歯周病は治る?治らない?再発させないためのプラークコントロール法

歯周病は完治しない!歯周病で困らないためには、うまく歯周病菌と共生することが重要

歯周病は厄介な病気です。歯医者で長期間治療しやっと治ったと思ったら、忘れたころに歯ぐきが腫れます。

歯周病で歯ぐきが腫れると、出血や膿が出る。口臭もするので、周囲に気を遣うことになるかもしれません。

ですから、歯周病になると一日一倍ブラッシングも丁寧にするのではないでしょうか?それだけ気をつけているのに、体調が少し悪くなるだけで歯周病が再発することは珍しくありません。

もし、このような厄介な歯周病でお困りでしたら、今回の記事では、「歯周病を正しく理解していただき正しく予防する方法」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

歯周病は治らない!再発を繰り返す

8年以上も前の私自身の話です。その頃、歯磨きをきちんと行っているのに歯周病が進行し、歯ぐきが腫れては歯医者さんにかかり、少し良くなったかと思うと、また歯ぐきが腫れるという繰り返しをしていました。

もちろん、歯ぐきが腫れたときには口臭もひどかったようです。というのは、自分にはどれだけ臭っていたのかが分かりませんでしたが、毎朝、妻が「最近、息がにおう。」と教えてくれました。

心配になり、使った歯間ブラシのニオイを嗅ぐと血なまぐさい臭いが。妻も相当臭かったかもしれません。

そのような時に歯磨きをすると、歯周ポケットから臭い膿が出てくるのも分かりました。気分が悪くなったのを覚えています。膿ですから、臭くて当然です。
臭いが気になるので、その部分をしつこくブラッシングをして口をゆすぐをと、洗面台がきれいな血の色に染まり、再度ショックを受けたものです。腫れていた歯ぐきの皮膚が、強く歯磨きをしたので破れたのかもしれません。

その頃は、まだ「美息美人(びいきびじん)」を開発していなかったので、歯ぐきが腫れては歯医者さんにかかり、治ってもすぐに歯ぐきが腫れるという繰り返しをしていました。

結局、最終的に抜歯することで治ったのですが。。。。歯を抜いたことが正しかったかどうかは分かりませんが、抜歯したことで厄介な歯周病との戦いにエンディングを打ったはずでした。

しかし、歯周病は終わらなかったのです。抜歯して歯がなくなったのに歯周病が終わらない。その理由は、違う歯の部分が歯周病になったからです。

歯医者さんも歯周病は治らないと思っている?

歯周病について勘違いしていたら、私の二の舞を踏んでしまうかもしれません。
そうならないように、この後、歯周病に関する真実をお話ししますので、しっかりとお読みくださるようお願いします。

2日前に、自宅にこの会誌が送られてきました。日本歯周病学会の会員に定期的に送ってくる本です。歯周病のついて学ぶために数年前からこの学会に入会しています。(2015年3月に退会。現在は日本口臭学会に入会)

本の中をぱらぱらとめくっていると、歯科医向けの広告が目にとまりました。

いきなりタイトルが、「慢性疾患としての歯周病へのアプローチ」。そして、サブタイトルが、「歯周病は治るのか?」これが、今日伝えたかったことです。

この本は、歯周病専門医のための専門書です。そして、最先端の歯周病に関する知識が詰め込まれた本です。それなのに、歯科医に向けて「歯周病は治るのだろうか?」という疑問形のコピーが。この意味は、歯医者さんたちの間でも、歯周病は治らない厄介ものだからです。

しかし、患者さんがこのタイトル「歯周病は治るのか?」を目にしたら、仰天するかもしれません。というのは、患者さんにすれば、歯医者さんにかかれば、歯周病は治ると信じているに違いないからです。

ですから、今、歯周病を治療するために歯医者さんに通っている人が、これを知ったらショックを受けるかもしれません。
歯医者さんが、「歯周病は治るのか?」と聞かれているのですから。こちらが質問したい言葉ですよね。でも、これが歯周病というものです。

歯周病が治らない理由

歯周病が治らない。どうして何度も再発するのかというと、歯周病は歯周病菌が起こす病気だからです。ですから、歯ぐきが腫れ、たとえ歯医者さんで治療して一時的に治ったとしても、歯周病菌が無くならないかぎり何度でも歯周病菌は悪さをします。

その度に、歯を支えている歯周組織や歯槽骨が退縮してしまうと、歯ぐきが自然と元に戻ることはありません。それに、歯槽骨が退縮すると、歯ぐきが下に下がり歯が長く伸びたようになってしまい見た目も悪くなります。

歯周病をその状態でほっておくと、歯がぐらぐらと動揺し、しまいには抜歯することになるかもしれません。これが、歯周病になってからの一般的なプロセスです。詳しくは『歯周病の口臭は治らないかも…その理由は?最善の対処方法は?』をご参考にしてください。

歯周病が悪化しないようにするには

この本では、「歯周病が悪化しないようにどうすればいいのか?」ということが書かれていています。

それは…バイオフィルムをコントロールする環境をつくること ※バイオフィルムとは、細菌の集まった状態またはプラークとも言う場合もあります。

なんか難しそうですが、「バイオフィルムのコントロール」を簡単に説明すると、

  1. 歯周病が悪化しないように、定期的に歯医者さんで歯石を取ってもらう。
  2. 歯周ポケット内のバイオフィルムをかき出すようにブラッシングをていねいにする。
  3. 口腔内を清潔にして細菌が増えないようにコントロールする。
  4. 口腔内が酸性に傾かないようにする。
  5. 唾液の分泌を促すようにする。

こういうことだそうです。歯周病の予防には、歯垢(プラーク)をコントロールすることが最も大事なことです。

でも、「言うは易し、行うは難し!」

じゃあ。実際、どうすればいいの?

歯周病予防のためのプラークコントロールの方法

歯医者さんに定期的に行くことはできます。でも、お家でのブラッシングとなると自信がないという人が多いのです。

そんな状態で、どうやって細菌をコントロールしたらいいのか? それどころか、唾液が良く出るようにすることなんて出来ないという方が多いのではないでしょうか?

そうなんです。この本に書かれている理屈はよく分かるのですが、歯医者さんでない一般の人にとっては、「歯周病菌をコントロールするために何をすればいいのか」が分からないのです。

プラークコントロールの具体的な方法

    1. 歯周病予防の歯磨き粉を選ぶ。
      殺菌剤や歯肉炎を治す薬剤が入っているもの。
    2. 寝る前に10分くらい時間をかけ、すべての歯と歯ぐきの間をていねいにブラッシングする。
    3. 歯科で、2~3か月に一回は歯石除去とクリニーングをしてもらう。

歯周病の予防方法について、国民健康保健から動画がでています。こちらでくわしく説明しています。『歯周病予防と最新治療:国民健康保険』をご参考にしてください。

ドラッグストアに行けば、沢山の歯周病予防のための歯磨き粉が陳列していますが、どれを使えばいいのか分かりませんよね。本当に困ります。このように、分からないことが多すぎるのが現状ですので、歯周病で悩む前に歯医者さんに相談してアドバイスを受けるのが賢い方法かもしれません。

そして、歯磨きでお口の中を清潔にして細菌が増えないようにコントロールするために、オススメ出来るのは美息美人(びいきびじん)」です。

こちら⇒ 口臭予防歯磨き粉「美息美人びいきびじん)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

歯周病予防のために歯ぐきブラッシングをしたら、歯ぐきが下がった!?

歯周病による口臭はほっておくとタダではすまないかも?

大阪国民健康保険

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する