舌苔をこっそり自宅で取る方法!

舌が白いからと一人悩む必要はありません。舌苔はこっそり自宅で取る方法があります。

舌苔があり口臭もするので一日も早く取りたいのではないでしょうか。しかし、市販の舌ブラシなどを使い舌を磨いてもなくなるどころか、慢性化することがあります。

だからといって、歯医者さんに行き白い舌を見せるのは恥ずかしいという人が多いです。女性であれば、汚れた舌を見せるのは躊躇してしまいますよね。

そのような方のために、今回の記事は、白くなった舌をこっそり自宅で治す方法をお伝えします。ぜひご参考にしてください。

舌が白くなる(舌苔ができる)原因

舌苔を取る前に、舌が白くなる(舌苔ができる)原因について知る必要があります。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

病的な原因で舌苔ができる

sitakoke

病的な原因で舌が白くなるケースでは、一般的に舌の表面が見えなくなるくらい舌苔が分厚いのが特徴です。厚い舌苔ができると、かなり強烈な口臭を発するので注意が必要です。

次のような病的疾患が原因であれば、まずはその病気を治すことが大事です。専門医にご相談されることをおすすめします。舌苔となっている病気が解決すれば、自然と舌苔がとれていきます。

1、耳鼻科疾患、
2、口腔疾患、消化器疾患
3、病的舌苔のある人
4、アレルギー

生活習慣や自律神経の乱れで白くなる

その日の体調や精神状態によって、舌の白さは変化します。口臭も強くなったり、弱くなったりと変わります。この場合は、白くなった舌にピンクの舌が薄く見えているのが特徴です。

病的原因とは関係なく舌が白くなる場合は、疲労などから体の抵抗力が落ちた時、他には、心配事などストレスがたまり自律神経が乱れたときに起きやすくなります。

他にも、次のようなことがあると舌が白くなります。

1、喫煙
2、暴飲、暴食
3、睡眠不足
4、口呼吸
5、ドライマウス症
6、歯磨き不足などで口腔内が不清潔
7、ストレス
8、過剰な舌磨き。詳しくは『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法』をご参考にしてください。

生活習慣が、舌苔の原因となっている場合には、正しい生活習慣にもどすことで、容易に舌も改善されます。

ストレスが舌苔ができる最大の原因

じつは、現在人は、ストレスが多いので、精神状態も良くありません。唾液の分泌は自律神経に作用されるので、不安や緊張などが重なると交感神経だけが活発になり唾液が出なくなります。そして、口が乾き舌が白くなるのです。

舌が白くなると、見た目も恥ずかしいし口臭がして周囲に迷惑をかけているかもしれません。だからといって、舌が白いとか口臭があるのではと悩むことも良くありません。

舌の白さを取りたいのに、そのことで悩んで余計に舌苔ができてしまう。そのような本末転倒におちいってしまうことが多いのですね。

では、どうすればいいのでしょうか?

先ほど、ストレスは現在人の特長といいましたが、昔の人の生活や赤ちゃんには、あまりストレスがありませんよね。

赤ちゃんは、お腹が減ると大きな声を出して泣きます。ちょっとしたことでも笑います。そして、眠くなると、また泣きます。おしっこをしても泣きます。大人になると恥ずかしくて出来ないことばかりです。

昔の人の生活スタイルはというと、大自然のなかで、農業や漁業、林業をしていました。
広いところで、大きな声を出して話しました。大きな声で歌を歌いながら仕事をしました。

きれいな空気を吸い、おいしい水を飲み、汚染されていない新鮮な野菜やお米を食べていました。
純朴な人が多いので、人間関係で悩むことも少なく、子供のように良く笑っていたはずです。

アフリカの未開地の部族は、今でも昔の人のような生き方をしています。

…なにを申したいかというと、

昔の人や未開地の人の生活スタイルをしていると、ストレスも少ないので唾液も十分に分泌され、結果として、舌も白くなるようなこともなく、虫歯や歯周病になることも減るので、口臭がなくなるのです!

現在人の私たちは、ここまで、徹底して昔の生活スタイルにもどせませんが、できることは学ぶことが大事です。

私たちができることとは…

1、良く噛むこと。現在人は加工品が多く咀嚼回数が少ないといわれています。良く噛むと唾液がたくさん出るので、野菜や固いものを食事に取り入れることが大事かもしれません。
2、良くしゃべる。良くしゃべると顎や舌を使うので、唾液腺を刺激します。でも会話の効果はそれだけではありません。会話で楽しくなると、ストレスが減り自律神経を整える効果も期待できます。
3、大きな声を出す。発声することは大事です。特に大きな声をだすと積極性がうまれるので、自律神経を整えるにはいいことです。
4、良く笑う。笑うことは精神の健康上、大切なことです。笑うとリラックスするので、唾液が良く出るようになります。
5、趣味をする。歌が好きなら歌をうたうとか読書も良いです。自分の好きなことに没頭するとリラックスし副交感神経が活発に働きます。
6、体を動かす。体を動かすと、自然と自律神経が働き自律神経のバランスがよくなります。

これらは、私が実践していて、みなさんにおすすめしている方法です。
特に体を動かすことは大事です。体を動かすと、なぜか元気になり良く話すようになります。是非、お試しください。

もちろん、現在人のあなたが舌苔や口臭を予防するには、これだけでは足りません。毎日のケアが重要です。詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する