔はできるのです。だから、舌苔は厄介なのです。

舌苔を予防するケア方法

鏡の前で歯磨き

これまでの説明を読んで、舌苔を取ることをあきらめていませんか?あきらめてはいけません。舌苔は厄介なモノですが、出来にくくする方法があるからです。

舌苔は細菌が作ります。だから、細菌をコントロールすれば舌苔はできにくくなります。本当です。口の中に細菌が10,000個よりも100個しかない方が、細菌の増える数は違ってきます。

細菌は倍々と増えるので、元の数が多ければそれだけ増えるからです。舌苔をできにくくするには、元ある細菌をできるだけ少なくすれば良いのです。

それが、口腔ケアです。毎日、正しく口腔ケアと舌ケアをして口内環境を変えてください。舌のケアについて詳しくはこちら『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください』をご参考にしてください。

そして、よく噛み、よく喋り、よく笑い、良く動き、よく寝る。規則正しい生活をし免疫力が高めれば、口内の菌が増えることはありません。その結果、毎日舌がキレイになります。

舌苔を取る正しい方法

舌苔の対策に舌磨きが良くないことはご理解できたと思います。では、実際にどうすれば良いでしょう?

それには、口腔内の細菌の性質を知るとか、自身が唾液が少ないドライマウス症かどうかを知ることも大事です。

その上で、自分に一番合った舌のケアを行うことがコツです。その方法がこちらに載っていますのでご参考にしてくだされば幸いです。

⇒ 美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する