口臭で会話ができない!?でも、しゃべらないと口が臭くなりますよ

口臭で悩んでいるので会話できないを解決する方法

口臭で悩んでいると「人と会話ができない」という人が多いです。その理由は、自分がしゃべると相手の人が手で口をふさいだり鼻を触るから。

自分がしゃべった時に、そのようにされたら会話する気になれませんよね。でも、それを気にしていたら、口臭がしなくなるまで一生会話ができなくなるかもしれません。

それに、ご存知ないと思いますが、会話が少ない人とよく会話する人を比べれると、会話しない人のほうが口臭が強いといわれています。

ですから、口臭を解決するためには、会話ができるようにしないといけません。今回の記事は、口臭があるため会話ができない人の悩みを解決する方法をご紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

口臭があるため会話ができない

口臭が気になると、他人に気づかれたらどうしょうとか、周囲に迷惑をかけるかもしれないなどと、恐怖心を持つかもしれません。

口臭は自分では分かりにくいので、人によって感じ方が様々です。そのため、口臭が原因で嫌な経験をしていると、口に苦みを感じたり、喉に臭い感じを感じたら、「口臭がしている!どうしょう。。」と不安になるかもしれません。

このような状態では、恐怖から他人と会話できないのが当たり前です。

このような経験をしたことはありませんか?この症状を一般的には、自臭症とか自己恐怖症というそうです。詳しくは、『本当に口が臭いのに自臭症と診断された!口臭がする原因と対策』をご参考にしてください。

他人の口臭が気になり会話ができない

口をおさえる女性

先ほどとまったく異なるケースをご紹介します。それは、臭いに敏感な人のケースです。

YAHOO!知恵袋の中にも、「彼氏の口臭がきつくて会話ができない」とか、「喫煙者の口臭がひどくて会話に集中できない」という相談を見ました。

相手の人に口臭があっても、すべての人がこのような態度を取るわけではないと思います。このように毛嫌いする人の心理を探ると、やはり先ほどのケースと同様にニオイが原因で嫌な体験をしていることが多いのです。

だから、臭いに過剰に反応してしまうようです。

それに、相手の口臭に敏感に反応する人の8割以上は、「もしかしたら、私の口臭がはねかえってきているかもしれない。」と不安になっているようです。

実際は、あなたが想像しているのとは違うことが多いようですので、ご安心ください。

口臭の原因

息のきれいな女性

口臭の原因といえば、歯周病、舌が白くなる舌苔(ぜったい)、喉のにおいだま(膿栓のうせん)が有名です。口臭原因について詳しくはこちら『日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?』をご参考にしてください。
ところが、無口が口臭の原因になるというのははじめて耳にするのでは?詳しくはこちら『無口の人に口臭が多い!?口臭予防はよく喋ること!』をご参考にしてください。

口臭になる人とならない人には、二つ大きな違いがあります。一つは、口腔が乾燥する。もう一つは、免疫力の低下です。

唾液が少ないとか口呼吸の場合は、口腔が乾燥し細菌が増える。だから、口臭が発生します。そして、もう一つ、病気、疲労、ストレスがあると免疫力が下がるので口内細菌が増え口臭が強くなる。詳しくはこちら『口臭発生は免疫力が落ちたから!免疫って何?免疫力を高める方法はこれ?』をご参考にしてください。

だから、口臭がしないようにするためには、口腔が乾燥しないようにすること、免疫力を高めることが重要なのです。(もちろん、言うまでもなく口腔ケアも大切ですが。)

無口の人が話すと口臭がする理由

パーティで一言もしゃべれなかったことはありませんか?口臭を気にしていると…マナーにうるさいパーティだけではなく、合コンやお茶会など、友達同士が集まってわいわいガヤガヤする所でも、しゃべれなくなるかもしれませんよね。

あなたはどうですか?

じつは、この無口であることが口臭を悪化しているという事実を知ったら、驚かれるはずです。

口臭がすることを恐れて、無口を装っているのに…会話しないで口を閉じていると、口臭がひどくなるなんて、そんなことがあっていいはずがない。

しかし、口を閉じている
口臭がひどくなるのは事実です。

どうしてかというと、普段、無口な人は、舌の状態が悪くなっているのでしゃべると臭くなります。よく舌を動かすと唾液腺が刺激され唾液がよく分泌されます。ところが、会話が少ないと唾液も少ないのです。

それに、無口のひとのしゃべり始めが臭いのです。このことを知っておかないといけません。

無口の人が会話を始めると臭くなる理由は、口腔内に口臭がたまっていたモノが一気に外に吐き出されるからです。それに、会話することの緊張から口腔が乾燥する。すると、それまで舌に付いていた臭い唾液が気化し口臭となるからです。

だから、普段から良く会話をして口臭ガスを少しずつ出している人のほうが
臭くないのです。

口臭で会話できない人の解決方法

マスクをかけた女性

普段から会話が少ない人は、あごや頬の筋肉が衰え唾液腺の働きが低下します。そのために、唾液が少なくなります。

しかし、無口の人の唾液が少なくなる原因はそれだけではありません。唾液は、自律神経の影響を受けて分泌したり出なくなったりします。

簡単にご説明すると、会話を楽しむ、リラックスする、気分が良いという精神状態になると唾液が良く出ます。

しかし、無口の人の精神状態はどうでしょう?

会話することにたいして、過剰に緊張が生まれます。緊張や不安などストレスがかかると自律神経に悪影響を及ぼし唾液が出なくなります。詳しくはこちら『自律神経失調症と口臭の意外な関係』をご参考にしてください。

このことが、無口の人の口臭を引き起こす原因になっています。ですから、口臭をなくすには、無口よりも会話を楽しむことが大切です。

今まで、よくしゃべり、よく笑う人をうらやましく思っていたかもしれません。だからといって、無口なひとに、「良くしゃべりなさい。良く笑いなさい。」とアドバイスしても、性格的に無理かもしれません。

では、無口の人が口臭を出さないようにするためには、何をすればいいのでしょう?

それは、

  1. しゃべる代わりに、良く舌を動かす。
  2. 食事のときには噛む回数を増やす。(一つ口に入れたら5回から10回噛む)
  3. 水分を小まめに補給する。
  4. 心身ともに健康にするよう心がける。
  5. ただしく口腔ケアを行い口内環境をよくしておく。

できれば、口腔ケアには口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用する。この歯磨き粉は、無口の人でなくてもおすすめです。

以上の方法を是非ともお試しください。

今回の記事は、無口と口臭の関係についてでしたが、寒くなると、マスクをすることが増え、ついつい会話が少なくなってしまいます。これが口臭には良くなかったのです。

じつは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を多く購入される県のベスト5に北海道が入っているということも、もしかすると、そんな理由があるのかもしれません。

口臭をなくすためには、寒くても、落ち込んでいても、とにかくしゃべることが大事です。そして、喋るのが苦手なひとは、とにかく舌を動かしてください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する