口臭改善を成功するための4つの方法!それはダイエットと同じ

ハンバーガー食べる女性

 こんな考え方は要注意!口臭改善に必要な意外な考え方

口臭を改善しようと色んな方法を試しても、上手くいく人といかない人に分かれます。これって、ダイエットとよく似ています。お腹がポッコリ出て気になり始めると、ダイエットに関心が生まれます。そして、テレビでダイエット法が紹介されると、すぐに試してみるのでは?

でも、続かずに、新しいダイエットが紹介される度に試してみる人が多いのでは。実は、ほとんどのダイエット法の基本的な考え方は同じです。ダイエットにとって「悪いことを止めて良いことを行う。」。ただそれだけです。

この法則は、口臭改善にも当てはまります。口臭にとって「悪いことを止める。」そして、「良いことをやる。」。当たり前といえば当たり前ですが、それを実行するかしないかで、結果に大きな差が生まれます。

今回の記事では、この口臭改善にとっての、「悪いこと」と「良いこと」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭改善とダイエットとの関係

ダイエットで体重計に乗る

口臭を改善することと、ダイエットは似ています。

体重が気になるとダイエットに関心を持ちます。そして、ダイエットするための良い方法が紹介されると、興味をもって一度は試してみるのでは?でも3日坊主で、また新しいダイエット法を知ると飛びついてしまう人が多いのが現状です。

ですから、本屋でもテレビでも次から次へとダイエットに関する方法が紹介されます。ですが、ダイエットで成功するための基本法則は、昔から変わっていないのです。

ダイエットで成功するための基本法則

  1. ダイエット、健康に関する知識を得る
    読書する女性
  2. 肥満になる食生活を止める
    焼き肉
  3. カロリーを消費する
    ジョギング
  4. 積極的に健康になる

この4つを実践することで、健康的にダイエットができます。ですから、この法則は不変です。

ダイエットで成功するためには、「どうして肥満になるのか?」、「どうして肥満になるといけないのか?」、「健康とは?」、「より簡単に健康的にダイエットするためには、何を行えばいいか?」という知識がないと、興味半分で始めても続かないことになるかも。

肥満になる理由は、「砂糖と脂肪」の多い食生活。そして、カロリーを消費量が少ない不健康な生活習慣です。

ですから、ダイエットで成功するには、「砂糖と脂肪」を減らした食生活を心がけること。さらに、積極的にカロリーを消費するためには、ジョギングやジムでの運動を行うことも必要です。そして、バランスの良い栄養や繊維の多い食物を摂ることで、健康的な身体になることができます。

当たり前といえば当たり前ですが、肥満になることを止めて健康な身体になるようにすれば、誰でもダイエットすることができるということです。この法則を口臭に当てはめてみると…

口臭を改善するための方法

口臭もダイエットとまったく同じことが言えます。口臭を改善するためには方法が大事です。ですので、基本法則を守れば口臭も改善することができます。

口臭を改善するための基本法則

  1. 口臭についての知識を得る
  2. 口臭にとって悪いことを改善する
  3. いい息を作る工夫と努力を行う
  4. 積極的に心身とも健康になる

ダイエットと同じようにこの4つを実行することで、口臭を改善できるはずです。口臭の原因となっていることを改善し、いい息を作ることを実行するという当たり前のことを行うのですから、成功しないほうが難しいかもしれません。

それでは、基本法則について一つずつご説明します。

口臭改善についての知識を得る

パソコンで検索する女性

口臭を改善するためには、先ず正しい知識を持っていないと上手くいきません。長い間口臭で悩まれていたり、色んな方法を試しても改善できない場合には、今、行っている歯磨きが間違っているかもしれません。それどころか、良くある失敗が、「舌磨き」。ゴシゴシと舌を磨いていては、どんな良い方法をやっていても、舌がきれいになることはなく、口臭も改善できません。

口臭といえば、「歯磨きが悪いのだろうか?」とか、「胃腸が悪いからだろうか?」と思うかもしれません。歯磨きの仕方が悪かったり、胃腸が悪いこともありますが、喉(のど)から口臭がしているケースが多いことも知っておく必要があります。

この喉(のど)に膿栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)が出来ることが、口臭の原因であることがあまりにも多いのです。この対策をしないことには、いつまで経っても口臭は改善することはできないでしょう。

そして、もう一つ重要なことがあります。それは、口腔と喉(のど)から口臭が発生する根本的な原因は、唾液の分泌が少ないこと。唾液が充分に分泌されていると細菌が過剰に増えることもないので、口臭がひどくなることもないのです。もちろん、舌に苔が出来ることもなくなります。この唾液と口臭の関係について知らないと、本当の改善は困難です。

口臭にとって悪いことを改善する

舌磨きで白くなった舌

舌磨きは良くないことをお話ししましたが、「白くなっているから仕方ない。。」と舌磨きを止められないという人が多いのです。でも、舌磨きを止めない限り、舌がきれいになることはありません。

それだけではありません。もし、舌磨きをして舌乳頭が傷ついているのに、添加物が入っている歯磨き粉を使用していたら、余計に悪化するかも。一般の歯磨き粉には刺激性のある合成界面活性剤や発泡剤が含まれるため、傷ついた舌には良くないといえます。

他にも、口臭にとって悪いことがあります。たとえば、ブラッシング。忙しいために、自身では磨いているつもりなのに丁寧に磨けていないことがあります。

喫煙は口臭にとって最悪。歯周病を悪化させたり、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)が出来る原因にもなるからです。口臭原因は人によって違うので自分の原因を把握することが重要です。詳しくは『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』をご参考にしてください。

生活の改善

ストローとコップの水

酸性の食物やタンパク質の多い食事は、口腔細菌を増やしますので、それらをできるだけ避けて、アルカリ性の食物を摂るようにすることが大切。

口臭が気になる人の場合には、唾液が少ないドライマスかもしれません。水を小まめに飲むことで、口や喉(のど)をいつも清潔にすることで、息もきれいにできます。

でも、もっと良いのは、積極的に唾液を出すようにすることです。唾液を出すには、良く喋る、食事では良く噛む、舌を動かす体操を行うことが有効です。唾液が充分に出るようになれば、すべての口臭原因が改善されていきます。ですので、大事なことです。

積極的に心身とも健康になる

唾液量の不足が口臭に影響していることをお話ししましたが、体調が悪かったり精神的ストレスがあると唾液の分泌が減少することがあります。

唾液の減少は、薬の副作用のこともあります。抗うつ剤、眠剤、降圧剤などを服用している場合には、お医者さんに相談することをお勧めします。

口臭があるとストレスが増えるので、悪循環にもなります。ですから、ストレスを発散することを積極的に行うことが大切です。趣味や遊びを楽しんだりリラックスすることで、心身ともに健康になれば、おのずと唾液の分泌も促進されるためきれいな息に変わっていきます。

まとめ

発声法

このように、悪いことを止めて良いことを積極的に行うことで口臭は改善できていきます。ですが、もっと積極的に口臭を改善する方法があります。それは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使うことです。

美息美人(びいきびじん)はアルカリイオン水なので、口と喉(のど)を清潔に出来るためにきれいな息を作ることができます。美息美人(びいきびじん)を使っているお客さまの声もご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する