臭い玉(膿栓・のうせん)はどこにできる?写真で説明します

seki

臭い玉(膿栓・のうせん)はどこにできる!?

口臭がしていることが分かり、歯医者さんで虫歯の治療を受けても口臭はいっこうに改善できない。

ネットで口臭についていろいろ調べてみると、「臭い玉」が口臭の原因になっていることがよくあるらしい。

でも、臭い玉なんて見たこともないし、どこにあるのかもわからない。だからといって、他人に「臭い玉」のことを聞くことなんでできない。

もしかしたら、そのようにお困りではありませんか?

今回の記事では、臭い玉がどこにできるのかについてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

臭い玉(膿栓・のうせん)って何?

えっへん!咳をすると、白い米粒のようなものが。。。

何だ? これは?

臭い玉を嗅ぐとどんなニオイ?

もしかすると…これが、噂に聞く臭い玉?

そうです。これが臭い玉です。正式には膿栓(のうせん)というものです。恐る恐る「臭い玉」を鼻に近づけ、ニオイを嗅いでみると、

うっっ! くさ~い。。。

臭い玉という名前のとおり、臭い!! 臭い玉とはうまくネーミングしたものです。
こんなことに関心している場合ではないです。

こんなに臭いものが、自分の喉にあるのだから息もくさいに違いない。

臭い玉はどこにできる?

nousen-zu

上図で左が、健康な人の口の中。右が口腔環境が悪い人の口と喉です。

喉の左右にあるふくらみが扁桃腺です。扁桃腺には、小さな穴がいくつかあります。その扁桃腺の穴から出てきているのが臭い玉です。臭い玉はここにできます。

右の口腔環境が悪い人の場合には、臭い玉のほかに、舌の上が白くなり舌苔(ぜったい)ができています。このように、舌が白くなっている人の場合には、臭い玉もできていることが多いのです。

もっと分かりやすく説明するために、実際に臭い玉(膿栓)ができている人の写真をお見せします。この方も、舌が白くなっています。

左の喉の奥に白く見えるのが臭い玉(膿栓)です。このように、扁桃腺のところに見えていることもありますが、普通は見えてないことのほうが多いかもしれません。

臭い玉は、おもに扁桃腺(口蓋扁桃・こうがいへんとう)にできます。扁桃腺はアーモンドの形をしていて、デコボコしています。そのデコボコのくぼみにいくつもの小さな穴があり、臭い玉はその穴にできます。
言葉だけではわかりにくいので、写真で説明します。

kusaitama0ko
上の写真で「のどちんこ」の左に扁桃腺が見えます。
でも、臭い玉は見えていません。このように、臭い玉は見えていないことが多いのです。

ところが、指で扁桃腺を開いてのぞくと…

たま2
白い臭い玉が、顔を見せました。扁桃腺の上部にある白いものが「臭い玉」です。今見えているのは2個だけですが、臭い玉はこれだけではありません。

臭い玉は、普通は小さな穴に埋まっているものです。でも、大きく育つと穴から顔を出してきます。

試しに扁桃腺を指で押さえてみると…

たま3
指で穴の周囲を圧迫すると、臭い玉が次から次へと連なって出てきました。

これは、YouTubeの動画です。これほど出なくても、臭い玉はこのようにして穴に埋まっているということを知ってほしかったのです。

臭い玉は、このようにして扁桃腺の穴に埋まっていることが多いのです。だから、見えていないのに臭いなんてことも。そして、臭い玉は扁桃腺だけではなく咽頭扁桃や舌根扁桃にもできます。だから、「扁桃腺を切除したから」と思っていても、臭い玉ができているかもしれません。詳しくは『口臭の元!膿栓(臭い玉)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

臭い玉ができていると口臭がする?

臭い玉(膿栓)があれば、口臭がしていると考えるのは当然のことでしょう。

でも、臭い玉(膿栓)が出来ても、みんながみんな臭いとは限りません。
というのも、臭い玉(膿栓)は誰にでも出来るものだからです。

どうして臭い玉(膿栓)ができるのか?

人間の身体は上手くできていて、外からウィルスなどが入って来た時に防御できるような仕組みがあります。
風邪ウィルスや細菌が喉に侵入してくると、扁桃から免疫物質を出して戦います。

そして、出来たウィルスの死骸のかたまりが、臭い玉(膿栓)です。だから、誰にでもできます。
ところが、臭い玉(膿栓)の出来る数や量に違いがあります。
人によって臭い玉(膿栓)が出来る数・量には違いができます。

どうして、臭い玉(膿栓)が多くできるのでしょう?

それは、ウィルスや細菌が多く喉に侵入してくるからです。
えっ?と思われるかもしれませんね。

良く風邪をひきやすい人、痰や咳が良く出る人、鼻水が良く出る人。このような人は、喉に細菌が繁殖しやすくなります。
先ほどお話ししましたように、細菌が侵入してくると免疫物質を出して戦います。

その結果、、、、臭い玉(膿栓)ができる。

こういうことだったのです。

臭い玉(膿栓)を出来なくするには

じゃあ。どうすれば臭い玉(膿栓)を出来にくくすることが出来るのでしょう?

その答えは 

↓↓

普段から口腔内や喉を清潔に保つこと。
歯みがきやうがいを充分に行うことで、口腔内や喉に細菌が増えないようにすることが肝心です。

口腔内の細菌数は、人間の身体の中でも最も多い箇所だといわれていますので、きれいにし過ぎることはありません。

きれいにしても、直ぐに細菌は増えるからです。

ですから、あなたのように、毎日、ていねいに歯磨きもしているし、うがいもしているのに、臭い玉(膿栓)ができるのです。

もし、臭い玉(膿栓)をなくしたいと真剣にお考えなら、こちらをご覧ください。

クリックしてください。

   ↓ ↓

口臭予防歯磨き粉「美息美人」通販ショップ公式サイト

ーーーーーーーーーーーーー

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する