パイナップルで舌苔を取る?

舌の汚れ(舌苔)は、パイナップルで取れる!

意外ですが、舌の汚れの舌苔(ぜったい)がパイナップルを食べると取れると知っていましたか?

舌の汚れの舌苔(ぜったい)は、タンパク質からできていますが、そのタンパク質を分解できる酵素を多く含んでいるのが、パイナップル!

パイナップルを食べたあと、舌がピリピリと感じることがありませんか?

どうして、パイナップルを食べると舌がピリピリとするかというと、パイナップルには、タンパク質分解酵素が含まれているからだそうです。

舌にできた白い苔が、パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素の働きで取れるから。でも、食べた後、舌にも少し刺激がありピリピリと感じます。かといって、舌に異常が出ることはありませんので、ご心配ありません。

これって、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水の働きとよく似ています。

この舌の汚れ(舌苔)を取る分解酵素の働きを利用した舌苔除去タブレットも良く売れていますが、この舌苔除去タブレットが、パイナップルと同じ酵素を利用していたことをご存じでしたか?

じつは、タンパク質分解酵素がある食品は、パイナップルだけではありません。ほかにも、いちじくやキウイ、メロン、パパイアなど他のフルーツにもたくさん含まれているのです。詳しくは『舌苔(ぜったい)を取る食べ物!?食べると口臭も予防できる』をご参考にしてください。

でも、毎日、果物を食べるのは、大変かもしれませんね。それと、果物を食べるときに気をつけてほしいことがあります。

キウイ・パイナップルなど果物には、『酸』が含まれていますので、「これを食べると舌がピンクになるから。」と、食べた後もそのままにしておくと、歯が酸によって溶かされてしまうかも。

そのようなことにならないように、果物を食べた後は充分に水で口をゆすぐことが大事です。果物を食べると舌をきれいにできるかもしれませんが、歯を溶かす恐れもできるというわけです。

逆に、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のイオン水は、『アルカリ』ですので、歯みがき後、歯の再石灰化を促し歯を強くする効果があります。(ちなみに、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の場合には、酸ではなくアルカリの作用によって舌の汚れを取ります。)

もし、舌が白くなってお困りでしたら、パイナップルは試してみる価値がありそうです。
でも、私の考えとしては…舌をきれいにするには、毎日ケアすることが一番大切です。でないと、一度きれいになっても直ぐに白くなるからです。

パイナップルを毎日食べるのが大変だという場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する