なぜ歯石取りが必要なのですか?

なぜ歯石取りが必要なのですか?

歯医者さんに行くと必ずといっていいほど歯石取り(定期健診)を勧められます。歯石を取ることはいいことは理解しているつもりですが、「毎日、歯磨きをしているのに、それほど小まめに歯石を取る必要があるの?」と疑問に思いませんか?

また、歯石を取ったあと、「歯がしみるようになった。」という話もよく聞くのでは。それに、歯医者さんによって、歯石取りの料金も様々。また、定期健診も3か月おきだったり、4か月おきだったり。

「本当に歯石取りが必要なのだろうか?」今回の記事では、歯石取り(定期健診)の疑問を解決するためにお伝えします。ぜひご参考にしてください。

歯医者さんに歯石を取りに行ってきました

今日、3か月に1回の定期検診とスケーリング(歯石除去)をしてもらうために掛かりつけの歯科医院に行ってきました。

かかりつけの歯医者さんから、きちんと3か月ごとに定期健診のはがきが送られてきますので、私も律儀に、きちんと3か月に1回は、定期健診を受けて、スケーリングと歯のクリーニングをしてもらうようにしています。

担当のかわいい歯科衛生士さんが私の口の状態を調べると…
歯科衛生士さん「きれいに磨けていますね!」私「そうですか?有難うございます。」とのやり取りから始まります。

ところが、歯石を削る作業に入ると、目を瞑っていても、想像以上に削り取っている様子が、分かります。先ほど、きれいだと言っていたのに…。先ほどの歯科衛生士さんの言葉はビジネストーク?そんなに歯石が着いているの?

それで、恐る恐る歯科衛生士さんに聞いてみました。私「やっぱり、歯肉の中には歯ブラシが届かないので磨けていないのでしょうね。」

歯科衛生士さん「どうしても、歯ブラシでは歯肉の間までは磨けませんので、誰でもこの部分には歯石が出来てしまいますね。」ということでした。このことが、歯石を取らないといけない大きな理由です。

もちろん、歯石が出来ると、プラークが着きやすくなり、細菌によって虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。そして、口臭も強くなります。

ですから、自分ではどれだけ口腔ケアが出来ていると思っていても、定期的にスケーリングや歯のクリーニングをしてもらうことは、口臭予防には大事なことなのです。

子どもの頃から虫歯が多く、差し歯や被せ物が多い私ですが、中年になった今でも歯が白いだけではなく、歯茎もピンク色! 舌の色もピンク色!を保っています。現在、これが自慢になっています。

定期健診の期間は何か月が適切?

私が虫歯にもならず、口臭もしない理由は、ずっと以前から3か月ごとに定期健診と歯石取り・クリーニングをきちんとしていたからかもしれません。

これが、4か月や5か月おきだったら、どうなっていたか分かりません。それどころか、何年も歯石を取らないでいたら、凄いことになるかも。

siseki

何年も歯石を取っていないと、このように歯の裏面にびっしりと歯石が着いていることがあります。

この状態になると、歯周病で歯ぐきにも炎症が起きています。歯根部分まで見えています。この状態で歯石をはがすとどうなると思いますか?

歯根部分が、あらわに見えることに。歯根部分は歯(エナメル質)と違い、柔らかい象牙質でできています。ですから、「シミル!」ことに。知覚過敏症になります。

もちろん、歯科で知覚過敏症の治療をすれば、痛みはなくなるので大丈夫ですが、治療をしないで帰宅すると、「歯石を取ったら、歯がしみる。」ということになるかもしれません。

定期健診の料金は?

費用といっても、歯石除去だけ行うのと、歯周ポケットの深さを測ったり、歯をきれいにクリーニングするPMTCまで受けるのでは異なります。だから、「歯医者によって料金が違う。」と勘違いされていることが多いのです。

ちなみに、1回の歯石除去する費用は、保険適用で2,000円~3,000円です。5~6回かけてきれいにしますが、保険適用以外で一度にきれいにする場合は、方法も費用も様々です。

歯石を取る必要があるか?

よくネットなどで、「歯石は取る必要がない!」などという記事も目にします。本当のところはどうなのでしょう?

「歯石を取ってはいけない」という人達の意見は、歯石は無駄なものではなく歯を支えているので、すべての歯石を取ると歯や歯ぐきが弱り、脱落するかもしれないという理由です。その他にも、知覚過敏になることもあるようです。

これは、高齢の人が何十年も歯石を取っていないケースで、いきなり歯石を取ったら歯周病で歯根があらわになってしまい、脱落したというようなこともあったということが、書かれていましたが、それは例外であり、大切なことはそこまで歯石を取っていなかったことにあります。

歯石があると、どうしていけないのかというと、歯石には無数の穴があいているために、細菌の温床となるからです。ご存じのように細菌が増えると虫歯や歯周病になるリスクが高まります。そして、口臭の原因にもなります。

そのようなことにならないように、定期的に歯石除去を行なうことは賢い方法です。もちろん、それだけで安心してはいけません。大事なことは、その後のブラッシングケアです。

そのためにも、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する