唾のにおいにクラッ!口臭をなくす歯磨きの仕方

歯ぐきをブラッシング

唾の臭いをなくすには、一日2回5分以上の歯磨きが必要

あなたが忙しいのは分かっています。でもこの記事をお読みになると、1日2回5分間の歯磨きの重要さが理解できると思います。

口臭が気になると、歯磨き粉を変える人が多いかもしれません。でも、歯磨き粉だけ変えても、口臭がなくなることはありません。

その理由は、口臭菌はプラーク(バイオフィルム)となり、歯面にくっついているからです。口臭菌が増えると、歯面にとどまらず舌に付着したり唾液に溶け込む。そのため、歯磨き粉だけ変えたくらいでは、効果がないのです。詳しくは『「口臭予防歯磨き粉」は本当に効くのだろうか?』をご参考にしてください。

今回の記事は、効果的に口臭菌を除去し予防する方法についてお伝えします。ぜひ、ご参考にしてください。

唾液のにおいを嗅ぐと口臭がしているかチェックできる

うんこ臭いと鼻をつまむ女性

口臭がしているかどうかは、唾液のにおいを嗅ぐことで分かります。口臭の元となる物質は唾液に溶け込んでいます。口腔が乾燥し唾液の水分が蒸発すると、口臭の元も気化します。そして、呼吸や会話のときに口から口臭が出るのです。

だから、唾液が臭い場合は、口臭がしている。唾液が臭くない場合は、口臭がしていない。このように、判断して9割以上間違いないです。後の1割は、口からではなく、鼻から出る口臭があるからです。詳しくは『唾液が臭い原因と臭わなくする方法』をご参考にしてください。

口臭外来では、専門の口臭測定器を使用し、硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルフアイドという口臭3大ガスをくわしく測定します。でも、最後は歯医者さんの鼻で患者さんの息を嗅ぐことで、「口臭がしているかどうか」を判断するそうです。

誰に嗅いでもらってもいいのですが、唾液は自分で嗅ぐことができるので、口臭がしているか心配な方は、すぐにお試しください。

唾液チェックの仕方

指をなめる

  1. 指をなめる
  2. 唾が付いた指を乾かしてから、嗅ぐ

たった、これだけです。ただし、唾液は、口臭がしていない人でも、ぬか臭いようなぷ~んとしたニオイがしています。

それと、指で舌をこすってから嗅ぐと、ニオイが強くなるかもしれません。それは、舌には唾液以上に口臭菌が多いからです。

5分の歯磨きで唾液のにおいが減少する

口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客さまからのコメントより…

「送っていただいたパンフレットに、腕に唾液を付ける口臭チェック方法がありましたよね。え、これでわかるの?高額の口臭外来にも行きましたが、こんなこと教えてくれませんでした。
早速、唾液を嗅ぐ口臭チェック法を行ないチェックしたところ…クラッとしました。臭くて。そして、悲しくなりました。
やっぱりなと。それからというもの、頑張って美息美人で5分間以上歯を磨いています。おかげで、朝、晩、あの、クラッとするほどの匂いはましになりました。でも、まだ少しあります。一日の中でも、強い弱いがあるみたいです。」

歯磨きの5分間という時間は、口臭を治すために必要な時間なのです。あなたが忙しいのは分かっています。
でも、このコメントをお読みになると、5分間の歯磨きの重要さが理解できると思います。5分間以上歯磨きを行うと、ていねいに歯磨きが出来ます。

口臭がする、虫歯になる、歯周病になる、、、これらの最大原因は、歯磨き不足だといわれています。嘘だと思ったら、歯医者さんや歯科衛生士さんに質問してみてください。

だから、歯磨きの時間を増やすだけで、口臭を軽減させることができるのです。

2本の歯ブラシと歯間ブラシとワンタフトブラシを使うと、もっと口臭をなくせる

歯医者さんに行くと、歯科衛生士さんからブラッシング指導を受けます。しかし、人の口の中は複雑に歯が並んでいます。また、人によって、歯間がせまく歯ブラシの毛が入らないことも。

それを1本の歯ブラシでカバーするのは困難です。私のおすすめは、次のように4本の歯ブラシを使い分ける歯磨き方法です。

ハピカ歯ブラシとシステマ音波電動歯ブラシ

  1. 硬い毛先の歯ブラシ
  2. 極細毛の歯ブラシ
  3. 歯間ブラシ
  4. ワンタフトブラシ

使い方は、かんたんです。はじめに硬い毛先の歯ブラシを用い、全体を粗磨きする。次に、極細毛の歯ブラシを使って、硬い毛先の歯ブラシが届かない歯間と歯茎の溝を中心に磨く。

歯間ブラシ

ブラッシングの仕上げに、歯間ブラシを用い、歯間部分の清掃を行います。詳しくは『口臭の元!歯間ブラシが臭くなる原因と対策ポイント4つ』をご参考にしてください。

そして、最終仕上げに、歯周ポケットをワンタフトブラシを使ってなぜるようにして清掃します。

奥歯の奥をワンタフトブラシで磨く

できれば、歯ブラシは音波歯ブラシなどの電動歯ブラシがおすすめです。これでブラッシングは完璧です。

口臭対策はブラッシングだけでは完璧ではない

舌を磨く女の子

先ほど説明したブラッシングの仕方で、かなり口臭は改善できます。かなりというのは、口臭の原因は歯だけにあるのではありません。口臭菌は、口腔粘膜、舌粘膜、唾液の中にも存在します。

ですから、歯磨きをどれだけていねいに行っても、歯科治療を行っていても、口臭が治らないのは、そういう理由からです。

歯磨きを丁寧に行うだけで口臭がなくなるのなら、市販の歯磨き粉でも十分なわけです。

美息美人はアルカリイオン水にすることで、はじめて口臭原因菌に作用します。その理由は、口臭菌はアルカリ性の環境では生存できないからです。

しかし、歯周ポケットの中や喉に隠れている細菌には、中々、アルカリイオン水でも届きません。
口の中に数秒アルカリイオン水を含んだだけでは、細菌は死にません。

アルカリイオン水は、プラークを浮かす働きがありますが、それだけでは不十分です。大事なことは、ブラッシングによって、浮かしたプラークを除去することです。

ですから、一日一回、5分間以上は歯磨きをして頂きたいのです。

実際、このお客さまのように5分間の歯磨きを行うことで、口臭も改善されます。

アルカリイオン水のうがいで口臭を予防する

うがいする

ご相談のなかで、「一日の内にも口臭度合が強い弱い時間帯があるみたい…」と仰っていました。そうなのです。口臭原因が元気に増える時間帯というのがあります。
それは、唾液の分泌が減少する時間帯。寝ている時と、空腹時、口が乾く時です。
この時間帯になると、口臭が強くなります。
ですので、この時間帯に唾液が出るように工夫するのがいいのですが、寝ている時にお口の体操など出来るはずがありません。

おすすめは、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水でうがいを行うことです。
これだけで、唾液が減り酸性化した口中を簡単に中和させることができるからです。

次のコメントをお読みください。


「メルマガを読んで、食後のうがい。なるほど、早速試してみます。
私は、マスクのにおいで初めて自分の口臭に気づきました。
主人には以前から言われていましたが、歯科に行っても、歯周病も心配するほどでなく、歯は問題ないと言われていました。だから、主人が神経質なんだと思っていました。たまに、人と話すとき変なそぶりをされていましたが、あまり気にしないようにしていました。今、考えると申し訳なかったです。」

歯医者さんに行っても、このコメントのように虫歯も歯周病にもなっていないので口臭の心配はないと言われるこことが多いようです。
でも、本当は口臭が発生している大部分は、舌に着いたプラークが原因なのです。

もちろん、歯周病や膿栓も口臭原因ですが、その場合でも舌が白くなって口臭を発していることがほとんどです。膿栓を取る方法として美息美人のアルカリイオン水のうがいがおすすめです。詳しくは『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。

それに、口臭があっても、夫婦や家族でないと教えてもらえないものです。

口臭がしていることを指摘されると、その時は感情的に受け止めてしまうものですが、振り返ると、言ってもらえて有難かったと思えるものです。

口臭が改善されて、はじめて分かることかもしれませんね。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する