膿栓(のうせん)を取りたい!?膿栓を取ってはいけない理由

nodokaranokousyu

警告します!このブログを読む前に膿栓(のうせん)を取ってはいけません!

口臭が気になると、一番に思いつくのが膿栓(のうせん)です。
というのも、充分に歯磨きをして歯医者で診てもらっても、口臭が治らないからです。

もしかしたら、あなたは歯医者さんだけなく口臭外来にかかったかもしれませんね。それでも、口臭が治らないとすると、次に疑うのは、内臓か膿栓(のうせん)ということになりますよね。

わたしも口臭で悩んでいた時期にはそのように思っていましたので、自然のことかもしれません。

でも、お待ちください!

だからといって、いきなり膿栓(のうせん)をとろうとしては大変なことになります。喉を傷つけてしまい炎症を起こしてしまうかもしれません。詳しくは『膿栓(臭い玉)を取ると喉の口内炎になる?』をご参考にしてください。

それに、耳鼻咽喉科のお医者さんの見解では、膿栓(のうせん)は誰にでもできるもので、人間の体の働きの上では大事なことみたいです。

素人考えは危険! です。

膿栓(のうせん)の症状

膿栓

専門的には『膿栓(のうせん)』と呼ばれます。人によっては、臭い玉、匂い玉、臭玉といわれますが、どれも臭いからついた名称です。

膿栓は、のどの奥にたまった細菌やウイルスの死骸が固まったものです。

ノドの左右にある扁桃(へんとう)には、直径3~4mmほどの腺窩(せんか)という穴がいくつも開いています。
この穴にたまった白い塊が、ある日、咳をした時に、ころんと口の奥に落ちることがあります。

のどの脇についている膿栓(のうせん)を鏡で見て、腫ようではないかと不安に思う人もいますが、そうではありませんのでご安心ください。膿栓(のうせん)は慢性扁桃炎になると多くできます。

nousen zengo

慢性扁桃炎は、炎症が続いたままになる状態で、軽ければ自覚症状はありません。

扁桃(へんとう)は通常でも細菌と戦って膿(うみ)が出ているのですが、慢性扁桃炎になると膿の量が増え、扁桃腺の周囲が赤く腫れます。

もし、扁桃(へんとう)を切除してしまったら膿栓(のうせん)はできないのでは?

そう思われるかもしれませんが、

じつは、扁桃(へんとう)を取ると、代わりになるリンパ組織が周囲に発達してきます。その部分に同様の炎症が起き、くぼんだ部分に膿が溜まるケースもあるようですので、短絡的に扁桃を切除してはいけません。

膿が出るようになると、口にネバネバした液が入ってくることがあります。この粘液には、ばい菌が混じっているため、口が苦くなったり舌苔ができる原因になります。詳しくは『口が苦いときの原因6つと対策』をご参考にしてください。

膿栓ができやすい体質ってある?

鼻水予防ミスト

膿栓ができる原因として多いのは、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎による後鼻漏です。後鼻漏は、鼻汁が鼻ではなく喉のほうに垂れる症状です。鼻汁が喉の壁につくことで喉にばい菌が増えます。そのことから扁桃炎を引き起こし膿栓ができることが多いです。

このほか、膿栓は風邪でもできます。しかし、個人差があります。それは、口呼吸とドライマウス。そして、病気、疲れ、ストレスによって免疫力の低い場合です。

膿栓ができやすい体質があります。体質として鼻炎など鼻アレルギーの人風邪をひきやすい人、また歯磨きなどオーラルケアを怠る人に多い傾向があるようです。

このほか、一般的に口呼吸するくせのある人や、ドライマウスの傾向のある人は、口の中が乾燥しやすいので膿栓ができやすいと言われています。そして、今の時期、空気の乾燥する冬場にもできやすい傾向にあります。

先ほどお話ししましたが、扁桃腺(へんとうせん)が腫れやすい人や、若い人ほど膿栓ができやすいと言われています。

自分で膿栓を取っては危険

耳鼻咽喉科医師

膿栓(のうせん)ができたらどうすれば良い?膿栓(のうせん)ができないようにするには、どうすれば良い?

膿栓ができたら、扁桃炎になっていることが多いです。ですので、そのままにしないで、まずは、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。

膿栓ができたら、喉がイガイガするなど違和感が起きたり、口臭が気になります。そのため、膿栓を取りたいと考えるかもしれません。

だからといって、膿栓を取ってはいけません。

その理由は、喉はデリケートな組織です。胃腸や食道と同じような肌です。ですから、その部分に膿栓を取る器具を入れると傷つける恐れがあります。

よく、膿栓を取るために、ごはんを食べるときの箸や綿棒、ピンセットなどを突っ込む人がいます。このようなものを入れると、普通はえづきます。そして、えづいた拍子に喉の壁に当たり傷をつけることがあります。

他にも、水を吹きかけるピストンやシャワーを使う人もいますが、先ほどと同じことが言えます。このようなやり方で、喉に炎症がおきる人がいます。中には、出血した人もいますので、おやめください。詳しくは『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

膿栓を綿棒で取る

「だったら、指で押さえて取ったら良いのでは?」

指もおやめください。どうしてかというと、指にはばい菌がついているからです。特に爪の中には、ばい菌が多量にあります。水道水で洗ったくらいでは、ばい菌は取れません。

そのような汚い指で喉に触れると、喉にばい菌が感染し扁桃炎になるかもしれません。

そして、もう一つ重要なことがあります。それは、たとえ膿栓を取っても、根本的な原因を改善しないことには、膿栓は何度でもできるということを知っておいてください。

水やイソジンでうがいをしても膿栓は取れない

mizu

ネットを見ていると、うがいを行うことで膿栓が取れるようなことが書いています。はっきりと言いますが、水でうがいをしても膿栓は取れません。もし、取れたとしたら、それは、ほっておいても取れるような膿栓だったのです。

同じことが、イソジンを使った場合でもいえます。イソジンには、殺菌力があるので、うがい薬としては定評があります。私も風邪をひき喉を傷めたときには使ったものです。

しかし、このイソジンをうがいに使っても、膿栓は取れません。多くの方たちがその失敗をしています。

水やイソジンで膿栓が取れない理由は、膿栓は扁桃にある小さな穴の中にあり、粘液によってしっかりとくっついているからです。

だから、うがい程度の水流では取れないのです。だからといって、うがいを否定するわけではありません。

うがいを行うことは、喉を清潔にします。膿栓は喉にばい菌が増えることからできるので、うがいを行うことで、膿栓ができないように予防する効果が期待できます。

膿栓は耳鼻科で取ってもらうのが安全

nodooku

喉の炎症が慢性化するとなかなか治りにくいものです。その場合は、耳鼻咽喉科のお医者さんで治療を受けることが大事です。
ただし、膿栓(のうせん)の白い塊が落ちてくるだけで、発熱など他の症状が無ければ、膿栓自体はそれほど心配はありません。でも、口臭がする原因にもなります。

アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れる

ugai

膿栓(のうせん)や口臭が気になる人は、うがいで喉を清潔に保つことが一番です。水かうがい薬で、うがいをしてもいいのですが、私が一番おすすめする方法は、口臭にも効果がある口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使うことです。

その理由は、美息美人はアルカリイオン水で使います。ご存知のように、アルカリイオン水には、汚れを浮かす働きがあります。そのため、扁桃腺の穴にくっついている膿栓を取りやすくできるからです。美息美人を使ってうがいを行ったら、膿栓が次から次へと取れたというのは、こういう理由からです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は歯磨き粉ですが、うがいにも使えるまったく新しい発想の歯磨き粉です。うがいに使用する場合には、この口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のイオン水で、喉のゴロゴロうがいをします。

うがいの回数の目安は、1日に2回~3回で充分です。膿栓(のうせん)だけでなく口臭が気になる場合には、こまめにうがいをすることで、細菌の増殖を防げるので口臭予防になります。

膿栓(のうせん)が気になる場合には、是非、美息美人のアルカリイオン水でうがいをお試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する