うそっ?喫煙で歯が抜ける?

歯科医院のパンフの記事「うそっ、タバコで歯が抜ける?」の真実は?

たばこ

歯科医院に行った時の事。受付に置いていたパンフレットに、「うそっ、タバコで歯が抜ける?」。と書かれていたのを発見!

「喫煙習慣があると、歯が抜けてしまう」という内容のパンフレットですが、決しておおげさなことではありません。真実です!

パンフに書かれていることを簡単にご紹介します。

タバコを吸っていると、プラーク(歯垢)をつきやすくする。そして、歯ぐきの炎症の原因となります。タバコを吸っていると、歯ぐきの黒ずみ、炎症、そして、口臭…。こうした悩みが思い当たるなら、今すぐ禁煙しましょう!というものでした。

パンフでは、さらにこのように続いています。

「歯ぐきの健康を本気で考えたからタバコなんてや~めた!!」

自分では気づかなかったけど、歯と歯茎の隙間が広がって炎症を起こしていたのだけれど、喫煙をやめて、歯医者さんで歯周病の予防法を教わったおかげで、健康な歯ぐきに戻ったんだ。
歯ぐきの黒ずみが悩みの種だったんだけれど、喫煙をやめてから、歯ぐきがきれいなピンク色に戻ったみたいだ。大きな口をあけて笑えるようになってうれしい。

そして、口臭についても、歯磨きした後も、なんだか口の臭いが気になってたんです。どうやら、これもタバコが原因だったようです。喫煙をやめたら口の中がスッキリ。食事も美味しく楽しめるようになりました。

タバコって、百害あって一利なし。

じつは、喫煙習慣があると…歯ぐきが炎症を起こしているのに出血しにくいということをご存じでしたか?若い頃から喫煙習慣がある人の歯周病は、進行が速いといわれています。

どうしてでしょう?

タバコを吸っていると、血の循環が悪く、歯茎に炎症が出ているのに出血しにくく、歯周病に気づくのが遅れるのです。

このように、タバコを吸う人の口の中では、本人が気づかないうちに歯周病が進行しています。
歯ぐきも腫れていないし、出血もないからと安心するのは危険です。

でも、こんなケースでもすぐに分かるのが、口臭!

そうなのです。歯周病が進行していると口臭があるのですぐに分かります。逆にいうと、口臭を治すと、歯周病も治ってきているのですね。(注意)軽い歯周病の場合だけです。中・重度の歯周病はもとに戻りません。

結論として、口臭や歯周病にならないためには、タバコを止めることが大事です。もし、口臭で悩まれていましたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のご使用をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください

喫煙者の口臭ほど酷いものはない

喫煙と口臭の関係

人気ブログランキングに参加しています。
今日の記事がお役に立ちましたら
クリックでの応援をお願いします。
↓ ↓


歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する