舌が白くなる原因とは

舌の白いものを取る方法

舌が白くなると見た目が悪いだけではなく口臭も発生します。ですから、舌の白いものをなくしたいのはやまやま。

舌が白くなるのは、どうして?
どうして、自分だけ舌が白くなるの?

と憂鬱になっているかもしれませんね。そのような疑問にお答えします。

舌の構造

sita

舌の表面は、上図のように乳頭で覆われています。
そして、舌が白いもの(舌苔)は、舌の中央部と奥に多くできます。その理由は糸状乳頭などの乳頭が多い場所だからです。

舌苔ができる理由

舌苔ができると口臭を発生するのですが、この舌苔は何から出来ているかご存じですか?

食事をした後には食べかすが口の中のいろんなところに付着します。もちろん舌にも汚れが着きます。口の中では死んだ細胞が剥がれますが、このような剥がれた細胞も舌に留まります。

下図は舌の断面図です。ヒダヒダ状のものは舌乳頭です。

nyuto

食べかすや死んだ細胞を分解するために口の中には細菌が無数に存在しています。じつは細菌は本来は人の役に立っているのです。だから常在菌と呼びます。

細菌が集まると、ネバネバしたプラークを形成します。これが舌苔です。
プラークは歯にも付きますが、ブラッシングすることで容易に取ることができます。

舌磨きが舌を白くしている

だからといって、舌を歯ブラシなどで磨く人が多いのですが、舌の粘膜は手や足の肌とは違いとてもデリケートな作りです。そのような舌を歯ブラシや舌ブラシで強く磨くと簡単に傷がついてしまいます。その結果、細胞が剥がれて細菌が増えるためによけいに舌も白くなってしまうことがあります。

舌苔が厚くなっている!
そのような場合には、過剰に舌磨きを行っていたからかもしれません。

舌が白くなるから舌磨きをする。舌磨きによって舌苔が厚くなる。舌磨きをしても簡単には落ちないのでゴシゴシと舌をこすり傷をつける。その結果…舌苔は段々厚くなり口臭もひどくなる。このような最悪なスパイラルにはまっているケースが多いです。

舌苔を取る正しい方法

舌磨きは良くないことはご理解できたと思います。では、実際にどうすれば良いでしょう?
それには、口腔内の細菌の性質を知るとか、自身が唾液が少ないドライマウス症かどうかを知ることも大事です。その上で、自分に一番合った舌苔対策を行うことがコツです。その方法がこちらに載っています。

⇒ 美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する