細菌を除菌して舌がきれいに?それって体に危険では?

細菌を除去すると舌がきれいになると思いますか?

新除菌成分配合のCMです!

※現在、youtube動画は登録削除されています。

この動画は、某○○リンのコマーシャルです。

どうして、この動画を紹介したかと申しますと…

舌が白くなって困っているあなたの誤解を解きたいからです。

舌苔ができて舌が白くなって気になっていると、このCMの○○クリンでお風呂がきれいになるように、舌もきれいになってほしいと願うことでしょう。

そして、その願望が強くなると、歯磨き粉でもお風呂洗剤と同じように除菌されるのではと勘違いするかもしれません。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」を1回使ったお客さまから

1回使ったけれど、舌の白いのが取れません。」とのお問い合わせをいただくことがあります。

お客さまと同じように、私もそれぐらい即効性があってほしいと願っているのですが、生身の人間の口の中では、即効で除菌することなんて到底無理です。

その理由は…お口の中は肛門よりも多くの細菌があると言われています。
もし、口の中の細菌を完璧に除菌するには、お風呂除菌剤のような強力除菌剤を使う必要があります。

もし、あなたのお口に強力除菌剤を入れたら、どうなるでしょう?

大変なことになってしまいます。口腔内の細胞がこわれてヒリヒリと痛むことでしょう。

歯磨きは、歯をきれいにすることが目的ですが、歯磨きをしたことによって、歯や舌を痛めたら本末転倒といえます。

ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人」に添加物を入れないで、自然の貝殻だけから作っているのは、そんな理由からです。

ですが、人間の身体を守ることを重視すると、細菌も生き残ってしまいます。

表面上は舌がきれいになっているように見えても、実際は、細菌がうようよと動いています。

でも、ご安心ください。

口の中で細菌が生きているほうが、健康な状態だからです。細菌には悪玉菌と善玉菌がいますが、これらの菌がバランスをとって健康がなりたっています。だから、どちらの菌も健康のためには必要です。

歯科衛生士さんが学校で学ぶ教科書の中には、これらの菌のことを常在菌として教えられています。

口の中にある細菌には、生命にかかわるような問題がないのですが、細菌が増えすぎると、色んな問題を起こします。

細菌が増えすぎると…歯周病、虫歯、そして、舌苔、膿栓などを悪化させます。

これらはすべて、細菌が異常増殖した結果です。ですから、大事なことは、完璧に殺菌するという考え方ではなく、細菌が増えすぎないようにコントロールするという考え方なのです。

たとえ悪玉菌でも、常在菌として一部の菌が増えすぎないように働いています。ですから、菌が増えすぎない、減り過ぎないようにコントロールすることが大事です。

無添加の口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水は、人にやさしく、細菌をコントロールする歯磨きです。

ですから、完璧に殺菌するという考え方ではなく、気長にこつこつと歯磨き習慣を楽しむことをおすすめしています。詳しくは『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法』をご参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事:歯医者が推奨する歯磨き粉ランキング

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する