原因の分からない口臭:歯磨きだけでは改善できない!?

全ての口臭は3つのポイントを押さえることで改善可能

口臭で困っているあなたならこれからお話しすることが理解できるかも。それは、次のような状況を経験したことがあるからです。

口臭が治らないので本当に憂鬱。歯医者に行って虫歯を治したし、歯周病治療も受けた。 でも口臭は治らない。
舌が白くなっていると、舌苔(ぜったい)が口臭原因だと教えられ、 せっせと舌磨きをしていると、舌苔は以前よりも悪化。
舌が真っ白になったので、もっとゴシゴシと舌磨きをするが、 今度は舌磨きでは取れないほどに悪化。さらに口臭もひどくなる。
のどの奥の方の舌が特に白くなっているので、 指で舌の粘つきをなぜて嗅いでみると、すごい悪臭! 歯医者さんに相談してみると、 「のどの粘つきは、舌苔(ぜったい)ではありませんよ。」 と、そっけない返答。
自宅に帰ってからも、のどの粘つきが気になり、 翌日、耳鼻咽喉科へ行き、 のどの粘つきについて相談しても、お医者さんからは、「粘ついたものは誰でも出ているものなので安心ください。」 「気になるようであれば、うがい薬を出しておきます。」とそっけない返答。

思い当たるふしはありませんか?
この話しは、長い間、口臭で困っている方に非常に多い例をまとめたものです。このように、多くの人が口臭で困っています。

それなのに…いまだに、口臭予防の歯磨きといえば、歯を磨くだけです。だから、ずっと言っていますよね。 歯磨きだけでは、口臭は治らないと。

それでも、日本中の歯磨き粉は、歯を磨くだけのものばかりです。ここでハッキリと申し上げます。

口臭を予防するためには、3つのポイントを押さえることが重要!

ポイント1:口臭原因は、舌、歯周ポケット、咽喉(のど)、虫歯、が全体の9割以上を占める。
ポイント2:特に頑固な口臭は、舌と咽喉(のど)から発生している。
ポイント3:咽喉(のど)にできる膿栓(のうせん)と粘液(膿汁:のうじゅう)を予防しなければ口臭は改善されない。虫歯が口臭原因であれば、歯科で治療を受けていねいに歯磨きケアを行えば、良くなります。でも、舌や咽喉(のど)に口臭原因がある場合には、虫歯のようにはいきません。

それに、口臭が酷いと必ずといっていいほど、膿栓(のうせん)を疑い膿栓(のうせん)さえ取れば治るものと思ってしまうようですが、何度、取っても膿栓(のうせん)はできます。

それだけではなく、たとえ膿栓(のうせん)を取っても、ニオイが治まるのは一時的で直ぐに口臭を感じるようになります。

それは、膿栓(のうせん)の元となる粘液(膿汁:のうじゅう)が出ていることを知らないからです。

この膿汁(のうじゅう)を予防することが出来れば、膿栓(のうせん)も出来なくなり口臭も予防できます。嘘ではありません。この方法で多くの方が改善されているのが何よりの証拠です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客さまからのコメントをご覧ください

もし、始めにお話しした例に、少しでも当てはまることがありましたら、それは、膿汁(のうじゅう)が原因かもしれません。口臭の元となる膿汁(のうじゅう)についてはこちらを参考にしてください。

⇒ 膿栓の真実

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

口の中が苦い!病気?

口臭原因、第3位 のど 第2位 歯周病 第1位は…

 

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する